<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

香りのインテリア:Jo Malone Home Candles(ジョーマローン ロンドン)ホームキャンドル

こんにちは。
本日は、「香りのインテリア」というテーマでお届けしようと思います。ちなみにインテリア、といいながらも取り上げるのはホームキャンドルですので、カテゴリは雑貨にしております。。

■ジョー マローン ロンドンとは
本日ご紹介するのは、ジョー マローン ロンドンのホームキャンドル。皆さんジョーマローンはご存知ですか?初登場のブランドですので、簡単に歴史に触れてみたいと思います。

誕生したのは、1994年のロンドン。ラグジュアリー・ライフスタイル・フレグランス・ブランドとして、フレグランス・コレクションやバス&ボディ、ホーム コレクションなどの”香り”に関わるアイテムを幅広く展開しております。

日本に入ってきたのはここ数年ですが、ラグジュアリーフレグランスのブランドとして既に一定のポジションを築き上げているようにも思います。

特徴としては「フレグランス コンバイニング」という、いわゆる重ねづけで香りを楽しむというコンセプト。一つ一つのアイテムは比較的シンプルな香りなのですが、数種類重ねることで、自分オリジナルの香りが楽しめるということですね。
※ジョーマローンの公式サイトは、コチラ

ちなみに私は大抵ビジュアルから入りますので(笑)、クリームとブラックのパッケージデザインが印象的で、気になっていたブランドの一つ。とは言え、個人的にはコロンやキャンドルなどを使うこともないですし、お値段もかなりお高いですので、ブティックで試すことはあっても、購入する機会はありませんでした。
Jo Malone Home Candles(ジョーマローン ロンドン)BOX
※公式HPより拝借しました。

そんなおりに、知人からキャンドルやソープ、コロンなどのセットをギフトに頂きまして、大変高価なものですから使うのをためらっており、しまってあったのですが、今回クリスマスという時期に乗じてキャンドルを使ってみたのです。

■香りのインテリア
では実物をご覧頂こうと思います。
シンプルながらも非常にラグジュアリー感を感じさせるプロダクトのエクステリア。
Jo Malone Home Candles(ジョーマローン ロンドン)ホームキャンドル②

香りはフレンチ ライム ブロッサム。
HPによると「パリの初夏。気分を高揚させるパウダリーに香る菩提樹(リンデン)の花にベルガモットをひと吹きし、ハーブのタラゴンを少し加えました。魅力あふれる満開の花の香りです。」とのこと。(笑)
Jo Malone Home Candles(ジョーマローン ロンドン)ホームキャンドル③

実際にアンティーク調のキャンドルスタンドに載せて、火をともしてみました。キャンドルの燃焼時間は約35時間だそうで、結構長く使えますね。
Jo Malone Home Candles(ジョーマローン ロンドン)ホームキャンドル①

こちらのホームキャンドルですが、想像以上に香りが部屋の中に広がりまして、満開の花畑を想起させます。ただ、個人的感覚ではありますが、強すぎず、心地の良い、やわらかい香りだと思いました。

まさに香りのインテリア。

香り好きな方はもちろんですが、女性のギフトなんかに送ったら、デキル男として一目おかれることまちがいなし!?パートナーや気になる女性へのクリスマスプレゼントを悩まれている方がいらっしゃいましたら、候補として検討してみてはいかがでしょうか!?(笑)



キャンドルに5万円もだせる方はいったいどんな方なのでしょうか・・・!?


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/428-cd76e30a