<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

IWCのSIHH2015(ジュネーブサロン)は、人気のポルトギーゼ!

こんにちは。
毎年この時期になりますと、ファッションはピッティ、時計はジュネーブサロンやバーゼルワールド、車はモーターショー(デトロイトMS)といった、様々な分野の見本市が世界各地で開催されます。

本日は、その中でも2015年1月19日~23日(現地時間)にスイスはジュネーブで開催されました、SIHH (Salon International de la Haute Horlogerie Geneva) 通称ジュネーブサロンの中でも、私の大好きなIWCについて取り上げたいと思います。
SIHH2015
oomiyaさんのHP(Blog)より拝借しました。

■今年のIWCはなんと、ポルトギーゼ!
IWCといえば、昨年のSIHHを取り上げたコチラの記事でも起源に触れましたが、1868年にアメリカ人時計師のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが、ドイツとの国境沿いに位置するスイス・シャフハウゼンに創設したことが始まりという、ちょっと変わった歴史をもったブランドです。

スイス生まれではあるものの、アメリカ人時計師が創設した時計メーカーであり、しかも地理的にはドイツよりということが影響してか、スイス時計の華美な印象や、アメリカのダイナミックな印象よりも、ドイツならではの高性能でいて、シンプル。そして質実剛健という言葉がとても似合うブランドです。

昨年はIWCの中でのダイバーズウォッチという位置づけであるアクアタイマーがモデルチェンジの年でしたが、個人的には"エクスペディション・ジャック=イヴ・クストー"モデルが気になっておりました。
アクアタイマー・ クロノグラフ “エクスペディション・ ジャック=イヴ・ クストー

今年のモデルは、勝手にダ・ヴィンチだろうなどと思っていたら、なんとポルトギーゼ!ポルトギーゼといえば、IWCの中の4番打者。非常に人気のある代表的なモデルなんですよね。

ちょっと調べてみると、なんとポルトギーゼが誕生して今年で75年目なんだそうです。今年の元旦にはパテック・フィリップのノーチラスを購入した記事をコチラでご紹介しましたが、そちらの記事にも西洋は25年という周期をとても大切にする、ということは書きました。

ということで、75周年ということであれば、同社を代表するポルトギーゼにしない理由はないなと、とても納得した次第です。

なお、私の所有するIWCはポートフィノ・​ハンドワインド・​エイトデイズという、IWCの中でもポルトギーゼと並んでクラシックなモデルに位置付られているのですが、ポルトギーゼの人気が高すぎて、若干影に隠れ気味であることは、ご紹介した記事にも記載致しました。
IWC ポートフィノ・​ハンドワインド・​エイトデイズ①
※ご紹介記事は、コチラです。

恐らくIWCの購入を考えられる方の多くがポルトギーゼ(もしくはパイロットウォッチ)から入ると思われるのですが、私も例にもれず、ポルトギーゼが最初の候補でした。ところが、ポートフィノの知的でクラシカルな佇まいに一目ぼれしてしまったわけですが、当然ポルトギーゼもいつかは!という思いでおります。

従って、今回のポルトギーゼのモデルチェンジには驚きと期待、そして不安が入りまじっていたことは想像に難くありません。何せ、とっても気に入っていたモデルだったので、モデルチェンジで期待とは異なるデザインだったら、デリバリーが始まる今年の8月前後前までに、既存モデルをローンで買ってしまおうかと真剣に考えた位です。(笑)

しかし、そんな不安を良い意味で裏切ってくれるのが、IWC。見事なまでの魅力的なモデルチェンジ!?を果してくれた、といったら上から目線ですが、新しいモデルが欲しいと思えるようなモデルチェンジでございました。

■注目のポルトギーゼは!?
さて、そんな誕生75周年を迎えたポルトギーゼ・コレクションですが、2015年の新発表モデルの中でも気になったモデルや欲しいモデル(笑)なんかを少しご紹介したいと思います。

まずは、話題の新モデルには触れないわけにはいかないでしょう。こちらの「ポルトギーゼ・アニュアル・カレンダー」です。ポルトギーゼ・オートマティックのデザインに近い気が致しますが、文字盤の12時位置に、月、日付、曜日を3つの半円形の窓でアニュアルカレンダーを表示します。
IWC_2015ポルトギーゼ・アニュアル・カレンダー

また、IWC”初”のアニュアル・カレンダーに加えて、新開発の自社製キャリバー52850が搭載されているといいます。新開発の自社製キャリバーは新しい「ポルトギーゼ」コレクションの4つのモデルに搭載されるといいますから、そのうちの1つということですね。

