<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)を購入!

こんにちは!
本日は、以前購入をご紹介させて頂き、大きな反響を頂いたアイテムの一つである、Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のドディチ・ピエゲ仕様のシルクタイをご紹介したいと思います。

■南青山のセレクトShop、Sharon(シャロン)さんでないと買えない!?
さて、今月初旬に「Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)DRAPERS サキソニーウールソリッドタイを購入!」という記事でご紹介させて頂いた、フィレンツェの新進気鋭のサルトである、Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)。

こちらの「12折り」仕上げ、イタリア語で言うところの「ドディチ・ピエゲ」のネクタイが、すごい反響です!?当ブログ上においても、皆さんがご興味を持たれていることは十分分かったのですが、先日シャロンさんに短時間ですが訪問したところ、マネージャのD氏から、Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のネクタイに関するお問い合わせ電話やメールが結構あったと伺いました。

ネクタイと言えど、1本3万円前後もするという、とても高価なネクタイですが、使われている生地や仕様、生産工程なんかを考慮すると、逆にそのコストパフォーマンスの良さを感じることができるアイテムです。
※シャロンさんの企業努力も多分にあると思います。

本ブログを長らくお読み頂いている読者様であれば、ご存知のことと思いますが、私はネクタイといえば「ルイジ・ボレッリ」というほど、その締めやすさと、締める際の心地良さに惚れております。従いまして、一時期は他のネクタイに行けないのではないか、という不安があったほど。(笑)が、見て、触った瞬間にこれは素晴らしい!と個人的に思えたネクタイが、ジュスト・ビスポークでした。

私は子供が生まれてからと言うもの、週末にゆっくりセレクトShopへ訪問することがほとんどできなくなってしまいました。従いまして、仕事の打ち合わせの合間や、代休などをとった日に訪問するのがやっとで、それ以外はほとんどネットのセレクトShopにお世話になっております。

一時期は相当Web上を調べていたこともございましたので、ネットのセレクトShopも、そこそこは存知あげているつもりではございますが、このジュスト・ビスポークの取扱がありますのは、私の知る限りシャロンさんだけ。

ですから、春物が入荷するという情報を頂いた時は、1日もはやく訪れたい、という想い駆られ、大変だったわけです。(笑)幸い、入荷のご連絡を頂いてから、週末を挟んだ翌週に、打ち合わせの合間時間30分ほどを使って訪問。早速新作を見てきたわけです。

ところがです!

訪問してみると、既に数種類しか残っていないではありませんかっ。そもそも使われている生地の入手が難しく、ハンドワークを駆使しているがために、入荷する本数も1種類につき1、2本。。
※シルク系タイは、ジュスト・ビスポークが保管しているファブリックを使い、ウール系タイは、シャロンさんが特別にオーダーをしている、ドラッパーズのトップラインのファブリックを使用しているそうです。

どうやら私が訪問できなかった週末に既存の顧客さんが購入されていかれたのと、WebのShopニュースに出た春物入荷のご連絡を見た方が、お電話でお問い合わせなどをして購入されたのだとかっ。これには大変驚きました!

今の時代、ここで買い逃しでも、他でもセレクトしているから、という勝手な思い込みで購入を見送ることが当たり前になっている中で、「ここでしか買えない」というブランド、そしてアイテムに出会うこと自体が”稀”でございます。

ジュスト・ビスポークのネクタイも、そんな貴重なアイテムの一つなのかもしれませんね。

ということで、奇跡的に残っていたうちの1本を購入しましたので、ご紹介したいと思います。今季狙っていた、ネイビーベースのネクタイです。

■Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイをご紹介
では、実物をご下さい。
購入したのは、こんなベーシックでクラシカルなネイビーベースの小紋柄のシルクタイ。今年は、スーツなどのドレス系アイテムに力を入れたい、なんてお話を差し上げておりましたが、このシルクタイもその一環です。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ①

このシルクの艶感と、柔らかい感じが伝わりますでしょうか。
ベーシックなアイテムであればあるほど、"質"の良さが重要になってくるのでは!?と、最近は特に感じております。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ②

ネーム(ブランドタグ)と閂留めもハンド仕上げですね。マシンで精緻に仕上げてしまうと"遊び"がなくなってしまい、締めたり、ほどいたりするネクタイとの相性はよくありませんね。この独特の”ゆるさ”は、機能的にも重要だったりするのだと思います。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ③

ジュストのタイの特徴でもある、大剣裏のボタン。
今回は「SHARON」という文字刻印されており、シャロンさんが独自に発注されていることを伺い知ることができます。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ④

