<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

春は胸元に軽やかさを取り入れる!:Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)

こんにちは!
本日は、コチラでご紹介させて頂きました、自身2本目であるGiusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)の花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)の着用イメージをご紹介させて頂きます。

■良いネクタイの条件
以前、「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のネクタイは、なぜ締めやすいのか?:前半」、「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のネクタイは、なぜ締めやすいのか?:後半」という2本立ての記事において、ボレッリのネクタイの魅力について迫りました。
LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)リネンシルクシャドーヘリンボーンネクタイ⑥
※LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)リネンシルクシャドーヘリンボーンネクタイ

この記事の前半においては、”感覚的”に締めやすいと感じたボレッリのネクタイの生産工程やこだわりについて触れ、後半では一般的に言われるところの”良質なネクタイの条件”をあげた上で、ボレッリのネクタイが、その条件に対してどのような位置づけであるのかを検証していきました。

結論としては、やっぱりボレッリのネクタイは、一般的に言われる”良質なネクタイの条件”にも適合しているので、感覚論だけではなく、理論的にもその良質さが確認できました、という内容でしたね。

当然ながら!?Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のネクタイも、上記に挙げた”良質なネクタイの条件”に当てはまるのですが、自分が熱弁しておきながらなんでんすが、"良質なネクタイ"が必ずしも、その人にとって”良いネクタイである”とは言えないとも感じております。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)DRAPERS サキソニーウールソリッドタイ_着用イメージ②
※Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)DRAPERS サキソニーウールソリッドタイ

というのも、ファッションというのはどこまでいっても、理論やウンチクよりも、”見た目のカッコよさ”や”醸し出す雰囲気”がとても重要であると思っているからなのです。

どんなに”こだわり”と”想い”があって、”良質”なアイテムであったとしても、”カッコいい!””雰囲気が良い!”と思えなかったとしたら、それが好きなブランドであっても、きっと皆さんは購入はしないと思うのですよね。

逆に、知らないブランドであったり、多少質が良くなくても、見た目が”カッコ良かったり”、”着てみて雰囲気が良かったり”すると、思わず購入してしまうことってあったりしませんかっ!?笑。

何が言いたいのか、と申しますと、その人が”カッコいい!”と思えたり、”雰囲気が気に入った!”と思えることが、その人にとって"良いネクタイ"である、ということなんです。まぁ、当たり前ですね。

もちろんこれはネクタイだけに限らず、全てのファッションアイテムに言えることかもしれません。

LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)やGiusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)は、個人的に非常におススメのネクタイであることは間違いないですが、正直価格だけ取り上げれば安くはないですよね。数年前の私であれば、2万円、3万円もするネクタイを購入することは考えられませんでした。

決して高額であったり、評判の良いブランドのネクタイが、自分にとって良いネクタイである、ということではないと思っております。自分自身が本当にカッコいい!雰囲気が良い!と思えるネクタイと出会うことができ、お気に入りのネクタイを締めることで"仕事が頑張れたり”、”デートが楽しめる”といったことが本質的には大切だな、と思う今日この頃です。

■着用イメージのご紹介
さて、最近歳のせいか!?小言が増えてしまっておりますが、早速着用イメージをご紹介したいと思います。

まずは、デビューをさせた日のスタイルです。
ガイオラのホップサックスーツ(42:パンツウエストお直し済み)に、BEAMS Fのロンドンストライプシャツ(37)、アトリエF&Bのペイズリーチーフに、J.M.Westonのストレートチップです。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)_着用イメージ①
※172cm 59kg ウエスト76cm

いかがでしょうか?ノットのサイズ、ディンプルの造形、ふっくらとした生地の表情など、春らしい軽やかさを感じることのできるVゾーンではないかなと思っております。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)_着用イメージ③

釦を外すとこんな感じ。最近は小剣側を少しずらして見せるのが気分です。ちなみにBEAMS Fのロンドン・ストライプのシャツは2年前くらいにセールで購入しましたが、なかなか使えるの色違いも購入、、済みです。(笑)
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)_着用イメージ②

こちらは先日の出勤スタイル。リングジャケットのグレンチェック柄のダブルジャケット(42)に、BEAMS Fのシャツ(37:サックス)、インコテックスのトロピカルウールパンツ(44:J35・お直し済み)、フェランテのTICINOです。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)_着用イメージ④

ブラウンベースのスタイリングに、ネイビーカラーのシルクタイということで、アズーロ・エ・マローネなカラーコーディネート。通常ネイビーベースとすることが多いですが、今回は逆の比率のアズーロ・エ・マローネでした。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)_着用イメージ⑤

最後に下記の画像をご覧頂けますでしょうかっ!?
これがなんだか、お分かりになりますか!?
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)_着用後イメージ①

実はこれ、1日着用し、2~3時間ほどかけておいた直後の写真なんです。シワがほとんどないことが見て取れると思います。この恐ろしいまでの回復力がジュスト・ビスポークのすごさの一つ。私が所有するルイジ・ボレッリのどのネクタイでも、さすがにここまで短時間、かつこの状態までは回復しませんので、改めてジュスト・ビスポークのネクタイの魅力を実感した次第です。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)_着用後イメージ②

先日ご紹介させて頂き、思いがけず大変な反響を頂いたココン ディエチピエゲ(10回折り) Wフェイスツイルソリッドネクタイは、高密度に打ち込みされているシルクであることから、ハリ感や重厚感があるネクタイで、これはこれで非常に魅力的ですが、ジュスト・ビスポークの軽やかな表情を見せるシルクタイも春らしく、とても魅力のあるネクタイだと思います。

私が購入をした青山のセレクトShopであるシャロンさんではシルク系はほぼ完売状態だそうですが、ドラッパーズのスーツ等に使われるトップラインの生地を使った別注ネクタイなど、数種類は残っているようですので、気になる方はチェックされてみてください。
※シャロンさんのオンラインショップは、コチラ







ちなみに、ジュスト・ビスポーク以外でここまで軽やかさがだせるネクタイの代表格としてすぐ思い浮かぶのは、タイユアタイのセッテピエゲ仕様のネクタイ。特に、今季は下記のウール×シルク×リネンのタイの表情がとても良く、実物を見ましたが、かなり惹かれております。このSSはネクタイにはまりそうですね・・・。笑。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/547-2567a190