<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

マッケイ製法は、やっぱりハーフラバーソールで補強がおススメ!?

こんにちは。
本日は、メンテナンスネタ。具体的には、靴のハーフラバーソールについてです。

先日のコチラの記事でも記載致しましたが、今月は靴のメンテナンス強化月間。笑。秋晴れというカラっとした天気の良い日が増えてきておりますので、この時期に出来ることはしておいたいなと。

■ハーフラバーソールのメリット、デメリット!?
まず、ハーフラバーソールについてのメリットはこんな感じでしょうか。

①耐摩耗性の向上
②対水性の向上
③突然の雨天による精神的ダメージの軽減(冗談です・・・)

一方のデメリット(と言われている)は、下記の2点。

①レザーソールの通気性低下
②返りの良さの低下(しいてはアッパーを傷める!?)

ただ、以前使用頻度の高いフェランテのエレガンテ(スエード)にハーフラバーソールを施して貰ったことはコチラでご紹介しましたが、個人的には全く上記デメリットを感じないのです。

特に蒸れるようになったかと言いますとそんなことないですし、返りが悪くなったかというとそんなこともない。本当にそんなデメリットがあるのかと調べていると、靴修理における草分け的存在!?であるUNION WORKSさんのBlogに興味深い内容を見つけました。勝手ながら、一部抜粋させて頂きます。

「過去20年にわたる経験で、ハーフラバーソールを貼ったことにより靴が蒸れて仕方がない、アッパーに変なシワが入った、亀裂が起きた、といった事例は体感、実感したことが正直アリマセン♪」

お~、この方20年という靴修理のプロの方がおっしゃるのであれば、やっぱり大丈夫なのだろうと素人的には安心した次第です。(笑)

ということで、ハーフラバーソールを施すことでのデメリットは、UNION WORKSさんのBlogにもありますように、革製品、プロダクトとしての価値に敬意を表してはりたくない、または、レザーソール特有の雰囲気、履き心地が好みであるという精神的な理由になりそうですね。

私はと言いますと、想いとしては両方あるのです。

・プロダクトとしてのそのままの価値に敬意を表したいし、見えないけれどレザーソール特有の雰囲気が好き
・ただ、気に入って購入したものなので、出来るだけ長く使いたい

つまり、精神性と合理性の間で、悩んでいるわけです。(笑)

フェランテのエレガンテはマッケイ製法ですし、相当長く使っておりますので、雨仕様のローファーにしようという”合理的”理由から決断をし、ハーフラーバーソールとトップリフトを行いました。

■マッケイ製法にはハーフラバーソールがおススメです!?
さて、フェランテはマッケイ製法(一部モデルによってはセメント製法有)だということを書きましたが、一般的にはグッドイヤーウエルト製法に比べてオールソール出来る回数が少ない、目安としては1回か2回程度、と言われています。

これは正確に言うと、回数が決まっているわけではなく、靴のコンディション次第なのだと言います。マッケイ製法とは、アッパー(甲革)、ライニング、インソールにアウトソールを靴の内部で一気に出し縫いしてつくり上げる製法です。したがって、アッパーがインソールの裏にまで巻きこんであるわけです。

この巻きこんである箇所が、ソールの張り替えによってダメージを受け、革が切れたり、破れたりしてしまうことでオールソールが出来なくなるわけです。したがって、たとえ2回オールソールをしていても、コンディションさえよければ、3回、4回と出来ることもあるかもしれませんし、逆にいえば1回しかできないこともある、というわけですね。

個人的にはマッケイ製法独特の、購入した直後から感じることのできる”返りの良さ”は大好きなのですが、上述した理由で酷使することにためらいがある。(笑)ただ、靴は実用品なわけで、使ってナンボですから、使わないともったいないですよね。ということで、少しでも長く履けるようにと、耐摩耗性、耐水性が向上するハーフラバーがおススメなんです。

ハーフラバーソールが擦り切れてきたら、また交換もできますし、しっかり施しておけば、確実に使用期間は長くなると思っています。

■3足のフェランテにハーフラバーソール!
では、前置きが大分長くなりましたが(笑)、メンテナンス強化月間に乗じて私の所有するフェランテ全てにハーフラバーソールをはって貰いました。対応頂いたのはエレガンテの時と同様、靴専科さんです。

まずはTICINO。こちらだけエレガンテにも行った超音波洗浄を行ってもらいましたので、スッキリした表情です。
フェランテにハーフラバーソール①

こちらも大分ソールが減っていたので、これで安心ですね。
フェランテにハーフラバーソール②

続いてはタッセルローファーのARNO。
フェランテにハーフラバーソール③

こちらは比較的登場回数が少なかったのですが、今後のことを考えて貼ってもらいました。
フェランテにハーフラバーソール④

そしてエレガンテのカーフモデル。
フェランテにハーフラバーソール⑤

こちらもビジネスでガンガン使っているので、大分ソールが。次回はトップリフトになりそうですね。
フェランテにハーフラバーソール⑥

ということで、マッケイ製法のお持ちの皆さま。まだハーフラバーソールをされてないという方は、長く使うためにも是非この機会にご検討頂いてはいかがでしょうか!?

次回もメンテナンスネタですが、ちょっと怖い!?ヴィンテージスチール補強について考えます。

■2014年10月27日:追記
某公務員Blogerさんより大変貴重な情報を頂きました。
ハーフラバーソールですが、カラーによってなんと強度が異なるのだとか!?色の持つ色素の問題で、ブラックが一番強度が高く、ブラウンなどの他の色は、ブラックに比べると強度は落ちるそうすよ。是非参考にされてくださいね。

某公務員Blogerさん(笑)、貴重なコメントありがとうございました!





