<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネックを購入!

こんにちは!
本日は、Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネックを購入しましたので、ご紹介したいと思います。

今秋のお買いものはほぼ終了、などと言っておきながら、早速購入・・・。といいましても、実はホワイトカラータートルネックは狙っていたのですが、なかなかモデルを絞りこめずに購入をためらっておりました。

■どのブランドをカウベキカ・・・
実は、当初は圧倒的コストパフォーマンスに惹かれ、ロベルト・コリーナのミドルゲージを候補にあげました。ただ、今季はザノーネのミドルゲージを購入しておりますので、同じのもどうなのかなと思い悩んでいる間に、マイサイズが完売・・・。



次に考えたのが、バフィー。ヴィトンやブルネロクチネリなどのニットウェアの生産を手掛けているファクトリーブランドですね。ざっくり編まれたケーブル編みは単体で使っても表情があるので映えそうですし、ケーブル編み、そしてメリノウールで3万円台中盤はなかなかコストパフォーマンスも優秀だなと。


もちろんニットウェアといえば、今回購入した世界最古のニットウェアブランドであり、英国のロイヤルファミリー御用達であるというドルモアも当然ながら候補に。こちらは実物を見ていた唯一のアイテムです。


そして珍しいところだとSPAZIO86(スパッツィオ86)。昨年のAWにデビューしたというニットウェアブランドで、イタリアメイドながら、2万円台中盤と言うコストパフォーマンスに惹かれました。


ちなみにクルチアーニはお値段がちょっと高すぎ、スカリオーネはイメージしているケーブル編みが見つからずに候補から外れていきました。。

結局1カ月程度!?と、さんざん悩んだあげく、実物を見たことがあって、編み方のデザイン、触り心地の良さから、ドルモアに決定したというのが、事の経緯です。更に、この時背中を押してくれたのが「ポイント」。(笑)購入店はCINQUE CLASSICO さんなのですが、イザイアのドネガルツイードのジャケットを購入した時のポイントが結構貯まっていたのです。

そこで、このモデルの再入荷(最初の入荷時はすぐに完売!)の情報がBlogに上がったタイミングで、ポイントを全て使って、ご購入とあいなりました。やっぱりタートルに4万円というのはなかなか勇気がいることですから、少しでもお安く買えたのは嬉しいですね。

■実物のご紹介
そんな経緯で購入したアイテムですが、早速実物をご覧頂きましょう。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック①

画像からも柔らかい雰囲気が伝わりそうですが、こちらはメリノ種に属するメリノウールの中でもより柔らかなファブリックで、生後6ヶ月以内のラムズウールを使用しています。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック②

複数の編み方がミックスされており、かつシームレスに繋がれていく様は、まさにアート!?美しいですね。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック③

この前面のデザインに惹かれたことは言うまでもありません。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック④

袖周りと背中側はパール編みでしょうか。これまた独特の表情がありますね。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック⑤

この柔らかなロール感。純度の高い真っ白なカラーリングと柔らかでいて上品な表情は、ドルモアならではかなと。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック⑥

ザノーネのミドルゲージも使い勝手がよく、魅力的ですが、ドルモアはまたそれとは異なる雰囲気ですね。室内で試着をして動くと、汗がでそうな位の保温性には驚かされましたが、これからの季節がの楽しみなアイテムです。

気になる方は、その極上の肌触りを店頭で確かめてみてはいかがでしょうか!?

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/370-c86b391c