<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

TamTamPop(タムタムポップ)【Stamp edition スタンプエディション】(組み立て式スツール)を購入!

こんにちは!
本日は久しぶりに!?インテリア・アイテムを購入したので、ご紹介したいと思います。

■ホームパーティはお好きですか?
突然ですが、皆さんホームパーティはお好きですか!?自宅に他人を入れるのはちょっと抵抗がある、という方もいらっしゃるかと思いますが、皆でワイワイ・ガヤガヤするのは楽しいものです。

学生時代なんかは何かと理由をつけて!?、ホームパーティをして楽しんだ記憶がありますが、この時期は「鍋パーティ」なんかもできますし、12月になれば「忘年会パーティ」「クリスマスパーティ」「年越しパーティ」など、色々できるわけです。

では、かくいう私はホームパーティ好きなのか!?と問われると、好きではあるけれど、しゅっちょう家に他人を呼ぶのは、それはそれで大変だなぁという感じです。

というわけで、ホームパーティをするにしても、季節のイベントに乗じてお呼びする、というのが実際のところなのですが、実は来月に大学時代の友人を自宅に招いて「クリスマスパーティ」を開催することになりました。今の自宅に呼ぶのは初めてなので、色々準備が必要です。

といいますのは、私の家はそんなに広くはないですし、ダイニングも家族4人仕様。今回は全部で大人6名、子供3名になるわけですから、ダイニングの椅子が不足するわけです。子供たちはソファーやコチラでご紹介したコロコロチェア&デスクで対応出来そうですが、大人はそうはいかない。
ミックススタイル ダイニング
※自宅のダイニングテーブルとチェア

というわけで、今後の(パーティの)ことも踏まえて、2脚ほどチェアの買い足しを検討しており、そのうちの1脚が本日ご紹介するTamTamPop(タムタムポップ)なんです。

■日常生活で使わないチェアに求める要件とは!?
購入したチェアをご紹介する前に、日常生活で利用しないチェアに求める要件を考えてみたいと思います。そもそも広い家に住んでいれば考えなくても良い制約ですが、制約があるから工夫が生まれるわけで、そんな制約も楽しみながら!?インテリア選びをしたいものです。

さて、今回考えた要件は下記の通り。
①日常では基本利用しないので、5000円以下であること
②日常では基本利用しないので、収納可能なこと
③今のインテリア・アイテムとのデザイン的整合性が、”ある程度”とれること

①についてですが、日常的に使う予定はないので、出来ればコストは抑えたい。安ければ安いほど良いのですが、一定量の選択肢を持つためにも、5000円(税込)以下と決めました。

そして②については、これまた日常的には使う予定はないので、フォールディングチェアなどが真っ先に頭に浮かぶわけです。やっぱり広くはない部屋ですから、使わない時は収納をしておきたいと思うのは、ある意味当然と言えば当然ですよね。

最後の③。既に①と②で大分選択肢が限られてきますので、贅沢はいえませんが、さすがにパイプ椅子では出した時の雰囲気というか、気分の盛り上がりがイマイチだなぁなどと思い、ゆるいながら要件として設定しました。

以上が今回プロダクトを探す前に設定した要件なのですが、なかなか希望にあうデザインが見つからない。(笑)要件の①②は満たすプロダクトは結構あるのですが、やっぱり要件③が難しい。

このような中で、逆転の発想!?で要件②をとらえなおして購入したのが、ご紹介するタムタムポップ。収納できないなら、逆に見せてしまおうと。つまりチェアとしてだけではなく、他にも転用できるような汎用性があれば良いと。

そんな経緯で、タムタムポップをセレクトしたわけです。

■TamTamPop(タムタムポップ)【Stamp edition スタンプエディション】のご紹介
では、実物をご覧頂こうと思いますが、実際はこんな状態で届きました。
TamTamPop(タムタムポップ)【Stamp edition スタンプエディション】①

袋を開けると、小さなカラーコーンのようなものが入っております。
TamTamPop(タムタムポップ)【Stamp edition スタンプエディション】②

ちなみに生まれたのは1968年のフランスで、プラスチック成型工場を経営していたアンリ・マソネ氏による開発でした。
TamTamPop(タムタムポップ)【Stamp edition スタンプエディション】③

工具は不要で、差し込むだけで使えます。ちなみに打楽器をモチーフにデザインされたタムタムポップですが、一旦は世の中から消えるも、2002年にライセンスを有するブラネックス・デザイン社が新たな素材やカラーなどを追加し、リバイバル。
TamTamPop(タムタムポップ)【Stamp edition スタンプエディション】④

家具版のピッティこと、「メゾン・エ・オブジェ」に出品され、大きな話題になったようです。
TamTamPop(タムタムポップ)【Stamp edition スタンプエディション】⑤

セレクトしたカラーは、嫁さんがキッチンのアイテムのカラーで使っているグリーンにあわせました。メーカー表記上は、「モヒート」というお洒落なカラーリングネームが付いております。

ちなみに座面の高さは結構重要で、他のダイニングチェアのイームズチェアとほぼ高さがあう45cm。
TamTamPop(タムタムポップ)【Stamp edition スタンプエディション】⑥

ダイニングの誕生日席に設置すると、ちょっとポップな空間のできあがり。めざすは、ミックススタイルですから、多少こんなポップなアイテムがあっても良いのです!?
TamTamPop(タムタムポップ)【Stamp edition スタンプエディション】⑦

ちなみに頑張れば収納はできそうですが、面倒なので普段は嫁さんがキッチンで物を上に乗せたり、疲れた時に座る用として使うようです。だからキッチンアイテムのカラーリングにあわせてモヒート(グリーン)なんですね。

ということで、ポップでキュートな?雰囲気さえあるタムタムポップ。普段の椅子としてはちょっと厳しいですが、パーティ用の補助チェアとして使ったり、アウトドアで使ったり、ベランダで使ったりと、アイデア次第で用途は様々。

これで税込4320円ですから、デザイン性を考えればなかなかお買い得かなと。ちなみにカラーバリエーションは15種類もあり、素材はポリプロピレン樹脂なので質量なんと1.3kg。女性でも楽々持ち運びできますね。その上耐荷重は150kgですから、日常利用には十分すぎるスペックかなと。

是非、パーティーピーポーな方々に(笑)おススメしたいインテリア・アイテムです!








Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/406-cadfb0fe