お近くに修理店がない場合は、郵送で修理対応してくれるところがオススメです。



Comment

マイケル says... "リネンシャツ"
こんにちは。
ジャケットの丈詰めの件、なる程というお返事
頂けてとても助かりました!
春夏の話題ですが、以前リネンシャツのシルエットの記事ありましたが。
久々にリネンシャツ(イタリア製)来て、本当に同感しました。なんかタックインすると
腰のあたりが、すっきりきれいでないというか。気にし過ぎなのかと思ったり。
アウトすると、あー。リネンはやっぱりアウトでリゾート風でショーツ、チノ用なのかなと思ったり。アウトとなると、今有るシャツはまた丈詰めした方が。。。。とか。
インすると、私もなんかしっくりきません。ウエストのしわの他、リネンのもつ緩さ、リラックス感がベルトで抑えることですこし、固くなるような。シャツ自体が緩いので、固さがアンバランスを醸し出していたり。イタリア人はインで旨くきこなして居るのでしょうか? もちろんカジュアルの際。持っている全てのリネンシャツは丈詰めし、アウト専用にしようか悩み中です。笑
2014.10.24 18:27 | URL | #iRlR7ffY [edit]
rm55 says... "Re: リネンシャツ"
> マイケルさま
こんにちは!コメントありがとうございます。ジャケットの件、どうされたかなぁと思っておりましたので、そう言って頂けて良かったです。多少でもご参考になったのであれば嬉しい限りです!

さて、リネンシャツの感覚、共感頂けるとは驚きです!?笑。なかなか細かいことだったので、リネン好きの方からお叱りを頂くかもしれないな、などと思っておりました。

イタリア人などは、パンツから片方だけアウトさせたりと、自由な楽しみ方をしそうですよね、イメージ的に。ちなみに私は100%リネンは1着のみなので、インでもカッコいいと思えるまでは、アウトして着こなしていこうと思っておりますよ^ ^

2014.10.24 22:27 | URL | #- [edit]
マイケル says... ""
ご意見ありがとうございます!
自分は3枚所有です。Truzzi, Danolis,ジャンネット。
全て購入時ドレスシャツの丈だったので、イン、アウト両方使える
ように限界まで丈詰めました。
その為か、今度アウトオンリーで着るには、なんとなく数センチ長い気が
しています。
ちなみに着用のシャツは、丈は詰めましたでしょうか?
結構短めですが? 何センチあるか知りたいのですが。
身長、体重結構にております。私はジャケットは44です。
ちなみにボリオリコート、ドーバーなど。
宜しくお願い致します。!
2014.10.25 09:31 | URL | #iRlR7ffY [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>マイケルさま
コメントありがとうございます!良いシャツをお持ちですね。
私は今までシャツの丈を詰めたことはありませんが、購入Shopの別注で既に短丈になっている仕様は何枚か所持しております。だいたい通常モデルから3~5cm程度短いでしょうか。

ちなみに以前タックアウトしたフィナモレのリネンシャツ(37:ピンク)は着丈70cm程度です。既にシワ等で引っ張られているので、伸ばすとあと1cmくらは長そうですね。ちなみに先日購入したフィナモレのダンガリーは通常モデルから3cm程度短丈の73cmです。

個人的にはタックアウトする前提ですと71~73cmくらいがベストだと思っています。多少シワ等であがりますので、それも含めての数字です。

70cmを切ってくると、アウトした時は良いですが、インするとしゃがんだときなどに、外に出てきてしまうことがありますね。

ちなみに計測は、後ろ襟くぐりの下縫い目から、裾先端まで直線で測った値です。あと、私は足は長くない、つまり胴が長いので、その点ご注意ください。(笑)
2014.10.25 12:30 | URL | #- [edit]
クラシコ公務員 says... ""
全く持ってハーフラバーソールには同じ感覚を抱いております!

やはりせっかくのレザーソールの通気性というメリットをだいなしにするのは…

と、ここでビブラムへの信頼もあり、ハーフラバーをグリーン・クロケット・フェランテ・チャーチなんかに施しましたが、どれも抜群の威力を発揮しております♪

今回も久々靴を新調したので、ハーフラバーを引き続きつけようと考えています(*^^*)

あ!これはご存じだったらすいませんなネタですが、ラバーは色によって強度が変わるそうです。ブラウンやその他の色は弱く、やはり見た目通り黒が一番強度が強いとのこと。色の持つ色素の影響だそうですが、奥が深いなぁと感じております(T^T)
2014.10.27 23:11 | URL | #QjtTlS4. [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>クラシコ公務員さま
コメントありがとうございます!
やっぱりハーフラバーいいですよね♪物理的にはもちろんですが、精神的にも抜群の威力を発揮しておりますよ。(笑)しかし、久しぶりの靴の新調というのは気になりますね、是非このあと遊びに行かせてください!

>ラバーは色によって強度が変わるそうです。
これはまったくもって初耳でございました。今までそんなお話きいたこともありませぬ。貴重なお話ありがとうございます!早速、ご教授頂いた内容で、記事を少しアップデートしておきました。(笑)

いや、ほんと靴って奥が深いですね~。男のロマンですね~^^
2014.10.27 23:40 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/375-f5da9122