<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコートを購入!

こんにちは!
本日は、まったく予定になかったセール購入品のご紹介をしたいと思います。

■残り物には福(服)がある!?
購入したのはタイトルにもありますように、Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコートです。ちなみに、正確に言うと、ポロコートのディティールをシングルチェスターに落とし込んでいるのですが、とりあえず今回はポロコートとして記載致します。

昨年の2014AWセールで初めて購入したスティレ・ラティーノ。その魅力は、その後のBlogへの登場率の高さ!?からもお分かり頂けるかもしれませんが、タイトフィットながらも、ハンドソーンによる適度な遊びが生み出す極上の気心地に加えて、人体に沿う立体的なシルエット。これには、感銘を受けずにはいられませんでした。
※購入時の記事は、コチラ

ダークグリーンがベースのブークレファブリックという特徴あるジャケットですが、TPOをわきまえればビジネススタイルとしても使えますし、
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_ドレスコーデ①

タイドアップしたデニムスタイルにもハマります。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_デニムスタイル③

ラティーノが素晴らしいアイテムであることはよく分かったのですが、やっぱりお値段が・・・。プロパーですと、ジャケットで20万円前後、スーツでは20万円中盤から30万円オーバーという価格帯で販売されており、なかなかおいそれと購入できる価格ではございません。従いまして、私の場合はセールで運よくめぐり逢えたら、ということになるわけです。

私事ですが、今年は原点回帰といいますか、基本に立ち返る意味でも、スーツスタイル(ドレス/ビジネス)をテーマに掲げており、昨年末から2015年に購入するアウターはチェスターコートと決めておりました。しかも、めぼしいブランドも既に選定を終えており(笑)、スタッフさんには確保をお願いしているという、なんとも気の早い!?意思決定をしているのです。

そのような中で、たまたま3か月に1度の美容院通いを、1か月早めて訪問したのが1月中旬過ぎ。ちょうどモアセールの時期だったので、帰りがけに少しだけ美容院から近いセレクトShopのみ顔をだしてみたのです。そこで、偶然にも運命的!?に出会ってしまったのが、本日ご紹介するStile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコートです。

先日「残りものには福がある!?」と題しまして、ファイナル(クリアランス)セールで見つけた魅力的なアイテム達をご紹介致しましたが、ご紹介するポロコートも、まさに"残りも物は福(服)がある!?"という言葉にぴったりのアイテムでした。

■購入を悩んだ理由・・・
運命的、とはいえ、実は購入を悩んだ理由が少しだけありました。

①資金
年始の正月セールにて、サルトリオのグレンチェックジャケットと、シャンボールセリエのクラッチバックを購入した時点で、年始のセール予算が尽きておりました。従いまして、出来るだけセール品を見ないように(笑)しており、気持ちを2015SSアイテムへと向かわせるべく、努力をしていたわけです。

つまり、ラティーノのポロコートを購入してしまいますと、春夏のスタートに影響が出てしまうと・・・。

②袖丈の長さ
今回購入したのはサイズ44です。ジャケットの上から羽織ることを想定しておりましたので、肩周りのサイズ感は問題ないのですが、袖丈が長い状態でした。袖丈なんか詰めれば良いじゃん!?というお声を頂きそうですが、今回はポロコートのディティールでターンナップカフであったため、袖丈を詰めるにも肩からひらく必要があったのです。

肩というと、着心地を左右する重要な部位。特にラティーノのコートという、重衣料を感じさせない極上の着心地を実現するにあたって、肩、袖付けの存在は大きいだろうと想像したわけです。これには悩みました・・・。

このように、私にとっては大きな”悩み”を抱えながら悶々と過ごしていたわけですが、お取り置きの期間も期限がございますし、どうしたものかと。

そんな時に友人Blogerさんが素敵なラルディーニのダブルチェスターを購入されている記事を見かけ、気持ちに半分スイッチが入るわけです。(笑)ラルディーニは個人的に好きなブランドで、長年に渡って名だたるブランドのOEMを手掛けてきただけあって、シルエットが素晴らしく、安定感がありますよね。

友人Blogerさんの買い物に触発されたのに加えて、もし丈詰めをするようであれば、是非お直しをお願いしたいと思えるサルトリアさんが1人頭に浮かびましたので、これが残りの半分のスイッチを押すことになり、結局1月末にご購入とあいなりました・・・。(汗)

■Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のポロコートをご紹介
そのような経緯を経て、私の手元に来たラティーノのポロコート。実物をご覧頂こうと思います。

今回購入したのは、ブラウンカラーのポロコート。
ポロコートは名前の通り、ポロ競技を終えた選手たちが羽織っていたスポーティ(カジュアル)なアイテムですので、ブラウンというカラーはポロコートにマッチするカラーリングではないかと個人的には思っております。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート①

特徴的なターンナップカフ。このディティールが好きなんですよね。笑。2年前の2013年にラルディーニのポロコートを購入するつもりでいたのが、結局ルカ・ベンチュリーニのコートを買ってしまった経緯がございました。よって数年ぶりに念願であったポロコートを購入したことになりますね。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート②

襟の使用ははピークドラペル。男らしさを感じます。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート⑪

フラワーホールもハンドソーンで非常に柔らかい印象です。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート⑧

