<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ファッション・スタイルとマズローの欲求段階説!?

こんにちは!
本日は、ちょっと変わった切り口!?で、コラムをお送りしたいと思います。

■ファッションの目的!?
突然ですが、皆さんはなぜお洒落をするのでしょうか!?

the-question-mark-350168_640

この問いに対する回答こそ、きっと皆さんがファッションに求めるもの、つまり、ファッションの目的なのではないか!?と思うのですが、これが本日のテーマです。

まずは、私のファッションの履歴書を見てみましょう。(笑)
自分自身のファッションの歴史を遡っていくと、着るものを意識し始めたは、小学生4、5年生くらいだったように思います。

それまでは、親が準備したものを着ておりましたね。
ところが、小学生4、5年生くらいから、”自ら着るものを選ぶ”ということをし始めたわけです。

そして、小学生高学年、もしくは中学生の頃には、自分で着るものは、自分で選んで買う、ということをしていた気がします。もちろん自分で買う、といっても親に買ってもらっておりましたが。(笑)

そんな自分で着る服を選びだした小学生高学年から高校生くらいまでは、ファッションの目的といえば、「女の子にモテること」以外はありませんでした。(笑)今思えば、自分で着る服を、自ら選びだしたのも、きっと異性を意識し始めたからだろうと確信しております。

ところが、私も大学生になると、ちょっと様子が変わってきます。
仲良くなった友人らが、服好きだったため、その影響を受けてコム・デ・ギャルソン(COMME des GARÇONS)や、ヨウジヤマモトを一緒に着てファッションを楽しんだり、友人とともにバイクを購入してからは、ノースフェイスなどのアウトドアやスポーツブランドを着るなど、ライフスタイルにあわせてファッションが変化しました。

服が好きであったことは確かですが、「友人との”つながり”や”仲間意識”」を媒介するアイテムがファッションであった、ということが言えるようにも思います。

また、大学後半から社会人になってからは、ラグジュアリーブランドにも手を出していきました。いわゆるLOUIS VUITTONやPRADAやGucciなどのブランドことですね。きっと、「こんなブランド持っているんだ、着ているんだ、すごいでしょ!?」ということを、当時の私は言いたかったのではないかと思います。(笑)

インポートファッションに例えて言うのであれば、イザイアやラルディーニのアイコンをつけて、どうですか!?と言うような感じかもしれません。(笑)
ISAIA(イザイア)SAILOR ウール シルク ドネガルツイード ウィンドペーン 3Bシングルジャケット②

さらに、ここ最近はどうかと申しますと、より(職)人の手を介在したアイテムといいますか、服としての出来の良さ、素晴らしさを感じたい、という思いが強くなっております。

つまるところ、フラワーホールにブランドのアイコンはなくても構わないわけです。それよりも、ファッションアイテムとしての着心地の良さやファブリックの素晴らしさ、自らのスタイルに対して、「自分が満足できるのか」、ということが重要ですと。

■ファッション・スタイルとマズローの欲求段階説
では、このあたりでマズローの欲求段階説を見てみましょう。
皆さんも恐らく学校で習ったことがあるのではないでしょうか!?下記のような図で表すことができます。
maslows-hierarchy-of-needs
出典:ebookfan

上記の図で言うところの底辺では、より動物としての基本的な欲求を表しており、上位の階層に行くほど、より高次元の欲求に代わっていく、という例のアレですね。

上述したように、自分自身のファッションの目的を振り返ってみますと、ある時このマズローの欲求段階説の通り!?、下から上に徐々に上がっていっているな、とふと思ったわけです。

それこそ、小学生から高校生までは、「女の子にモテるために、着飾る!」ということで、「生理的欲求」。(笑)

大学生になると、「仲間との一体感、連携感を感じたい!?」ということで、「社会的欲求」。

大学生から社会人になってからは、「ラグジュアリーなブランド持ってるよ、すごい!?」ということで、「尊敬、評価の欲求」。

そして今は、「ファッションアイテムとしての着心地の良さやファブリックの素晴らしさ、自らのスタイルに対して、自分が満足できるのか!?」ということで、「自己実現欲求」。

ちなみに、「自己実現」の更に上位階層にある「自己超越」とは、最近新たに付加された段階のようで、「目的の遂行や達成”のみ”を純粋に求める。見返りはいらないよ。」という、いわゆる仙人の領域だそうですよ。

なかなかこういった切り口でのファッション論!?と言うのは見たことがなかったですし、ふと思いつきで考えたことではありますが、新鮮でしたので記事にしてみました。いかがでしたでしょうか!?(笑)

まぁ、かく言う私も常に「自己実現欲求」の階層にいるわけではなく、女の子にモテたい一心で、最下層の「生理的欲求」に飛んで戻ることもございますから(笑)、上位階層に行けば”すごい!””偉い!”といった類のものではございませんね。恐らく、「自己超越」なる仙人の領域には、一生かかっても到達できないかもしれません。笑。

さて、皆さんの”本日の”ファッションの目的はどこに当てはまりますかっ!?
たまにはそんなことを考えてみるのも、面白いかもしません。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/513-297ee4fb