<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

春はニットアウター!?カジュアル編:DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT

こんにちは!
本日は、先日コチラの記事で購入をご紹介させて頂きました、DI MAESTRO(ディ・マエストロ) のCOTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNITを使ったコーディネートをご紹介致します。

■DI MAESTRO(ディ・マエストロ) とは
さて、本日ご紹介させて頂くスタンドカラーニットのブランドであるDI MAESTRO(ディ・マエストロ) 。自身初のブランドであり、かつなかなかご存知でない方も多いと思いますので、購入したシャロンさんのHPの情報を踏まえてご紹介したいと思います。
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) _ロゴ

まず、このブランドを語るには前身のブランドであるOSCAR MARANGON(オスカー・マランゴン)に触れる必要があるのですが、オスカー・マランゴンは、イタリア・トレビゾ市にあるOMMG社とシリテッシリ社が立ち上げたBMカンパニーが運営するブランドで、2011年に誕生したそうです。

「最高の品質で、特別な商品をお探している顧客に対して、長く愛用していただけるブランドを作る」という考えのもと、それは豪華な素材をふんだんに取り入れながらも、ベーシックでスタンダードなアイテムからスタートしたようです。

実際のプロダクトの生産を行うファクトリーは、ラルフローレンやエルメス、ブルネロ・クチネリなどの、インターナショナルなデザイナーズやラグジュアリーブランドを手掛ける工場にて行っていたと言いますから、素材だけではなく、品質に対しても相当な力の入れようであったと。

その後、一定期間の休止を経て、新たにリニューアルされたのがディ・マエストロ、というわけです。イタリア生地業界のリーダー的存在であり、研究開発部門まで有するSiretessile S.R.L.によって設立されたことは、以前も書きましたね。

そして、素材には徹底的にこだわっていると言いますが、シャロンさんに吊るしてあるディ・マエストロのアイテムを見て、そして触るだけで、ただならぬ素材を使っていることは素人の私にも容易に理解できるほどでした。

こちらは本日の主役アイテムであるCOTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNITの素材のアップですが、正直コットンとは思えない艶感がありますし、ホーンを成型して釦にするという加工技術もすごいですが、すさまじいまでのこだわりようですよね。
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT①

他にもGIZA45 (エジプト綿)ではないか!?と思えるほどの滑らかな肌触りのポロシャツがあったり、Off会で友人ブロガーさんが購入したポケットチーフも、非常に味があるのに、気品があって高級感があるという素敵なアイテムがいっぱいあるのです。

さて、そんなディ・マエストロですが、購入したスタンドカラーニットをアウターとして活用し、先日家族で出かけましたので、そちらのスタイルを中心に、着用感をあらためてご覧頂こうと思います。

■春はニットアウター!?カジュアル編
初めて着用した際は、雨模様で気温も低めでしたので、ジャケットのインナーとして活用しました。ただ、2回目にコーディネートに取り入れた際は、気持ち良い晴天に恵まれましたので、春らしくアウターとして取り入れてみました。

では、ご覧ください。
週末の娘とのデート!?の際に着用してまいりました。笑。
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT_着用イメージ①

もちろん自宅でも再撮影しております。
ストールはアルテア、ブロックチェックのブルーのシャツはフィナモレ(37:セルジオ)、パンツはインコテックスのコットンパンツ(30)、足元はオールデンのタッセルローファーです。
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT_着用イメージ②
※172cm 59kg ウエスト76cm

イタリアのブランドですと、袖が長すぎたり、丈が長すぎたりすることも多々ございますが、ディ・マエストロのこちらのニットは日本人の私にもフィットする、とても良いサイズ感です。
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT_着用イメージ③

ローゲージのざっくりした表情、そして気品あふれる表情のコットンファブリックが、まるで貴族にでもなったかのような勘違いを起こさせてくれます。(笑)なお、スタンドカラーの高さもほど良いので、シャツを着た時の衿の表情もとても気に入っております。
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT_着用イメージ④

インナーのシャツをブラウン×ブルーのチェック(フィナモレのセルジオ:37)に変え、足元をエドワード・グリーンのピカデリーにすると、またちょっと表情が異なりますね。
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT_着用イメージ⑦

こちらはバックスタイルもご紹介。
ほど良い着丈の長さ、そしてタイトすぎない、大人の余裕を感じさせる!?シルエット。
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT_着用イメージ⑧

ちなみにPT01のチノパンにあわせても、その気品あふれる表情はかわりません!?
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT_着用イメージ⑨
※コットンシャツは、ジャンネット(XS)、靴はフェランテのエレガンテ

ヤコブのBUDDY(29)といったテーラードデニムにも非常に良い感じでフィットしている気がしており、個人的にはお気に入りです。デニムに合わせる際は、釦は一つどめにして、ラフに着こなしても良いかもしれません!?
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT_着用イメージ⑤
※コットンシャツは、ジャンネット(XS)、靴はエドワード・グリーンのピカデリー

フィナモレほど台襟が高くないジャンネットでも衿周りの表情は健在かなと!?
DI MAESTRO(ディ・マエストロ) COTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNIT_着用イメージ⑥

まだ春とはいえ、肌寒い日や時間帯がございますので、インナーにはシャツを着ておきたいところですが、もう少し暖かくなれば、インナーにカットソーなんかを入れてもオトナ・カジュアルな雰囲気でよいかなぁなどと思っております。

例えば、フレンチ・テイストを意識してボーダーのパイル地カットソーなんかは個人的には注目しているアイテムです。



また、こんなスキッパーポロなんかも良いかもしれません。


ということで、今季のカジュアル・アイテムとしては、個人的に相当気に入っている、DI MAESTRO(ディ・マエストロ)のCOTTON RUGRAN-SLEEVE STAND BULKY KNITの着用イメージをお届けいたしました。

気に入り過ぎて、ネイビーカラーも欲しいくらいです。(笑)
Sharon_HP_マエストロ
※シャロンさんのオンラインショップは、コチラ


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/563-187ec7db