<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

カントリーテイストを取り入れる!?

こんにちは!
本日は、先日家族で近くのカフェに行った際のコーディネートを取り上げたいと思います。

■ブリティッシュカントリーと言えば!?
さて、ブリティッシュカントリーと言えば、皆さんどんなアイテムを思い浮かべるでしょうか!?私は当然!?ながら、英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるBarbour(バブアー)がまずは思い浮かびます。

私も大学生の時に購入して以来、もう10年来の付き合いになりますが、代名詞的存在でもあるオイルドコットンのアイテムは、耐久性は抜群ですし、防風性も高い。その上、マスターピースということで、トレンドに流されず、長く着れるのもいいですよね。

乗馬用のビデイルは既に所有しておりますので、次に狙うなら、ハンティング用で、着丈が長めのビューフォートがいいなぁなどと思っています。



そして、インナーにはフェアアイル柄のニットなんか取り入れたい。ブランドはもちろん!?Jamieson's(ジャミーソンズ)。1893年に創業した、シェトランド諸島で最古のニットウェアメーカーですね。素朴で、ウォーム感あふれる表情がたまりませんね。


足元には、バブアーと同様にロイヤル・ワラントを授かっているTricker's(トリッカーズ)。この中でもカントリーコレクションの代表格であるMalton( モールトン M2508)を合わせたいところ。親父が履いておりましたが、とっても良い雰囲気でした。


他にも、ツイードジャケットやコーデュロイ素材なんかも、ブリティッシュカントリーテイストを想起させますよね。

とは言え、上記でご紹介したアイテムを、私が全て所有しているか、と言われると否。
ジャミーソンズのフェアアイル柄ニットは、昨年狙っておりましたが、予算切れで残念ながら届かず・・・。今ならSALEプライスで購入できますが、既に春夏アイテムも大分出ているので、今更なぁなどと悩んでいる日々です。

■タウンスーツとカントリースーツ
さて、そんな私の物欲の話は置いておいて、ブリティッシュカントリースタイルに話を戻しましょう。

そもそも、メンズファッション発祥の地、英国においては、スーツには大きく分けて2種類があったといいます。一つはタウンスーツ、もう一つはカントリースーツ。
※夜用のディナースーツ及びフォーマル用のスーツは省きました。

タウンスーツは、いわゆる”ビジネススタイル”としてのスーツをさし、色はネイビーまたはチャコールグレーといったダークカラースーツを言います。柄も無地またはピンストライプといったかなり抑えめな柄のスーツのことですね。

ちなみに、ドレスシャツは白と薄いブルーの無地が基本で、タイの柄も小紋、ストライプ、ペイズリー、水玉の4種類と、厳密に決められていたのだとか。もちろん靴の色もブラックのみがドレスコード。

ただ、現状は時代の流れもありますし、ドレスコードは大分緩和され、普段のスーツスタイルにもブラウン系のカラーの靴を合わせる人も増えたと言います。ただ、昨年英国旅行の時に撮影したスナップを公開した記事である「2014年版「ロンドン・メンズファッション SNAP」を公開!」を見ると、圧倒的にブラックカラーの靴を履いた紳士が多いですね。

一方のカントリースーツですが、ノーフォーク・ジャケットに代表されますように、王族や貴族が、都会を離れ自然豊かな田舎(カントリー)で、スポーツやハンティングなどを行う際に着用していたという、現代の言葉でいうのであれば、カジュアルなスーツのことをさします。従って、素材は代表的なツイードがまっさきにあげられると思いますし、フランネルもカントリー発のファブリックでしょうか。また、柄もハウンドトゥースやヘリンボーン、グレンチェックなどの柄物が並びます。

もちろん靴もブラウンカラーはカントリースタイルの代表的カラーですし、田舎は都会のように道が舗装されているわけではなかったので、悪路に活躍するブーツもカントリースタイルにあう靴ですね。更にメダリオンのついたフルグローブなんかもカントリー発のディティールだと言われて(諸説あります)おります。

さて、そんなライフスタイルに合わせたスーツも、時代、国が変われば当然、変化していくものですよね。日本の現代の生活シーンを考えると、様々なものがミックスされて、それぞれの”起源”というものは、当然のように意識されなくなってきていると思います。

ただ、起源を遡りますと、そこにはコーディネートの基本がそこにあるような気がしておりまして、アウターにバブアーを取り入れたのであれば、インナーにはツイード素材のジャケットを持ってきたり、靴にはカントリーブーツなんかを持ってきますと、案外すんなりまとまるから不思議です。

