<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

秋のホワイトカラーを使った上品スタイル!?:Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック

こんにちは。
本日は、先日コチラでご紹介したDrumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネックを使った、ちょっと上品な秋スタイルというテーマでお届けしたいと思います。

■トップスにホワイトが新鮮です!?
さて、皆さんはホワイトカラーのトップスっておもちですか?ビジネス用のドレスシャツならあるよ、とか、Tシャツならあるけれど、という方は多いと思うのですが、なかなかそれ以外のアイテムを所有していることって多くはないような気がします。

実際、私のワードローブを見てみても、パンツこそ白パンが何本か鎮座しておりますが、トップスはないのです。

本Blogは昨年の12月にスタートしているのですが、昨年のAWに掲載していたコーディネートを振り返ってみても、ホワイトのトップスというのは見当たりませんでした。

ホワイトのアイテムというのは、清潔感や上品な印象を与えるというポジティブな面がある一方で、季節としては夏を想起させたり、冷たい印象を与えたり、そして膨張色であることから太って見えてしまうという側面も持ち合わせています。

私も昨年12月に書いたコチラの記事にて、「冬の白パンは、オフホワイト?」ということで、パンツではありますが、いかに夏っぽさや冷たい印象を取り払って「ウォーム感」を出すか、ということにチャンレンジしておりました。

そんなことで、カラーとしてのホワイトは、とりわけトップスにおいては新鮮な印象があり、かつAWのアイテムとなると更にその新鮮さが(個人的には)際立つ、ということで、取り入れてみようと思った次第です。

■ホワイトトップスを使った着用イメージ
では、コーディネートというほど考えてはおらず、いつものアイテムに合わせただけですが、実験も兼ねて色々試してみましたので、ご覧頂こうと思います。

まずは、今季購入して、結構気に入っておりますPT01のエドガード(44)との組み合わせ。足元はフェランテのTICINOです。いつものようにiphoneでの撮影ですが、白いアイテムの面積が多いと、自動的に光の取り込みを制限してしまうのか、暗くなってしまいます。ということで、加工なしでお届けします。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック_着用イメージ①
※172cm 59kg ウエスト76cm

このドルモア、かなり着心地がよく、ザノーネのミドルゲージタートルネックとはまた異なる感覚です。ケーブル編みのため、表情がありますので、天気が良いと昼間は温かい今のような季節には単体利用ができそうです。しかし、こういったファブリックのホワイトカラーが入るとそれだけで上品になる気がしますね!?

この上にイザイアのドネガルツイードを使ったウィンドペンジャケット(42)を羽織ります。多少ボリュームがありますので、前釦を締めるとタイトフィッティングになりますが、アリではないでしょうかっ!?
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック_着用イメージ②

続いては、どカジュアルなマウログリフォーニのデニム(30:お直し済み)と。色もあると思いますが、トップスの全体のコーディネートに与える影響は結構大きいのかもしれません。この色落ちデニムながら、上品さが漂います!?
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック_着用イメージ③
※靴はフェランテのARNOです。

ということで、トップスのドルモアを少し隠してみます。まずはカジュアル目のタトラスM65フィールドジャケット(1)を羽織りますと、どうでしょう!?やはり印象としてはカジュアル度が強まりますね。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック_着用イメージ④

では、イザイアのウィンドペンジャケット(42)を羽織ると!?またドレッシーな印象が強くなる。なかなか興味深いです。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック_着用イメージ⑤

今度はデニムでもドレッシーな雰囲気があるヤコブ688(30)に、ボリオリのドーヴァー(42:ツイード)を羽織ります。ベージュ×ホワイトの組み合わせはもともと上品な雰囲気がでますので、まぁイメージ通りですね。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック_着用イメージ⑥

では、最後にドレスパンツとの組み合わせです。まずは今期購入したPT01のヴィットリオ(42:お直し済み)とイザイアのウィンドペンジャケット(42)と。これくらいだと、ドレスコード付きのレストランでも入れそうな雰囲気です!?
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック_着用イメージ⑦
※靴はジョンロブのウィリアム2ブーツ/チーフはアトリエF&B

PT01のチェックパンツ(44)に変えてみます。靴は適当に選んじゃいましたが、チェックパンツとの組み合わせは結構いいかもしれませんね。これから更に深堀したいコーディネートです。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック_着用イメージ⑨
※靴はフェランテのTICINO

そしてニット・オン・ニットということで、アウターにドルモアのショールカラーカーディガン(44)を。このパンツは裾幅が19cm近くあるので、ボリュームのあるドルモアのショールカラーカーディガンと合わせてもバランスが崩れませんね。風が強いといけませんが、かなり保温性が高いので、天気次第ではかなり活躍しそうです。
Drumohr(ドルモア)ローゲージ ケーブルタートルネック_着用イメージ⑧
※靴はジョンロブのウィリアム2ブーツ

とうことで、ホワイトカラーのトップスを取り入れたコーディネートのご紹介でした。今回色々試してみて、これは実際やってみたいコーディネートだなと思うものもありましたので、更にブラッシュアップして、デビューさせたいと思います。(笑)

しかし、ニットのホワイトカラーは柔らかい雰囲気がとても出るので、タートルではなくてもクルーネックなど、1着あると便利かもしれませんね。汚れやすい、ということでついつい敬遠してしまいそうなホワイトですが、上品な印象をツクル!?上ではお手軽なアイテムだと思います。

ホワイトのトップスを所有されていない方は、是非ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか!?






私が知っている中では、随一のカラーバリエーションです。



ホワイトはホワイトでももう少し男っぽさ!?が欲しいという方はインバーアランもいいですね。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/371-5477976f