<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

J.CREW(ジェイクルー)のヘンリーネックTシャツを購入!

こんにちは。
本日は、アメカジ的なアイテムを衝動買いしてしまいましたので、ご紹介したいと思います。

購入したのは、アメリカのカジュアルウェアブランド、J.CREW(ジェイクルー)のヘンリーネックTシャツです。

■J.CREW(ジェイクルー)とは
ご存知ではない方もいらっしゃるかもしれないので、簡単にご紹介を。

ジェイクルーの元は、1983年に通信販売カタログの会社として設立されたという経緯がございます。その6年後の1989年には小売ビジネスへと参入し、順調に店舗数を拡大。アメリカのみならず、ヨーロッパやアジア、また一時期は日本でも店舗展開をするなど、とても勢いが”あった”アメリカのカジュアルウェアブランドです。

私は今までのファッション人生において、ジェイクルーに興味をもったことがなく、ほとんど店舗にも行ったことはありませんでした。記憶を紐解くと、一度アウトレットモールにおいてベージュのコットンジャケットを大学生か社会人になってすぐの頃に購入したことがあったように記憶しておりますが、その後は接点がなく、知らないうちに業績不振により日本から撤退(2009年1月)しておりました。

そんな業績不振なブランドであったジェイクルーですが、ジェナ・ライオンズという女性の敏腕クリエイティブ・ディレクターが就任した2008年以降、ヒップなプレッピー・ブランドにリブランディングし、快進撃を開始します!一時期は本国でさえ倒産の危機に瀕していたというのに、今や売上を大きく伸ばし、業界でも注目のブランドなのだとか。

テイストとしては、公式サイトをご覧頂くとお分かり頂けると思いますが、ありがちなガチのアメリカン・カジュアルではなく、トレンドを踏まえたスタイリッシュさが加わった大人っぽさがあるのが特徴です。スーツなんかも、アメリカ特有のボックス型シルエットではなく、ラペル幅は細めで、パンツもタイト目と、今のトレンドを上手くとらえながら、アメリカらしさを再解釈し直している気が致します。
Jcrew_HP
※公式サイトより拝借しました。

ただ、単に綺麗め、スタイリッシュというのではなく、どこか、アメリカらしさ、を残しているのが大きな躍進のポイントにも思うのです。やはり、服を見ただけで、どこの国のブランドだかわかる、どのブランドであるかが分かる、というのは、長らくブランドが存在する要素としても重要な気が致します。

そんなジェイクルーですが、積極的に外部のブランドとコラボレーションを行っておりまして、ニューバランスなんかはその一例。私も、注目し出したのは、そんなコラボレーションアイテムを見かけるようになったから、と言うのが正直なところなんです。

■衝動買い
さて、そんなジェイクルーと私、rm55とは突然出会うわけです。
先日、「アメリカを着たい気分なんです。」などと、申し上げておりましたが、アメトラやアメカジをイタリアを中心としたインポートファッションにミックスしたり、アメカジオンリーで着たいのが今年の気分でございます。

そのような中で、週末に家族で古着屋に寄ったことがございまして、幸い娘がベビーカーで寝ていたものですからゆっくりと店内を見る中で出会ったのが、本日ご紹介するアイテムでした。

そのShopはオーナーさんが定期的にアメリカに買い付けに行かれているそうなので、新品と古着とが混在しているアイテム構成であったのですが、RRLやラルフ・ローレン、ブルックス・ブラザーズ、ジェイクルーなどを扱っており、小さいながらも私の今の気分にグッと刺さるアイテム構成でした。

そのような中で、店主であるオーナーさんが最近の買い付け品として店の奥から出してきたのが、思わず衝動買いしてしまった、アイテムなんです。

■実物のご紹介
では、実物をご覧ください。
購入したのは、こんな風合いのアイテムでした。

霜降りのように白い糸をミックスした、インディゴブルーのヘンリーネックTシャツ。釦がアルミボタン、というのも、ボタン好きの私の心を動かした一因です。(笑)
J.CREW(ジェイクルー)のヘンリーネックTシャツ①

ロングスリーブですので、春先から活用できるということで、既にデビュー済みです。
J.CREW(ジェイクルー)のヘンリーネックTシャツ②

まず生地を触って驚いたのですが、非常に柔らかくて、気持ち良いのです。コットン100%であることもポイントですね。
J.CREW(ジェイクルー)のヘンリーネックTシャツ②

MADE IN CAINAですが、世界の工場恐るべし。価格は、5300円(税込)程度と、比較的手ごろなお値段ながら、シルエットもアメリカブランドにしては細身で、日本人にもフィットするサイズ感も購入を意識したポイントです。
J.CREW(ジェイクルー)のヘンリーネックTシャツ③

リブの伸縮、形状も良く、まったくの予定外でしたが、思わず購入してしまいました。
こちらはインポート系と合わせる、といった使い方よりも、先日購入をご紹介したRRLのデニムなどと合わせて、”普通に”アメカジを楽しみたいと思っております。
J.CREW(ジェイクルー)のヘンリーネックTシャツ④

ということで、本Blogの読者様の層を考えると、ちょっとギャップがありそうなブランドで申し訳ないですが!?、アメリカンカジュアルブランドのアイテム紹介でした。

パパさんであれば、もしかしたら、こんなアイテムが着たくなる”気分”にご共感頂けるかもしれません。(笑)





イタリア系ブランドであれば、チルコロのヘンリーなんかは、若干アメカジ的要素を感じられそうな気が致します。



是非、店頭でもチェックしたい一品ですね。
チルコロ1901/CIRCOLO1901/CネックTシャツ/送料無料

チルコロ1901/CIRCOLO1901/CネックTシャツ/送料無料
価格:10,800円(税込、送料込)



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/540-2b83ba53