<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ブークレmeets ビジネススタイル!?:Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット

こんにちは!
本日は、2014年のAWセールにて購入した大物である、Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケットを使ったビジネススタイルのご紹介です。

と言いましても、以前ご紹介したデニムスタイルのパンツをドレスパンツに変えてみた、という位なのですが・・・。

■ブークレ調ジャケットはビジネスに使えるか!?
さて、購入したスティレ・ラティーノのジャケットですが、ヴィジュアル面での特徴はやっぱり独特のファブリック。ダークグリーンをベースに、ホワイトとブルー(パープル)のダブルウィンドペン柄がのっております。しかも、生地がブークレ(生地の表面に糸の輪が出た織物)ということで、存在感が抜群。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット⑩
※購入時の記事はコチラ

日本の多くのビジネスマンが着用しているスーツ、ジャケットの多くが、ネイビーやグレー系をベースカラーとして、無地、(ピン)ストライプが主流であることを考えると、ベースカラーがダークグリーンで、ウィンドペン、かつファブリックがブークレというのはちょっと目立ちますね・・・。笑。

既に何回か記載しておりますが、私は職場の服装規定がゆるいので、TPOに合わせて比較的どんなスタイル(デニムやTシャツなどはさすがにNG)でも、OKなんです。従いまして、既に本日ご紹介するラティーノのジャケットも仕事でデビュー済み。笑。せっせと活用しております。

ただ、やっぱり外部に出ますと、たまにお仕事はアパレル関係ですか!?と聞かれることがあります。それは決してセンスの面からではなく、残念ながらアイテムが特徴的であるからこそのお声掛け(笑・悲)なのですが、やっぱり一般的なビジネススタイルというわけではないですよね。

ということで、仕事の内容やTPOによって、こういった特徴のあるジャケットの着用シーンはだいぶ制限されてしまう、というのが実情のように思います。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット①

■スティレ・ラティーノ のブークレ調ウィンドペンジャケットを使ったビジネススタイル
ということで、ご紹介してもビジネスに活用できる方は少数派だとは思いますが、何かしらの参考にもなるかもしれませんので、早速ビジネススタイルをご紹介したいと思います。

シャツはリングヂャケットのオリジナルナポリ製シャツ(37)、タイはルイジボレッリのペイズリーウールツイルタイ、ジレはラルディーニのガンクラブチェックジレ(42)、パンツはインコテックスのホームスパン(44:30モデル)、靴はエドワード・グリーンのピカデリーです。ちなみに、チーフはメローラの小紋柄(ボルドー)ですね。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_ドレスコーデ①
※172cm 59kg ウエスト76cm

全体的にシックなカラーリングで、ジャケットの特徴が目立ちすぎない!?スタイリングかなと思います。既に2015年AWアイテムのお披露目が行われたピッティ情報(記事はコチラ)にも記載しました通り、今年のAWはカラートーンがだいぶ落ち、”シック”、”エレガント”といったモードなエッセンスが加わってきておりますので、ちょっと先取り気分を味わっております。笑。

今回はボルドーのチーフをどこの色を拾うのでもなく、差し色として使いました。シャツもナポリ製ですが、ハンド工程が多く、私の所有するドレスシャツの中ではもっとも極上の気心地。同じくハンド工程の多いラティーノのようなジャケットの下に着ると、身体の動きに合わせてシャツ、ジャケットが見事に連動し、とても心地良いです。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_ドレスコーデ②

次ですが、変えたのはタイと、ジレ、そしてパンツと靴です。タイは、ルイジボレッリのコットンウールカシミヤシルクヘリンボーンタイで、ニットは無印良品(XS:洗えるウールシルク)、パンツはPT01のSARTU (サルトゥ) VITTORIO (ヴィットリオ)小紋柄 ウール ワンプリーツパンツ(44)、靴はエンツォ・ボナフェのローファーです。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_ドレスコーデ③

最初のコーディネートに比べると、さらにカラートーンが落ちますね。最近は、グレーのカッコよさ!?みたいなものを見直しておりまして、今後もうまく取り入れていきたいなと思っております。しかし、ラティーノのジャケットに無印のニットを合わせる人は、世界中探しても私だけでしょうか。(笑・汗)今年はビジネススタイルに使えるインナーの充実が急務です!?
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_ドレスコーデ④

そして最後は、2014年AWの個人的な注目カラーであるボルドーをふんだんに!?取り入れたスタイル。BEAMS Fのシャツ(37:ライトブルー)にルイジボレッリの小紋柄シルクタイ、ラルディーニのジャカードジレ(44)、パンツはインコテックスのブラウンカラーのサキソニーフラノ(44:30モデル)、靴はエドワード・グリーンのピカデリーです。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_ドレスコーデ⑤

ブラウンとボルドー(ピンク)の組み合わせは、以前ISAIAがピッティのプレゼンテーションで提案していたカラーコーディネートですが、これを見て以来、気に入っている合わせ方です。
ISAIA_2014AW_ブラウン×ピンク

こちらのアップは、以前もラティーノのデニムスタイルでご紹介したものとシャツ以外一緒です。シャツはホワイトに見えますが、実際はライトブルー。ライトブルーはホワイトと比較するとカチっと感が若干和らぐと言いますか、優しい表情にもなる気がしておりますので、今年はブルー系のドレスシャツを1枚買い足したいなと思っております。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_ドレスコーデ⑥

いかがでしたでしょうか!?グリーンベースかつブークレといっても、トーンが落ち着いておりますので、合わせてみると、目立ち過ぎずすんなりハマってくれたように思います!?

なかなか一般的な職場では馴染みにくい雰囲気のジャケットかもしれませんが、カジュアル・フライデイやオフの日用に、遊び心のあるジャケットを着てみる、というのも新鮮で良いかもしれませんね。






ラストワンサイズですが、個人的にはこんなバーズアイも面白いかなと思います。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/479-372f3559