<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ラグジュアリーなカジュアル!?:EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO(BEAMS EXCLUSIVE MODEL )

こんにちは。
本日は、コチラの記事で購入をご報告した、EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO(BEAMS EXCLUSIVE MODEL )の着用イメージをご紹介したいと思います。

ラグジュアリーなカジュアル!?ってなんか言葉がおかしいですね。本場の英語圏の方からすると使い方がおかしいと怒られてしまいそうですが、「クラシックがトレンドです。」という言葉が通じてしまう日本であれば、今回のタイトルも、言わんとすることは伝わるかなぁという甘い考えでそのまま行くことに致しました。(笑)

■ラグジュアリー×カジュアル=!?
前回の記事では、「タイドアップ×ミリタリー」という式の解を求めるべく!?お話を進めていたのですが、本日は「ラグジュアリー×カジュアル」という式がお題です。(笑)

今回の主役であるEMMETI(エンメティ)スエードダウン・ピーコートであるCRISTIANOですが、名前の通り、ピーコートが原型です。ピーコートはご存知の通り、英国海軍が軍服として使用していたことが起源であるという、ミリタリーなアイテムなわけですが、そこはさすがエンメティ。

「エレガンテ・スポルティーヴォ」というエンメティのブランドコンセプトによってピーコートを解釈しなおすことで、スポーティでありながらもエレガント。それでいてBEAMS別注のムートンが襟周りにあしらわれることによって、もとがミリタリーアイテムであることすら感じさせない、非常にラグジュアリーな仕上がりになっております。
EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO(BEAMS EXCLUSIVE MODEL )①

そんなラグジュアリーな雰囲気のアウターをカジュアルスタイルにまとったら、いったいどんなスタイルになるのか!?その答えを、これから皆さまと一緒に見つけてみたいと思います。(笑)

■カジュアルスタイルに、エンメティのCRISTIANOを合わせてみる
では、早速行きたいと思います。

まずは、カジュアルながらも、まぁ合いそうなこのスタイル。ザノーネのタートルネック(44:ボルドー)をトップス持ってきて、パンツには、トラマロッサのROBERT(28:テーパードなネイビーチノパン)。そして、靴はクロケット&ジョーンズのベイスウォーターです。
EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO_コーデ①
※172cm 59kg ウエスト76cm

うん、まさしく「エレガンテ・スポルティーヴォ」というイメージだなと個人的には思ってしまうのですが、いかがでしょうか。元のスタイルにカジュアル感が薄いので、違和感はないですね。

では、次。
続いては、元のスタイルをまずはご覧頂きましょう。(最初のスタイルは撮り忘れました・・・)

フィナモレのダンガリー(37:シモーネ)シャツの上に、無印良品の洗えるタートルネック(S:ブラック)をあわせ、パンツはシヴィリアのグレーデニム(30)、靴はフェランテのARNOです。こちらにエンメティをあわせます。
EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO_コーデ④

アウターとパンツのカラートーンが近しいのでどうかなとも思いましたが、インナーのブラックがいい感じに全体をしめてくれています。ラグジュアリーなカジュアル・・・、イイかもしれません。(笑)
EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO_コーデ②

最後はネイビーのワントーン・スタイル。
ジャンネットのオックスフォードシャツ(S)をタックアウトし、ロベルト・コリーナのリネンコットンニット(44)を羽織ります。そしてパンツはマウログリフォーニのデニム(30:お直し済み)に、靴はオールデンのタッセルローファー(BEAMS別注)です。アメカジの雰囲気がちょっと致しますね。では、こちらにエンメティ持ってきます。
EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO_コーデ⑤

いかがでしょうか!?カジュアルがラグジュアリーにアップグレード!?といったら言い過ぎですが、アウターの面積が大きい分、全体の雰囲気もそちらにひっぱられる印象がありますね。ただ、パンツのデニムが大分色落ちしているので、なんだか面白い雰囲気になりました。
EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO_コーデ③

おまけで、最後のスタイルにボウタイをプラスしてみました。
なんとかしてボウタイを手なずけたいと思っておりますので、少々お付き合いくださいませ。(笑)

なんだかこちらのスタイルをもう少しセンスアップすれば、ラルフローレンのスタッフさんでいらっしゃいそうな雰囲気ではありませんでしょうか?今回のクルーネックニットは実はSS物ですが、AWものも狙ってみようかなと思っています。
EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO_コーデ⑥

で、エンメティを合わせるとこんな雰囲気に。うーん、思ったり変じゃないですが、なくてもイイですね、ボウタイ。(笑)
EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO_コーデ⑦

ということで、皆さま「ラグジュアリー×カジュアル=」の式の解は得られましたでしょうか!?

今回は、最初にご紹介したコーディネートからどんどんパンツをカジュアル化していったのですが、グリフォーニのようなカジュアルなパンツでも、靴をオールデンのタッセルのようにドレスよりの靴にしてあげると、全体としてのバランスがとりやすいように感じました。

個人的には、「全体としてここでバランスしている!」と思えるそのバランス感覚の幅をもう少し養い、広げていけると次の世界が!?見えそうなかな。どうでしょうか。

エンメティのCRISTIANOに、GTAのリブパンツ、そしてニューバランスやディアドラといったオトナのローテクスニーカーなどを躊躇なくさらっと合わせられるところまでいけば、ファッショニスタへの階段を1段位は上がれるような気がしますが、言うは易し、行うは難しということで、もう少し時間をかけてセンスアップしていきたいと思います。



日ごろからドレスよりのスタイルが多い方は、CRISTIANOよりもムートン・ピーコートのDIMITRIがおススメです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/381-a7d93c25