ボタンフェチにはたまらないですね。笑。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート⑤

こういうステッチにもナポリ仕立てならではの風合いを感じることができます。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート④

個人的にお気に入りのフラップポケット。ステッチングも絶妙ですが、不均衡の美を感じてしまいます。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート⑬

温もりが感じられる襟つけも素敵ですね。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート⑦

インナーにはパープルカラーが使われており、色気を感じます。極上の柔らかさを生みだす袖周りも、ヴィジュアルだけでもその柔らかさが伝わりそうな気が致します。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート⑥

こちらはバックスタイル。今のコートには珍しく!?、スリムフィットとは正反対で、一見野暮ったさを感じてしまうような、そんな男らしいシルエットが気に入りました。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート⑨

バックベルトがあるだけで、哀愁といますか、雰囲気のあるオトナの男の背中が演出できそうです。笑。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート⑩

ファブリックですが、アルパカ混だけあってシルクのような光沢感があり、なめらかな触り心地。アルパカは寒暖の激しい場所に生息しているため、ウールよりも保温性が高く、生地が丈夫だと言います。ただ、摩擦には弱いようですので、適度に注意しなければなりませんね。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート③

ロゴは旧ロゴ。つまり、数年前からのキャリー品なので、実はかなりお得だったのですよ。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )アルパカ混ポロコート⑫

さて、今回のスティレ・ラティーノのポロコートですが、この出会いを提供して頂いたのは、以前も少しご紹介致しました、南青山にあるTHE GENERAL STORESTOREさん。
THE GENERAL STORE①

取り扱うアイテム数は多くはありませんが、こだわりのアイテムを揃えており、特に伊勢丹に先駆け、日本で初めて取扱を開始したアンソニー・クレバリーは必見です。メーカーと直接取引をしているので、伊勢丹よりも安価ですし、英国靴の名門中の名門といった風格が漂います。
THE GENERAL STORE③

今回は数年前のキャリー品ということで、なんと定価が22万円(税別)!ここ数年でいっきに価格が跳ね上がったことが伺えますね。その定価から40%Offなうえ、更にMOREセールで10%Offだったので、スティレ・ラティーノのコートが12万円(税別)を切る価格で購入できたことになります。

他にもサファリ風ジャケットやチョークストライプのグレースーツなど、マイサイズがあったので”かなり”気になったのですが、さすがに予算が限界だったので、諦めました。2月までセールを継続しているかは不明(恐らく1月いっぱい?)ですが、気になる方は是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか。残り物には福があるかもしれませんよ!?笑。

The General Store
〒107-0062
東京都港区南青山5-3-10 フロムファーストビル 205
Tel:03-6427-9915
毎週火曜休






同じデザインディティールでも、ファブリック等によっては30万円は超えてしまいます、よね・・・。でもカッコいい!




Comment

クラシコ公務員 says... ""
わぉー

わぉわぉーー

がぉーーー………




(゜ロ゜)ハッ、驚き&素晴らしいアイテム過ぎて正気を失いかけてました笑


これ、凄まじく格好良いじゃないですか?!!

ディテールも抜群で、特に襟回りが見ててドキドキしました(*^^*)



いやぁ、やはり覗くとこぅなっちゃうんですね笑


でもでもほんと時が経てば経つほど勝手よかったアイテムになると思うので間違いない買い物ですね♪


「情報は足で稼ぐ」、そんな言葉が思い浮かんだ内容でした(^^ラティーノホシーノ
2015.02.07 10:55 | URL | #QjtTlS4. [edit]
elnegro says... ""
やっぱり大物でしたね!
背中を押す事に貢献?できたようで何よりです。(笑)

私もそもそもはダブルならポロコートがいいなと思っていました。
2013年のラルディーニは確かにポロコートの印象が残っています。

しかしOFF率もさることながら定価もキャリー品ならではのお得感がありますよね。
ラティーノは恐れ多くて試着すらしたことがないのですが、機会があれば是非着てみたいな〜と思いました。

いずれにしても素敵なオトナのコート、購入おめでとうございます。
コーデも楽しみにしていますね。
2015.02.07 11:25 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>クラシコ公務員さん
こんにちは!
コメント&お褒めいただき嬉しいです、ありがとうございます!

ほんと、今回は偶然以外の何ものでもない出会い、でしたが、必然!?とも思える満足度の高さを感じる事が出来、嬉しい限りでございます。しっかりと着込んで、末長く堪能したいと思います。

また、おっしゃる通り、こういった出会いがあるのも、リアル店舗に足を運んでみたからこそかもしれませんね。本当に足で稼いだ!?お得な出会いでございましたっ^_^
2015.02.08 01:06 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
こんにちは。
コメント頂き、また、スイッチを押して頂き、ありがとうございます!笑。

念願のポロコートですが、すごく扱いやすくて気に入っております。袖丈だけは、シーズン終了後に直そうかなと思っておりますが、ラティーノ、相当いいですよ!お値段は可愛くないですが、ぜひご試着されてみてください。きっと気づいたら、お会計が済んでいると思われます。笑。
2015.02.08 01:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/486-e8edb57b