<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ブルー×ベージュでつくる英国紳士スタイル!?:ルカ・ベンチュリーニ ダブルフェイス・トレンチコート

こんにちは!
本日は、アウタースタイルをお届けしたいと思います。テーマは、「ブルー×ベージュでつくる英国紳士」。笑。

■スーツスタイルのアウターにはやっぱりクラシックなアウターが着たくなる!?
今月に入り気温もぐっと下がってきたことから、街中でもアウターを着られた方の姿が大分増えましたね。今季はコチラでご紹介したエンメティのスエードダウンPコートをアウターとして購入したわけですが、スエードやファーを使っているとはいえ、基本はやっぱりカジュアルなアウター。スーツスタイルに合わせるにはTPOの考慮が必要です。
EMMETI(エンメティ)スエードダウン ピーコート CRISTIANO_Bコーデ⑥
※上記はジャケパンに合わせています。

ということで、やっぱりスーツスタイルにはチェスターコートなどのクラシックなアウターを合わせたくなる。しかしながら、チェスターを持っていない私にとって、唯一スーツスタイルに合わせられるクラシックなアウターは、Blogを始めて3日目でご紹介したルカ・ベンチュリーニのトレンチコート。
※記事はコチラです。

あまり聞きなじみのないブランドだと思いますが、ダブルフェイスを扱う技術には大変長けているようで、エルメスやヘルノのダブルフェイスアイテムの生産を手掛けていたといいます。何気に私の所有するアウターの中では最も高価。

ただ、生地が厚くはないため、この11月から12月の間がもっとも活躍する時期で、さらに気温が下がる年明けはヘルノのダウンが登場します。(笑)そんな1年の内2か月程度しか楽しめないアウターなのですが、桜が咲くと同時に散り始めることに儚い美しさを感じるように!?、ルカ・ベンチュリーニのトレンチコートにも、同じような感覚を覚えるのです。(ちと違うか。笑。)

■上質なファブリックの魅力!?
さて、そんな儚さが魅力の!?ルカ・ベンチュリーニのトレンチコートですが、今季はカルロ・バルベラの生地を使ったリングヂャケット製のウィンドペンスーツを購入しており、これにあわせるのを8月から楽しみにしておりました!(笑)
※リングヂャケットのスーツ購入記事はコチラ

ブルーとベージュってなんだかそれだけで気品のある上質さ、を個人的には感じてしまうカラーコーディネートなのですが、今回は単なるカラーコーディネートとはまたちょっと違うんです。

理由は、上質なファブリック。

スーツは今までも何回かその魅力をお伝えしてきた「羅紗の宝石」と呼ばれるカルロ・バルベラのファブリックを使っており、ブルー(ネイビー)の色合いが非常に良いのです。フランネルのふっくらした柔らかさと、しっとりした艶感が同居するその生地の表情には毎回自分でうっとりしています。(笑)

また、ルカ・ベンチュリーニのトレンチコートもバージンウールが90%に、カシミアが10%ほど入っており、キャメルといいますか、ベージュのカラーリングに軽やかさと高級感を与えてくれまています。

個人的にファブリックに注目するようになったのはここ最近ですが、上質なファブリックというのは気心地はもちろんのこと、発色や艶感などの生地の表情がとても素晴らしいと感じています。

ブルー(ネイビー)やベージュなどのベーシックなカラーリングだからこそ、そういった上質なファブリックを使ったアイテムを取り入れてみると、ぐっと全体の雰囲気が上品になる気が致します。

ということで、長々と文字を並べさせて頂いたところで、実際の雰囲気をご覧頂こうと思います。

■ブルー×ベージュでつくる英国紳士スタイル!?
まずはベーシックな着こなしから。
ルカ・ベンチュリーニのトレンチコートは、クラシカルなスタイルはそのままに、襟のサイズやシルエットなどにトレンド解釈を加えて、古臭さを感じないモダンな印象に仕上がっていると思いますが、いかがでしょうか!?

ベルトが結構高い位置にありますので、足長効果も期待できるという、私には嬉しいメリットも!(笑)
ルカ・ベンチュリーニ ダブルフェイス・トレンチコート_コーデ①
※靴はエドワード・グリーンのチェルシー

ボタンを開けてみると、1枚仕立てのダブルフェイスならではの美しいドレープが姿を現します。
ルカ・ベンチュリーニ ダブルフェイス・トレンチコート_コーデ②

手に持っても様になる”気”が本人的に致しますすが、どうでしょうか。気分だけは英国紳士でございます。(笑)
ルカ・ベンチュリーニ ダブルフェイス・トレンチコート_コーデ③

最近はスーツでの出勤が増えてきているからか、妙にスーツスタイルに興味があります。ただ、特に英国のスーツスタイルというわけではなく、雰囲気は落ちついた英国調スタイルながらも、気心地はやっぱりイタリア・ナポリならではの柔らかさが欲しいところ。

ハンドソーンが入ると大分高額になってしまうのですが、来年はちょっとスーツスタイルを意識した買いもの計画をたててみようかな、などと今の時点では考えたりもしております。

さて、というわけで最後は来年の買い物計画などにもさらっと触れてみましたが、チェスターやトレンチなどのアウターを持っている方は、是非今の季節が本当に良い時期だと思いますので、アウタースタイルを楽しまれてみてはいかがでしょうか!?




コットン素材ならベーシックながらも気品のあるマッキントッシュか、



シーラップなんかが気になります。


Comment

tk0618 says... ""
お久しぶりです。
ルカのトレンチいいですね。今季はベルベストなどもダブルフェイスを手掛け、技術的にダブルフェイスが世に広まってきましたが、10年以上前からダブルフェイスをやってたのはルカだけですからね。私も昔、伊藤忠の子会社であるCIがやってるときにルカをよく着ました。夏のリネンのダブルフェイスは今でも現役です。
トレンチは袖を通さず、肩に羽織ってもかっこいいと思いますよ。
ちなみに気になられているシーラップ、かなり良いです。マッキンはおろか、現在、最高レベルの仕事をします。ジルサンダーもヴィトンも今でもココが作ってます。シーラップのトレンチ、最高ですので是非ご検討を。回し者ではないですので笑
2014.12.08 22:11 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>tk0618さま
コメントありがとうございます!お久しぶりですね。師走ならではのお忙しい日々でしょうか!?
しかし、相も変わらずお詳しいですねぇ、毎回大変驚きます。
正直ルカの存在自体を知ったのが、お恥かしながら昨年ですので、そんな前から日本に入って来ていたとは知りませんでしたよ。

>トレンチは袖を通さず、肩に羽織ってもかっこいいと思いますよ。
スナップで何回か見かけたことがあります!が、まだ未チャレンジ。春先なんかは良さそうですね~♪

シーラップ、やっぱりいいのですか!?めちゃくちゃ気になっております。今季は予算がおっつきそうにないのですが、もしかしたらセールで検討してみたいアウターではありますね。ムーレーやシーラップ、欲しいものがありすぎて困っております。(笑)
2014.12.09 00:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/422-8932ace9