<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSは使えます!?

こんにちは!
本日は、久しぶりのキッズネタです。ご興味のない方は読み飛ばして頂くか、最後におまけコーデとちょっとしたお得な情報をつけておりますので、宜しければ、そちらのみご覧ください。(笑)

■安くて、シンプル、使えるGLOBAL WORK(グローバルワーク)KIDS
さて、結構色々な商業施設に入っておりますので、ご存知の方も多いであろうGLOBALWORK(グローバルワーク)。会社名は株式会社アダストリアホールディングスと言う日本の企業ですが、元を辿ると少し前にアパレル業界の”勝組”として新聞等にも登場していた株式会社ポイントに行きつきます。

ローリーズファームやニコアンドと言ったら、お分かりになる方もいらっしゃるかもしれませんが、傘下におくブランドの店舗数は、国内1250店舗、海外106店舗、従業員も約5000名(公式HPより)と結構な規模の企業です。

これまであまり私自身とは接点のない企業、ブランドではあったのですが、子供が出来たことをきっかけに、店舗に足を踏み入れたことでお付き合いが始まりました。(笑)

子供服のブランドとしては、ラルフ・ローレンプチバトーがお気に入りではありますが、プロパーで購入すると1着あたりの単価が結構高いので、おいそれとはなかなか買えない。(おまえが言うな、というご指摘を頂きそうですが・・・汗)ということで、普段着としては、ファストファッションであるH&M、以前少しご紹介したプティ・マイン、そしてGAPや無印良品なんかを購入しております。

そのような中で、最近仲間入りを果たした!?のが、GLOBAL WORK(グローバルワーク)なんです。

キッズアパレル、と言うとどうしてもリボンやレース、ハートといったデコラティブなデザインが多いような気が致します。もちろんそういったデザインも子供が着ると可愛いですし、アリだとは思うのですが、個人的にはシンプルな方が好みです。

ラルフ・ローレンやプチバトーもシンプルかつほど良いデザインバランスが好きなポイントの一つです。そんな私の好みに、最近良い感じでフィットしているのがグローバルワークのキッズ。ごくごくシンプルな服は無印良品で事足りますが、それだと少し寂しい、という我がままに応えてくれる気がします。

やり過ぎ感のないデザインは着回しもしやすいですし、更にパパさんにとって嬉しいのは買いやすい価格帯。ワンピースで2000円前後、Tシャツで1000円前後というプライスは、ワンシーズンで着れなくなってしまうこともある子供の服の価格としては上出来かなと。

ということで、G.Wに購入した夏仕様のアイテムをご紹介したいと思います。

■GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSライン・アイテムをご紹介
さて、まずご紹介致しますのは、夏を感じさせる!?この4アイテム。全てグローバルワークのKIDSです。娘が生まれるまで、女性もののアイテムを選んだことはありませんでしたが、生まれてからというもの、自分のセンスの訓練!?のためにも積極的に子供服のセレクトにも参加しております。(笑)
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム①

某イタリアブランド”風”のハットは紙製です。確か2000円(税別)くらいでした。
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム②

最初の画像のボーダー柄ワンピースのインナーに着せたこちらのアイテムは1250円(税別)。
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム③

腕肩部分のこのレースが特徴!?でして、1枚出来ても可愛いですし、ワンピースの下にいれても可愛いかなと。
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム④

そして、夏のマリンスタイル!?を意識して購入したボーダー柄のワンピースも2000円(税別)。娘にこれを着せて、パパはヘルスニットのバスクシャツを着るのが、最近の野望です。(笑)
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム⑤

なお、こちらのワンピースですが、リバーシブルとなっており、裏側はネイビーカラーのワンピース。貧乏くさい考え方ですが、1面あたり1000円です。(笑)
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム⑥

最初にご紹介したアイテムと合わせると、こんな感じになります。
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム⑦

そして、嫁さんが可愛いからと言って持ってきたこのTシャツ。私からすると正直100点満点ではないのですが、気に入った箇所があります。それはどこでしょう!?
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム⑧

正解は、この肩部分のギャザーです。(笑)稼働性うんぬんではなく、女の子らしさがでて可愛いかなと感じましたが、いかがでしょうかっ!?ちなみに1000円(税別)でした。
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム⑨

これらすべて合わせても税込で7000円程度と、納得感のある価格です。
さらに、以前はこんなアイテムも購入しました。今季のトレンドであるボタニカル柄の薄手のナイロン製アウター。
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム⑩

ボタニカル柄はトレンドとは言え、なかなか私にとってはハードルが高いので、娘のアイテムで購入致しました。(笑)もちろんグローバルワークのKIDSです。
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム⑪

インナーはメッシュになっており、スプリングアウターや、最近のように朝晩冷える際には便利です。軽くて、小さくたためるので、持ち運びにも便利です。
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム⑫

袖口のパイピングやポケットの形状も気に入りました。確か、セール価格で2500円ほどだったように記憶しております。
GLOBAL WORK(グローバルワーク)のKIDSアイテム⑬

なお、G.Wに入る前にこれまたトレンド素材である、パイル地のパーカーも購入。こちらはグローバルワークではなく、お気に入りのブランドであるプチバトー。黄色の水玉模様が気に入りました。
プチバトー_パイル地パーカ①

胸元にはヨットのロゴが入ります。
プチバトー_パイル地パーカ②

薄手なので、気温調整をするためのアイテムとしても大活躍。もちろん先日のTDLにも持って行き、活躍してくれましたよ。
プチバトー_パイル地パーカ③

リブとポケットの形状もとてもいいですね。ちなみにこれ1つで7000円前後くらいだったような記憶があるので、それを考えると、グローバルワークのコストパフォーマンスの高さが感じられますね。
プチバトー_パイル地パーカ④

なお、最初にご紹介したボーダー柄のワンピースは既にデビュー済みでして、こんなイメージとなります。腰には、プティマインのデニムシャツを巻いて、ピースのつもりのサインをキメテます。(笑)
グローバルワークKIDS_ボーダー柄ワンピース着用イメージ

パパさんである私は、こんなスタイルでした。
カンタレリのリネン・ウィンドペンJKT(42)に、フィナモレのセルジオ(37:コットン×リネン)、フランコ・バッシのペイズリーチーフに、PT01のピクセル(44)、足元はフェランテのARNOです。
PT01_PICEL(ピクセル)着用イメージ①
※172cm 59kg ウエスト76cm

実はこの日は夏日だったのですが、とある場所に向かうために、ジャケットを羽織っていきました。ただ、一応暑さ対策ということで、リネンを選びましたが、さすがに歩いていると暑いので手持ちになることも。
PT01_PICEL(ピクセル)着用イメージ②

Vゾーンのアップです。オフですし、さすがにネクタイはしませんでしたが、シャツの色を拾ってチーフもブルー系に。
PT01_PICEL(ピクセル)着用イメージ③

ということで、キッズネタにも関わらず、今までで一番画像を取り入れた記事になったのではないかと思いますが、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

お礼の意味も込めて一つお得な情報を。恐らく最早!?かと思いますが、BOUNCE-UPさんでは、新作が明日15日より20%Offです!気になる新作があるか、是非チェックされてみて下さい!
※一部は既にプライスダウンされている模様です。

次回は、上記でさらっと触れました「とある場所」に関する記事をお送りしたいと思います。




ペーパーハットは色違いもあるので、男の子ならブラックもあり!?



リバーシブルのワンピースは、他にも色々柄がある模様です。


店頭では見かけなかった!?ドット柄のレースがついているカットソー。もちろん、ご紹介したアイテムもあります。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/583-5c29b03d