<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

BOGLIOLI DOVER(ボリオリ ドーヴァー)コットンジレ×ビジネススタイル!

こんにちは!
本日は、コチラで購入をご紹介致しました、BOGLIOLI DOVER(ボリオリ ドーヴァー)のコットンジレを使ったビジネススタイルをご紹介したいと思います。

■カーディガン(ニット)派!? or ジレ派!?
さて、皆さんはスーツの下に着るのは「カーディガン派」でしょうか、それとも「ジレ派」でしょうか!?

ちなみに前にも書きましたが、ジレはフランス語ですね。アメリカではベスト(米語)と言い、英国(英語)ではウェストコートと言います。ただ、ウェストコートは本来スリーピースの際に使われる、ジャケットやパンツと同素材のベストを指しますので、ジャケットなどとは異なる生地であれば、オッド・ベストと言うほうが正しいですね。

オッド・ベストとは「対ではない、ベスト」という意味(※)ですので、今回のようにスリーピースのスーツではなく、後から購入した、異なる生地のものであれば、「オッド・ベスト」になるわけです。ごくたまにジレやベスト、ウェストコートの違いをご質問頂く方がいらっしゃいますので、念のため記載しておきます。
※オッドそのものは、片切れの、奇数などという意味

ちなみに本Blogでは、特に断りのない限り、スーツとの生地の違いの有無に関わらず、基本的には「ジレ」という呼称で統一しています。

話しを元に戻しますと、私は、スーツの場合はカーディガンを着ることが多く、ジャケパンスタイルだとジレを用いることが多いのが現状です。本来スーツはスリーピース(ジャケット、ジレ、パンツ)が基本であることを考えると、逆じゃない!?と思われる方が多いと思います。

確かにそうなのですが、スリーピースのスーツはもちろんスリーピースで着用しておりますが、所有しているジレの柄や素材感などが、若干スポーティ(カジュアル)なものが多いのですよね。従って、私の所有しているジレですと、スーツよりもジャケパンスタイルの方がフィットする、というのが主な理由です。

正統な、クラシックな着こなしをされたい方であれば、スーツ、パンツと同素材のジレでスリーピースな着こなしをされるのが良いとは思いますが、日本におけるビジネスであれば、特に厳格なドレスコードはないように思います。

従って、どちらが正解、正しいというものはなく、TPOやその方の好みの問題なのかもしれませんね。

■アズーロエマローネな、ビジネスでのジレ使い
さて、本日はアズーロエマローネなカラーコーディネートを2パターンほどご紹介しておきます。前にも記載致しましたが、アズーロとはイタリア語で空色を意味し、マローネは、栗のような茶を意味します。つまり、ブルー(ネイビー)×ブラウンのカラーコーディネートということですね。

では行きましょう。まずはAWなスーツと合わせてみました。スーツは、カルロ・バルベラ製のファブリックを使ったリングヂャケットのウィンドペンスーツ(42)、ネクタイは、コチラでご紹介したジュスト・ビスポークのサキソニーウールソリッドタイ、靴は、エンツォ・ボナフェのダブルモンクストラップ(スエード)です。
BOGLIOLI DOVER(ボリオリ ドーヴァー) コットンジレ×ビジネススタイル①

本来であれば、季節ならではの素材感で統一するのが個人的には好みなのですが、通年使えるコットン素材であれば、こんな使い方をするのもアリかもしれませんね。
BOGLIOLI DOVER(ボリオリ ドーヴァー) コットンジレ×ビジネススタイル②

こちらはガイオラのホップサックスーツ(42)に、ジュスト・ビスポークのタイ、J.M.Westonのストレートチップ(ブラックカーフ)を合わせています。靴はマローネを意識しても良かったのですが、最近はブラックが気分です。(笑)
BOGLIOLI DOVER(ボリオリ ドーヴァー) コットンジレ×ビジネススタイル③

ダークネイビー×ブラウンに、グレーのソリッドタイとフランコバッシのペイズリーチーフ。とってもシンプルですが、ビジネスでは、奇をてらうことのない、シンプルなスタイルも良いものです。
BOGLIOLI DOVER(ボリオリ ドーヴァー) コットンジレ×ビジネススタイル④

なお、ジャケットを脱ぐとこんな着用イメージです。肩幅がラルディーニに比べるとないので、多少ドレッシーな印象になる気も致します。脇のシルエットなんかは正直ラルディーニの方が好みかな、という感じもありますが、バックベルトで絞れば調整できますし、価格を考えば満足のいくお買い物だったと思います!
BOGLIOLI DOVER(ボリオリ ドーヴァー) コットンジレ×ビジネススタイル⑤

ということで、冒頭の質問でカーディガン派だった皆さま、今年の春はこんなジレを取り入れたスーツスタイルなんかいかがでしょうか!?カーディガンに比べると、ちょっと背筋が伸びるような感覚もございますし、いつもとはちょっと異なる気分を味わえるのではいかと思いますよ。

次回は、もう少しカジュアルよりのビジネススタイルにボリオリのジレを取り入れたスタイルをご紹介したいと思います。






Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/521-969e0cd6