<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ダブルディンプルで華やかさをっ!?

こんにちは!
本日は、「ネクタイのディンプル」がテーマです。

■ディンプル!?ダブルディンプル!?
ダブルディンプルというと「?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、先日ISAIAのシルクタイをご紹介した際に、少し触れておりました。言葉のとおり、ディンプル(くぼみ)を二つ作るテクニックのことです。

もともとディンプルとは、英語では「dimple」と書き、「えくぼ」をさします。つまり、「ネクタイのえくぼ」がディンプルなわけですが、ディンプルを作ると、胸元に立体的な表情を作り出すことができ、動きが出て参ります。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)花小紋柄 シルクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)_着用イメージ③

私はこのネクタイのディンプルが大好きでして(笑)、ネクタイの生地が良ければ良いほど、使われている芯地が良ければ良いほど、このディンプルの造形を美しく創りだすことができ、かつそれが1日を通して維持できると感じております。
Stile Latino(スティレ・ラティーノ )のブークレ調ウィンドペンジャケット_デニムスタイル⑥

最近は、例年にないほど!?ネクタイに凝っており、小剣を左右に少しずらして、スカーフのような軽やかな雰囲気を楽しんだり、本日ご紹介するようなダブルディンプルを取り入れたりしながら、タイドアップスタイルを楽しんでおります。

ちなみにダブルディンプルは、一般的には”遊びココロ”のあるスタイルとして認識されているようですので、フォーマルなビジネスシーンにはあまり向かないそうです。そんなことを、少し頭の片隅に入れておくと良いかもしれませんね。

■ダブルディンプルで華やかさを
ということで、最近のダブルディンプルスタイルを少しご紹介したいと思います。

まずは、先日も登場しましたISAIAの小紋柄シルクネクタイを使ったダブルディンプル。ダブルディンプルの造形は、まだまだ自分が満足するほどのレベルにはないのですが、その表情はかなり気に入っております。
ISAIA (イザイア) 小紋柄シルクネクタイ利用イメージ_⑧

ちなみに、ダブルディンプルですが、やりやすいネクタイと、やりにくいネクタイがあると感じております。例えば、コチラでご紹介したような、ココンのディエチピエゲ(10回折り)のシルクタイなんかは、とてもハリがあるネクタイなので、ダブルディンプルにすると、下記のように、左右のディプルのバランスをとるのがちょっと難しいと感じております。
ココン_ダブルディンプル①
※単純にスキル不足、の可能性もあります。(汗)

従って、ココンのように適度なハリがあるネクタイは、通常のディンプルの方が造詣が美しく決まります!?ただ、慣れればダブルも美しく決まるのかもしれません!?
ココン_ディンプル①

また、ボレリのシルクタイは芯地がかなり柔らかく、ダブルディンプルにすると「W」の造詣を整えるのがなかなか難しい。
ボレリ_ダブルディンプル①

一方、ジュスト・ビスポークのシルクネクタイは、生地こそかなり柔らかいものの、芯地が比較的しっかり入っておりますので、ダブルディンプルでもディンプルの造形は造りやすかったです。
ジュスト_ダブルディンプル①

もちろん、ディンプルを作ること自体も好みがございますので、そのあたりは好き嫌いを含めて、ご自分の感性に合う、お気に入りの締め方で良いとは思っております。

しかし、特にこだわりがない方であれば、ディンプルを一つ増やしてダブルにするだけで、現在所有するネクタイの表情も変わりますし、気分も不思議と変わったりも致します。

日々のネクタイタイムを、より極上の時間とするために!?、皆さんも華やかさが演出できるダブルディンプルを、是非トライしてみてはいかがでしょうかっ!上手くディンプルを作ることができた日は、きっと仕事のパフォーマンスもあがるのではないか、と淡い期待しております。笑。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/561-248ea005