下記はポルトギーゼ・オートマティック。知人が所有しておりますが、もっともケースサイズが大型であることに加えて厚みもあるため、がっちりした手首の方がカッコいいなと思い、見送った経緯があります。ただ、今回は新開発の自社製キャリバー52010が搭載され、ストラップを取り付けるラグが最適化されたそうですから、一度現物を見たいなと思っています。
IWC_2015ポルトギーゼ・オートマティック

さて、アニュアル・カレンダーに話を戻しますと、ケースサイズはなんと44.2mm径。IWCはもともと機能的なアプローチからデザインを考える傾向がありますから、ケースサイズが大きいのも理由があります。それは前にも書いたとおり、時計の、道具としての精度と耐久性を最優先すると、テンプや香箱、ムーブメントは機械的に安定した大型のほうが良いというもの。ファンであれば44.2mmというサイズも納得かもしれませんね。
IWC_2015ポルトギーゼ・アニュアル・カレンダー②

ちなみに、フェイスのレールウェイ目盛り付きチャプターリングやアラビア数字、スリムなリーフ型の針といったディティールデザインは、初代ポルトギーゼの意匠と大きく変わらないオリジナルデザイン。また、ストラップはアリゲーターで、クラシックでいてドレッシーな手元を演出してくれます。

変わらないものと、変わるもの。そのあたりの基準をしっかりもっているのが、欧州ならではのブランドのような気もしますが、難しい話を抜きにしても美しく、知的で、エレガンス。それだけでも購入の価値がありそうですね。
※執筆の1月22日時点では、価格・発売時期未定のようです。。

さて、注目モデルの後は、私が欲しい(笑)モデルです。まずは、ポルトギーゼの中でも最も人気のあるクロノグラフ。所有するポートフィノよりも若干スポーティながら、クラシックでいて、知的。そしてエレガントな佇まいはIWCならでは。クロノグラフはブラックフェイスが欲しいなと思っています。
IWC_2015ポルトギーゼ・クロノグラフ

そして、もう一つは、ポルトギーゼの中でも最もスポーティなモデルであるヨットクラブ。4、5年前に海外旅行をした際の免税店で見つけ、購入を真面目に検討したのですが、残念ながら見送ってしまいました。理由はこちらもケースサイズ。45.4mmという非常に大型サイズだったのですが、なんと今回のモデルチェンジで43.5mmに縮小されたようです!
IWC_2015ポルトギーゼ・ヨットクラブ

43mmなら真面目に検討したいサイジング。もちろん当面は財政的に厳しいですが、試着だけでもすべく、デリバリーが開始されたら店頭に行きたいと思っています。

いやぁ、欲しいものは尽きませんね・・・。






時計は新品、正規店派ですが、こういったヴィンテージならありですね。懐中時計も1つは欲しいです。ジレのポケットから出したら、きっとカッコいいだろうなぁ・・・と妄想しております。笑。




Comment

クラシコ公務員 says... ""
IWC、なんと、凛とした佇まい。

メチャクチャ格好よいです!!

なにかが制限にひっかかっているようで短い内容ですいません。。。
2015.01.25 23:36 | URL | #QjtTlS4. [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>クラシコ公務員さん
こんにちは!コメントありがとうございます!
IWCカッコいいですよね〜。様々なメーカーがありますが、値段を度外視しても、個人的にはIWCが一番欲しいモデルが多いのです。コストパフォーマンスも高いと思いますし、クラシコ公務員さんも、是非1本いかがですか!?笑。
2015.01.26 08:53 | URL | #- [edit]
たくお says... ""
こんばんは。
はじめまして。

ポートフィノ・​ハンドワインド・・・めちゃかっこいいですね~。

スイスフランの上昇で時計のお値段も上がっちゃうのか気になります(汗)
2015.01.27 22:26 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>たくおさま
こんばんは。コメントありがとうございます!
ポートフィノ・​ハンドワインド、カッコいいですよね!?(笑)お褒め頂き、とっても嬉しいです。やはり圧倒的にポルトギーゼ派の方が多く、なかなか肩身が狭いことがございますので。(汗)

値段はおっしゃる通り、上がるかと思われます。パテック・フィリップもこの2月から5%前後値上げするそうですし、IWCのコストパフォーマンスの高さがどの程度維持されるのか、非常に気になりますね・・・。
2015.01.27 23:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/474-e11ac64d