<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ブラックウォッチでチェックonチェック!?:INCOTEX(インコテックス)N35モデル

こんにちは。
今日から2月ですか・・・。早いですね、もう今年も1か月が過ぎ去ってしまいました。。年を重ねるごとに時間の経過が速くなるようで怖いです。特に子供は驚異的なスピードで成長しますので、一緒にいると、余計に時の流れの早さがリアルで怖いのですよね・・・。

さて、本日は「ブラックウォッチ」柄のパンツであるINCOTEX(インコテックス)N35モデルの着用イメージのご紹介です。

昨年のセールにて、ちょっと気になっていたINCOTEX(インコテックス)N35モデルを購入したことは、コチラの記事にてお伝え致しました。チェック柄のジャケットを購入することはあっても、パンツでチェック柄を買う、ということはあまりない経験です。
INCOTEX(インコテックス)N35モデル②

もちろん所有はしておりますが、個人的には苦手分野の一つ。しかし、セール価格であったということに加えて、気になっていたインコテックスのN35モデルであるということが背中を後押しし、難易度が高そうなブラックウォッチ柄に手を出してしまったわけです。コーディネート等を考えない、これぞまさしくアイテム買い!(汗)

今年になってようやく裾のお直しをしてきましたので、チャレンジコーディネートということで本日はご紹介したいと思います。

■チェックや柄のミックスコーディネートのコツは!?
以前も、スティレ・ラティーノのダブルウィンドペンジャケットを使って「柄on柄on柄!?」と題した記事をお送りいたしましたが、柄と柄、チェック柄とチェック柄をうまくミックスさせ、カッコよく見せるには、それなりに高度なセンスが必要なようです。
スティレ・ラティーノ_柄on柄on柄コーデ②

上述した記事では、一応パンツも小紋”柄”を使っておりました。
スティレ・ラティーノ_柄on柄on柄コーデ③

私なんぞのセンスではなかなか”カッコいい”と思えるようなコーディネートはできないのですが、個人的にすごい!と驚いたのが、先日開催されたピッティでISAIAがプレゼンテーションをしていた下記のコーディネート。
イザイア2015AW_guji01

小紋柄のジャケットに、ストライプのシャツ。ネクタイも小紋柄で、チーフにはブロックチェックのような模様が見え隠れします。そしてグレンチェックのコートに、カモフラ柄っぽい感じのストールマフラー。こんなに多種多様な柄、チェックをつかっているのに、しっかりと統一感が出ており、かつ上品。個人的には超ド級のセンスだなぁと思ったスタイルでした。

シンプルなスタイルも良いですが、やっぱりこの人しゃれているなぁと感じる方の多くが、柄やチェックなどをうまくスタイリングに取り入れているんですよね。もちそんその方の持っている雰囲気などもあるとは思うのですが・・・。

さて、一般的に柄on柄やチェックonチェックのコーディネートをする際に、気を付けるポイントとしてよく言われるのは、下記のポイントかと思います。

①カラーコーディネートをしっかりする
ベースカラーのカラーコーディネートがめちゃくちゃだと、そもそも「柄on柄」や「チェックonチェック」以前の問題になってしまう、ということなのかなと理解しています。メリハリをうまくつける必要があると。

②柄・チェックの種類を分ける
上記のISAIAのスタイリングが良い例ですが、小紋柄、ストライプ、グレンチェック、ブロックチェックなど、様々な柄やチェックを合わせていますね。同じ柄やチェックではなく、このようにいくつかの種類をミックスする、というのがポイントのようです。

③柄・チェックの大きさを分ける
私のスティレ・ラティーノのジャケットを使ったコーディネートを例にあげるのも恐縮ですが、ジャケットの大き目の格子柄と、ジレの細かいガンクラブチェック柄といったように、同じチェックでも大きさの異なるものを合わせると、多少ばたつき感というか、ガチャガチャ感が少なくなるようです。確かに同じ大きさですと、目がチカチカしてしまうかもしれませんね。

ということで、理論はいいので実践を!とのお声も頂きそうですので(笑)、少しばかりですがご紹介したいと思います。

■ブラックウォッチでチェックonチェック!
まずは年末年始で購入した大物であるサルトリオのグレンチェックジャケット(42:袖処理前)に、ジャンネットのシャンブレー(XS)、ルイジボレッリのヘリンボーン柄ウールタイ、靴はクロケット&ジョーンズのベイスウォーターです。

カラーコーディネートのベースは、ブラウンベージュ×グリーン。そして、グレンチェックとブラックウォッチという別の柄をつかいました。チェックの大きさはさほど変わりませんが、インコテックスN35のブラックウォッチがトーンの低いチェック柄なので、あまりガチャガチャ感がでなくて済んだように思いますが、いかがでしょうか。
INCOTEX(インコテックス)N35モデル_ブラックウォッチコーデ①

Vゾーンのアップはこんな感じ。シャンブレーシャツにグレーのヘリンボーンウールタイの組み合わせはやってみたかったコーディネートの一つです。
INCOTEX(インコテックス)N35モデル_ブラックウォッチコーデ⑤
※172cm 59kg ウエスト76cm

もう一つのチェック on チェックは、イザイアのウィンドペンジャケット(42)を持ってきました。とりあえず、それ以外のアイテムは変えておりません。

こちらはブラウン×グリーンがベースですね。そこに大き目の格子柄であるウィンドペンジャケットに、小さめのチェック柄であるブラックウォッチの組み合わせ。悪くはないけれど、良くもない!?感じでしょうか。実際のコーディネートではちょっと使えないかなぁなどと思っております。

INCOTEX(インコテックス)N35モデル_ブラックウォッチコーデ③

Vゾーンはこんな感じです。同じシャンブレーでも、もう少しダークカラーの方がフィットするかもしれませんね。
INCOTEX(インコテックス)N35モデル_ブラックウォッチコーデ④

最後はチェック on チェックではないので、おまけです。ボリオリのドーバー(42:ツイード)とベヴィラクアのツイードジレ(S)をプラスしました。ベージュ×グリーンがベースカラーになっており、そこにブラウンが靴で入ってきました。
INCOTEX(インコテックス)N35モデル_ブラックウォッチコーデ②

こちらもご参考までに、ということでVゾーンのアップです。トップスのコーディネートは、これはこれでありかもしれません。
INCOTEX(インコテックス)N35モデル_ブラックウォッチコーデ⑥

ということで、ブラックウォッチ柄を使ったチェック on チェックに無謀ながらチャレンジしてみましたが、思った以上に難しい!正直チェック柄とはいえ、落ち着いたカラーリングなので比較的使い回ししやすいだろうという思いがあったのですが、逆に全体の重心が下に引っ張られてしまうというか、なんといいますか・・・。

チェックonチェックをうまく合わせるコツ、を自ら書いておいてなんですが、”知っている”と”出来る”は違う、ということをまざまざと見せつけられてしまったなぁ(汗)という感じです。

実際に着るなら、ベースカラーのコーディネートをもうちょっと調整する必要があるかもしれない、などと自己反省しております。ただ、なかなかチャレンジのしがいがある課題でもございますので、もう少しブラックウォッチパンツをうまく履きこなすために、悩んでみたい、そう思うのでありました。。





もう少しグリーンが強い方がお好みであれば、PT01のフルハムロードがおすすめ。ラストワンサイズですが、実物もブリティッシュを感じる良い雰囲気でしたよ。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/481-74878ea8