<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

これからの季節はふわモコアイテムが心地よい!?:kashwere(カシウェア)

こんにちは。
本日は、久しぶりの雑貨ネタをテーマにお送りしたいと思います。

■スリッパの起源
皆さんは、家でスリッパを「履く派」でしょうかそれとも「履かない派」でしょうか。
私は、子供の頃は「履かない派」で、今は「履く派」です。(笑)子供のころは裸足が好きだったので、帰ってきたらまず靴下を脱ぎ、家中を走り回っていたように思います。

では、履くようになったきっかけは何か、というと学生時代に一人暮らしをしたころからでしょうか。特にこれといった出来事があったわけではなかったのですが、一人暮らしと同時にスリッパを使うようになりました。

今では実家に帰ってもスリッパが用意してありますので、自然と実家でもスリッパを着用しています。

そんなスリッパですが、その起源はちょっと興味深い。お得意のウィキペディアを参考に記載致しますと、明治時代の初頭まで遡るようです。

明治初頭、開国によって多くの西洋人が多く日本に訪れるようになるわけですが、その際ある問題が発生したと言います。それは、室内で靴を脱ぐ習慣の無い西洋人が土足で屋内へ入り込む、という問題。(笑)

そこで、見かねた仕立て職人(今で言うテーラーでしょうか!?)である徳野利三郎という方が、1907年(1876年という説もある)に発案した上履きが、現在のスリッパの原型だと言われているのだとか。しかも、当時は靴の上から履くためのものだったそうですよ。

もともと室内を裸足(もしくは足袋)で歩いていた日本人が、スリッパを履くようになったきっかけには、恐らく西洋文化との交わりがきっかけだったのだろうとは想像しておりましたが、まさか上述したようなストーリーがあるとはちょっと驚きでした。

さて、そんな形で生まれたスリッパですが、私は季節によって履きわけております。春~夏の間はコットン素材のもの、そして秋~冬にかけては起毛素材のもの。

そんなわけで、大分気温も下がってきた先日、秋冬仕様のスリッパに変えたのですが、これが本日のテーマです。

■ふわモコ素材がたまらない、kashwere(カシウェア)
ふわモコ素材というと、一時女性のルームウェアとして大人気だったのが、gelato pique(ジェラートピケ)ですね。ふわモコ素材のパイオニア、とって言っても良いかも知れません。ちなみに最近ですとメンズラインもあるようです。



嫁さんも例外なくふわモコ素材なジェラートピケをルームウェアとして活用していたのですが、これがほんとに気持ちいいんです。(笑)初めて触っ時は、ちょっとクセになるような触り心地。とはいえ、室内だからと言って私が着るわけにはいきませんので、その時はスルーだったのですが、秋冬のスリッパを探すながで見つけたのが、kashwere(カシウェア)でした。

kashwere(カシウェア) は、1999年に米国 ロサンゼルスで素材開発、商品化されたブランドで、フォーシーズンズや律ツカールトン、ハレクラニといった高級ホテルやスパで使われ、人気に火がついたようですね。ちなみに日本に入ってきたのは2006年です。まずは青山に路面店をだし、2009年に六本木ヒルズ、2010年に御堂筋の本町ガーデンシティ に直営店がオープンしたようです。

百貨店なんかでも取り扱いはあるのですが、アイテム数が少ないので個人的には関東の方であれば、六本木ヒルズがおススメかなと思います。

さて、そんなカシウェアですが、私が所有するスリッパも当然”ふわモコ”で、風呂上がりに足を通した際の心地よさがお気に入りなんです。
kashwere(カシウェア) _スリッパ②

素材はポリエステル100%なのですが、カシミアのような柔らかく、ふわふわした触り心地が特徴です。
kashwere(カシウェア) _スリッパ③

一回履くときっとクセになってしまうのではないでしょうか。
kashwere(カシウェア) _スリッパ①

ちなみに子供をベビーカーに乗せた際の寒さ対策として、ブランケットも購入しました。
kashwere(カシウェア) _①

この”ふわモコ”具合には、子供ながら心地良さを感じているようですよ。
kashwere(カシウェア) _②

こちらは子供用のハンドタオル。
kashwere(カシウェア) _③

出産祝いで友人からもらいました。
kashwere(カシウェア) _④

とっても嬉しかったので、別の友人が結婚した際に、結婚祝いとしてカシウェアのパーカーをそれぞれプレゼントしたら、想像以上に喜んでくれました。ということで、ギフトとしても最適かもしれませんね。

気になる方は、是非店頭の極上の”ふわモコ”具合を体験してみてください!









Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/374-a5b58259