<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

2015年、ジャケットを買うならウインドペン!?

こんにちは!
本日は、今季の注目柄!?である「ウィンドペン」がテーマです。

少し前から、当Blogに「ウインドペン スーツ」「ウインドペンジャケット ビジネス」といったキーワードでアクセス頂く方が増えてきております。昨年はほとんど見かけなかったので、勝手に今季は注目されている方が多いのかな?と解釈しております。私が昨年購入したジャケットやスーツは、ほとんど「ウインドペン」だったですし、「ウインドペン」好きからすると、とても嬉しく思います。

ただ、日本のビジネスにおいてメジャーな柄か、と言われると、感覚論ではありますが、あまりメジャーではない、いや、むしろマイナーな存在のようにも感じてしまいます。

今までも、当Blogでは「ウインドペン柄」をスーツやジャケットに取り入れるご提案を積極的に行ってまいりましたが、今年はなんだか流れがキテいるようですので(笑)、改めてとりあげてみたいと思います。

■ウインドペンスタイル
昨年の9月に「英国紳士を目指すなら、スーツはやっぱりウィンドペン!?」と題して、カルロ・バルベラ製のファブリックを使った、リングヂャケットのウインドペンスーツをご紹介した記事も書きましたが、ウインドペンは英国古来の伝統柄です。

クラシックな柄ということもあり、色や素材によっては重厚感、貫禄が出て参りますが、明るめのトーンであれば、若々しい!?雰囲気で着こなすことも可能だと思っております。

下記は、カルロ・バルベラ製のファブリックを使った、リングヂャケットのウインドペンスーツ(42)、ナポリ製のリングヂャケットオリジナルシャツ(37)、AD56ニットタイ、エドワード・グリーンのチェルシーです。スーツですと、カラートーンが明る過ぎると派手になりますので、ある程度ダークトーンの方が着やすいと思っております。
RING JACKET(リングヂャケット)CARLO BARBERA (カルロ バルベラ )フランネル ウィンドペンスーツ_着用イメージ①
※172cm 59kg ウエスト76cm

下記はスティレ・ラティーノの格子柄が二つ重なったダブルウインドペン(42)。これにBEAMS Fのシャツ(37)、ルイジボレッリのシルク小紋柄タイ、ラルディーニのジャカードジレ(44)、インコテックスのフランネルパンツ(44:30モデル)、エドワードグリーンのピカデリーといったコーディネートですが、渋すぎず、30代の人間が着ても違和感はないように思います。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_ドレスコーデ⑤

先日もご紹介したボリオリのリネンジャケット。最初は同じ柄のブルーが欲しかったのですが、完売していたため、今季のトレンドの一つであるボルドーをセール価格で購入した経緯がありました。
BOGLIOLI DOVER(ボリオリドーヴァー)リネン ウィンドウペン 3Bシングルジャケット_ビジネスコーデ③

ちなみに、昨年も売れ行きが良かったからでしょうか。タリアトーレで昨年展開していたブルー系のダブルウインドペンジャケットが、同じ柄で今年も登場しておりました。ただ、昨年も販売直後から完売していたShopも多かったですが、今年も引き続き人気のようで既にサイズ欠けが多いようです。


※上記はまだ44以外は残っている(執筆時)ようです。

また、今年も昨年に引き続き、明るめのトーンのブルーは人気のようで、ISAIAのライトブルーのダブルウィンドペンもカッコいい。


ちょっと派手ですが、ジャケットで遊ぶなら、このくらいのトーンも爽やかで良いと思います。シルクにメランジネップのホップサックという、昨今のトレンドを踏まれたファブリックですね。
ISAIA(イザイア)SAILOR シルク メランジ ネップ ホップサック ウィンドウペーン_2015

ちなみに昨年の秋冬はISAIAのドネガルツイードのウィンドペン(42)を購入しましたが、オン、オフともに大活躍でした。ベースカラーがブラウンですので、結構着回しもできましたよ。
ISAIA(イザイア) SAILOR ウール シルク ドネガルツイード ウィンドペーン 3Bシングルジャケット_コーデ④