もちろん釦を開けると、ドディチ・ピエゲが顔をだします。
しかし、このシルク、非常に軽くて、気持ち良いんです。こんなファブリックと出会えること自体に幸せを感じてしまいます。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ⑤

今回は、小剣を開くと、しっかりと折り畳まれていることを確認することができました。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ⑥

数年前であれば、ネクタイに1万円以上出す、ということに抵抗感があった私ですが、人間変わるものです。(笑)今年は、購入アイテムは少なくても、本当に良いと思えるものに投資する、というのも買い物コンセプト!?の1つでありますから、このシルクの風合いには大満足です。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ⑦

小剣を通すループももちろんハンド仕上げ。この写真だけでもふっくら感が伝わりますでしょうかっ!?
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ⑧

なお、既にガイオラのホップサックスーツとともに、デビュー済みですが、締めやすく、締める感覚も気持ち良いのですが、締めているだけで、思わず仕事に力が入る、という嬉しい!?副次的効果もございました。(笑)

また着用イメージはこちらも近日中にご紹介させて頂きます。

なお、シャロンさんでは、あまりの反響の大きさに、追加発注をご検討されているようです。ただ、ものによっては生地がないので、再入荷は難しいかもしれないというような趣旨のコメントもございました。

ジュスト・ビスポークのネクタイが気になる方は、問い合わせをされることをおススメ致します。

Sharon(シャロン)
Mail:info@sharon-shop.jp
Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)
※Web問い合わせの方は、コチラ




Comment

elnegro says... ""
今回のタイも素敵ですね〜。
今年は花小紋柄の提案が多いので私も1本欲しいなと思っています。

しかし反響の大きさには驚きます!
価格は高くても皆さん良いものを探されているということなんでしょうか。

3万はなかなかのハードルですが(汗)、一度現物を見てみたいです。

あと先日の南部鉄器のポット。
どこかで見たなと思っていたのですが、私が大好きな天現寺のアンビグラムというイタリアンのお店で使われているのを思い出しました。

自宅用はもちろん贈答品として最適そうですよね。
かなり気になっています。(笑)
2015.03.29 11:55 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
こんばんはっ。コメントありがとうございます!
私も正直かなり驚いたのですが、やはりドディチ・ピエゲ仕様でファブリックも凝ったネクタイで3万円と言う、価値と価格のバランスが非常に良い、という点が皆様に評価されたのかなと解釈しております。争奪戦になってしまってもアレなので、来期からは事前予約も受け付けてもらえなか、相談してみます。笑。実物をみたら、きっとelnegroさんさんもお気に召すとおもいますよ!

南部鉄器のポットも気に入って頂けたようで嬉しいです!天現寺のアンビグラムは存知あげなかったですが、elnegroさん御用達であれば、間違いなさそうですね。子供が小さいと難しそうですが、友人と是非訪問したいです。ちなみに天現寺は美味しい焼き肉屋しか知りません。笑。

また、アンシャンテのカラーポットですが、六本木ヒルズのメゾン ドゥ ファミーユや銀座のドーバー・ストリート・ギンザ・コムでギャルソンのビルにあるローズベーカリーでも一部取り扱いがありました(ただし、銀座価格)ので、色々見られるのも良いかもしれません。ちなみにメゾン ドゥ ファミーユの方が種類は豊富ですし、茶葉も販売しているので、おススメです^^
2015.03.29 22:36 | URL | #- [edit]
elnegro says... ""
度々失礼します。

メゾン ドゥ ファミーユ、是非今度行ってみたいと思います。
六本木は年に数回しか行きませんが、行く時はだいたいアンビグラムのついでです。(笑)

ちなみにアンビグラムさんは子供可だったと思います。
夜はやや厳しいかもしれませんが、土曜のランチなら大丈夫かと。
# 確認してもらった方が良いとは思いますが、サービスはしっかりしていますしおススメですよ。

あの辺は焼き肉屋さん多いですよね。
私は年齢のせいか最近は年に数回程度しか焼き肉に行かなくなりました。。
なんかちょっと悲しいです。(笑)
2015.03.29 23:09 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
おはようございます。コメントありがとうございます!
六本木はいかれない方は確かに行かない街ですよね。私は打ち合わせ等で頻繁に訪問しますが、あまり詳しくはないです。時間によっては、打ち合わせの帰りにアンビグラムさんに訪問するのもありですね。笑。

確かに焼肉屋、というのは最近子供が小さいこともありますが、あまり行かないですね。魚や野菜が好きになった自分を振り返り、大人になった(年をとった)と思う今日この頃です。。
2015.03.31 09:19 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/539-070dec7f