起源こそ、実はコーディネートの先生かもしれないな、などと思ったりもしております。

■週末には、カントリースタイルを意識して
ということで、週末の家族でのカフェタイムを、若干カントリースタイルを意識して過ごしましたので(笑)、ご紹介をして本日の記事を締めたいと思います。

カフェには、イザイアのドネガル”ツイード”のウィンドペンジャケット(42)、フィナモレのセルジオ(37:ブラウンギンガムチェック)、ベヴィラクアの”ツイード”ジレ(S:グリーン)、ヤコブ688(30)、パラブーツセリニャンというスタイルで行きました。
カントリースタイル2015AW_①
※172cm 59kg ウエスト76cm

ツイード素材をふんだんに!?取り入れることでカントリースタイルを意識しましたが、イザイアのドネガルツイードはシルクが混紡されているので、カントリーテイストながら、上品さもプラスされる気が致します。
カントリースタイル2015AW_④

アウターには、バブアーのビデイル(38)。私の体型なら、サイズは34くらいがベストフィットだと思われますが、大学生の頃には、ちょっと大きめサイジングが気分だったのでしょうか。ただ、若干大き目のため、ジャケットの丈が綺麗に収まるという嬉しい誤算もございました。笑。
カントリースタイル2015AW_②

デニムやツイードパンツ、コーデュロイパンツといったベーシックなスポーツ(カジュアル)パンツとの相性はやっぱり抜群かなと思います。足元のパラブーツのUチップブーツも、個人的には上品なブリティッシュカントリーを感じるような気がしておりまして、イイなぁと思っております。ただ、トリッカーズであれば、なおさらベストフィットかもしれませんね。
カントリースタイル2015AW_③

ということで、”起源”を意識して、ツイードジャケットやジレ、カントリーブーツというアイテムを取りいれた、rm55的解釈による、ちょっとしたカントリースタイルのご紹介でした。

スーツにバブアーというミックススタイルも良いですが、本来のアイテムの起源を大切にした着こなし、というのもそれはそれで魅力があります。是非皆さんも、そんなアイテムの起源を意識したコーディネートを楽しまれてみてはいかがでしょうかっ!?









Comment

Snji says... "スーツサプライについて"
はじめまして。最近インポートファッションに目覚めた20代の社会人です。いつも楽しく読ませて頂いています。今は無理ですが、僕もいつかはラティーノやイザイアを着たいと思っています。

ところで、最近スーツサプライというブランドを知ったのですが、ご存知でしょうか?もしご存知であれば、rm55さんの評価というか、感想を教えて下さい。よろしくお願いします。
2015.02.26 08:35 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: スーツサプライについて"
>Snjiさま
コメントありがとうございます!20代でインポートファッションに目覚めるとは、大変うらやましい限りです。私は色々回り道をして、現在ここにおりますので。(笑)

さて、スーツサプライですが、知っております、と言いますか、昨年イギリスはロンドンに旅行した際に、実際にShopに立ち寄っております。

正直何かを評価するほどの知見を持ち合わせておりませんので、感想ということで記載致します。
アイテムとしては、ファブリック自体は結構興味深いアイテムが多かったように思います。正直帰国するまではオランダのブランドとは知りませんでしたが(現地では英国ブランドだと勘違い)、イタリア的な雰囲気を持っている気がしました。

ただ、ユニクロなどと同じように、企画から生産、販売まで手掛ける方式で成長しておりますので、アイテムそのものの質と言う意味では、日本のセレクトShopオリジナルのアイテムの方が良い気がしました。ただ、着心地はそこそこ良かったように思います。

価格もだいぶ安かった記憶がありますし、Shopの雰囲気も若い人を意識した造りになっていたので、Snjiさんのようにお若ければ、見識を広める意味でも、柄などが気に入ればアリではないでしょうか!?

日本に上陸したら、結構話題になりそうだと感じましたよ。
もし購入されましたら、是非感想等コメント頂ければ嬉しいです!では、今後も宜しくお願い致します!
2015.02.26 22:02 | URL | #- [edit]
Snji says... ""
こんにちは。
先日はありがとうございました。結局スーツサプライのジレを購入してみました。正直、写真で見るより安っぽいなという印象はぬぐえませんが、価格を考えればしょうがないですね。ただ、個人的には気に入りましたので、これから使っていこうと思います。
2015.03.16 12:14 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>Snjiさん
こんにちは。コメントありがとうございます!
値段の高低に関わらず、気に入ったものが購入できるというのは嬉しいことですよね。色々なものを見てみる、ということもとても大切で、必ず今後にいきてくると思いますので、是非これからもいろんなブランドやアイテムを試して、ファッションを楽しんでまいりましょう!今後ともよろしくお願い致します!
2015.03.17 08:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/507-3ae027c5