なお、春夏のウィンドペンでは数年前に購入した、ボリオリのシルク混のダブルブレストを所有しております。こちらはカジュアルに使うことが多いジャケットですが、一時期大変気に入っており、着回していたためクリーニングにも大分出しました。その影響か、なんだか若干サイズが変わったようにも思いますので、手放しても良いかな、などと思っております。
BOGLIOLI(ボリオリ)のドーヴァー 6Bダブルブレストジャケット

ラルディーニの大型な格子柄もダブルブレストですが、こちらはサイズ感も良く、リネンコットン素材のため、経年変化も期待できそうな1着です。今年の春夏も活躍してくれると思っております。
LARDINI (ラルディーニ) のダブルブレスト6Bジャケット

ということで、スーツから、ジャケパンスタイルといったビジネス仕様から、デニムやカーゴ、ホワイトデニムに合わせるといったカジュアルスタイルまで、AW、SSアイテムが混在しておりましたが、ウィンドペンを取り入れたスタイルをいっきにご紹介させて頂きました。

rm55に着れるなら、自分も着れるかな!?と思って頂けたら嬉しいです。
周りの友人でも、ウィンドペンとなるとハードルが高い、と思われる方がいらっしゃるのですが、ご覧頂きました通り、様々なスタイルに”気軽に”取り入れることのできる柄です。

今季のトレンドはストライプですが、ウィンドペンはトレンドに流されることなく、長きに渡って紳士に愛されてきたトラディショナルな柄ですので、是非、今年の初夏は、ウィンドペンスーツやジャケットを取り入れて、ブリティッシュ・ジェントルマンな気分を楽しんでみられてはいかがでしょうかっ!?(笑)






個人的には、ビジネスで使うならカルロ・バルベラのファブリックを使ったリングヂャケットさんのマイスターモデルが、かなりお勧め。生地が上質であることはもちろんですが、着心地に影響のある箇所をハンドソーンで仕上げたマイスターモデルはかなり良いですよ。


そして、オフ・オフいけそうなのが、ガイオラのブルーグレーベースに、ネイビーのペーンが入ったジャケット。カッコいいですね、このウィンドペン。


また、ロロピアーナの三者混(ウール×シルク×リネン)ファブリックを使った、リングヂャケット製のダブルウィンドペンジャケットは、相当にカッコいい。実物も見ましたが、艶感といい、渋いグリーンのカラーリングにかなり惹かれました。
リングヂャケットダブルウィンドペン_グリーン2015

北陸の先輩ブロガーさんも、ガイオラの同じような雰囲気のジャケットを爽やかに着こなしておられましたね。今SSのタリアトーレのジャケットの中では、気になる1着です。


Comment

tk0618 says... ""
お久しぶりです。いつも見てます。シャノンさんでのスミズーラ、興味深く拝見させて頂きました。ウィンドーペーンいいですよね。lbm1911、FRYシリーズでインディゴ調のウィンドーペーンジャケットがあるので気になってます。あとは今季はボーダーも気になりますよね。
2015.03.25 09:03 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>tk0618さま
コメントありがとうございます!
ご無沙汰しておりました、いつも稚拙なブログをご覧頂き、ありがとうございます!
スミズーラ、出来上がるのがとても楽しみです!このあたりは経験を重ねてみないとなかなか分からないこともあるかと思いますので、まずは1年に1着程度からスタートしたいなと思っております。笑。

lbm1911のインディゴ調のウィンドーペーンジャケットはチェックしておりませんでした。インディゴは定番ながらも今期注目のアイテムですね。私はSS分のジャケット予算は既にないので、ニットジャケットあたりを狙っております。

もうラルディーニのストライプは購入されましたか?結構カッコ良かったのですが、気になる頃にはどのShopからもサイズがなくなっており、驚きました。当初の予想よりモデルのが早かったです。

ボーダーと言えば、先日レミレリーフのボーダースウェットパンツの購入を悩みましたが、悩んでいるうちにマイサイズが完売しておりました。笑。フレンチエッセンスを加えるのにもボーダーは良さそうですね。今季ももう1本デニムを購入したので、そのデニムにあわせて王道のセントジェームスあたりを行ってみても良いかもしれません^^
2015.03.25 22:19 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/535-98b995bf