<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

季節が感じられる部屋:LSA international フラワーベース

こんにちは!
今日から4月ですね~。早いものでもう1年の1/4が終わってしまいました。。

3月は、昨年から仕込んでいた大きな仕事の結果が2つ出たのですが、もっとも自信があった案件の結果が思うような結果とならず、正直かなり凹んでおりました。。なかなか人生うまくはいかないものですね。

とは言え、終わってしまったものを気にし過ぎてもしょうがないので、そこから学ぶべきことを学び、また前を向いて進んでいきたいと思っております。

さて、珍しく仕事の小言をはさんでスタートした4月の記事ですが、4月と言えばたくさんの新社会人が生まれる季節でもありますね。新社会人の皆さん(読者様でいらっしゃるか不明ですが・・・)、おめでとうございます~!(笑)仕事を始めて10年以上経つ私でも、なかなかうまくコトが進まないことも多いですので、皆さまも失敗にもへこたれず、是非チャレンジ精神をもって日本を盛り上げていってくださいっ!

昨年の4月1日はエイプリルフールに絡めて「PATEKPHILIPPE(パテックフィリップ) ノーチラス(5711/1A-010)を購入!?」という記事でご迷惑!?をおかけしましたので(笑)、今年は新社会人、新生活を始められる方への応援メッセージから入ってみました。(笑)

■サクラの季節
4月といえば上述したように、”新生活”というキーワードが企業の販促キャンペーンを賑わせる時期でもありますが、同時に”サクラ(花見)”の季節でもあるわけです。朝のニュース番組でも、少し前にはサクラの開花予報なるコーナーがよく見られました。

3月の最終週と、この4月の最初の週末は、関東近辺ではサクラが見ごろを迎える時期。サクラの名所付近にある飲食店やコンビニではかき入れ時ということで、これから大忙しだと思います。私も今年は2歳の娘を連れて、目黒川のサクラでも見に行きたいなと考えておりますよ。

ところで、私は数ある花の中でも、一番好きなのが”サクラ”です。
なんとも言えない、淡いピンク色が、いかにも「日本の花」というように感じられ、”奥ゆかしい感じ”が致しますし、満開の瞬間を一瞬しか見ることができないという”儚さ”、そして散りゆく姿もこれまた美しいということも、風情があって良いなと思うわけでございます。

そんなサクラですが、今年は是非室内でも楽しもう!?ということで、先日知人を招いてホームパーティをした際に、近くのフラワーショップでサクラを枝ごと購入してまいりました。といっても花が好きな嫁さんが見立ててきたものですが・・・。

以前、リサ・ラーソンの陶器の置物をご紹介したコチラの記事でも少し記載致しましたが、四季がはっきりとある日本に住んでいるのだからこそ、その時々の季節を楽しんでいきたい。そして、季節を室内に取り入れ、客人をもてなす心を忘れないようにしたと思っておりました。

ということで、少しばかりのサクラですが、飾ってみたのでご紹介したいと思います。

■LSA internationalのフラワーベース
本当はサクラの時期にホームパーティをしたかったのですが、いかんせん子供などがおりますと、習い事やらなんやらで、親の都合を付けるのも一苦労。ということで、サクラの時期よりも少しばかり早い時期でのホームパーティとなりましたので、季節を感じて頂くべく、ちょこっと飾ってみました。
LSA international フラワーベース①

まだつぼみのものもございますので、若干寂しさはありますが、淡いピンクのカラーに心が踊ります!?と言いましても、本日のテーマは、”サクラ”そのものではなく、実はその”サクラ”の枝を入れてある、フラワーベースが主役だったりするのです・・・。
LSA international フラワーベース②

奥に見えるフラワーベースは、ロンドンで設立されたブランドであるLSA internationalのもの。もう4、5年前に購入したものですが、ハンドメイドのフラワーベースで、シンプルでいて、美しいフォルムが特徴です。
LSA international フラワーベース③

フラワーベースってピンキリですが、それなりの価格以上になりますと、やはりガラスの質が違います。透明感があって、気泡などが少ない透明度の高いガラスです。職人のハンドメイドということで、工業製品としての冷たさはなく、どこか人の手のぬくもりを感じられる雰囲気です。
LSA international フラワーベース④

私が使っているものが、高さ28cm程度です。リビングに置いて、枝物なんかも入れるのであれば、部屋の大きさにもよりますが、30cm前後あると映えるので良いと思います。花粉の時期は、ユーカリを束で活けておくと、花粉症対策にもなります(噂)し、グリーンが室内にあるというのは落ち着くのでおススメですよ。



背の低いベースもあると、下記のようにちょっと花を活けるのに便利。私はこだわりたかったのですが、嫁さんはこだわる必要なし、とのことで、自分で適度な値段の背の低いベースを購入してきておりました。笑。


私はシンプルなガラスのみのベースが好みですが、こんなウッドが入ったものやカラー付きのものなど、ガラスウェアは豊富にありますので、気になる方はチェックされてみてはいかがでしょうか。


ということで、外部とは異なり、暖かい室内に飾っておりますので、この記事が出るころには緑の葉っぱが顔を出していると思いますが、それもまた春の到来を感じさせるので良いものです。

皆さまも是非、季節を室内にとりこんで、自然と対話する時間を生活に取り入れてみませんか!?
疲れきった!?脳と心を癒してくれるかもしれません。

ちなみに、個人的にはリビングに置く主役となれるフラワーベースであれば、良いものを購入することをおススメ致します!


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/542-cd21a565