<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケットを購入!

こんにちは!
本日は、今季SSにおける”最大の大物”の一つを購入してしまいましたので、ご紹介したいと思います。

購入したのは、ナポリスタイルのスーツをハンドメイドを作りあげる最高級スーツブランドである、Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケットです。

■Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)とは
私が所有する数あるスーツ、ジャケットの中でも、プレタポルテ(既製服)として「ナポリ仕立て」を堪能することのできる、最上級のブランドの一つではないか、と思っておりますが、少しブランドをご紹介したいと思います。

Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)は、イタリアのテーラー学校を主席で卒業し、ナポリ・スタイルの薄い芯地使いと軽い着心地が特徴である、ナポリ・スタイルのスーツをハンドメイドを作りあげる最高級スーツブランドです。

今なお3名の職人によって、ビスポークと同じ工程を経て製作されたスーツは、「ハンドメイドならではの縫い目の強弱が、肌の一部になったかの様にまとわりつく感覚を生み出す」と言います。

3名の職人がフル稼働しても、1か月に生産できるスーツの数は、20着ちょっとだそうです。つまり、計算すると1人あたり1週間で1.5着程度縫い上げることになりますが、これも超絶的な技術力とスピードがなせる技であり、驚異的。ただ、その生産数の少なさから、取扱Shopもかなり限定的となっております。

私も試着をしたのは、Sharon(シャロン)さんが初めてでした。

マニカ・カミ-チャをはじめ、超絶技巧を駆使してでき上げるスーツ(ジャケット)は、シャロンさんに吊るしてある状態でさえ、まるで空気を含んだかのような軽さと風合いを醸し出しており、”明らかに”ただものではない、雰囲気を放っておりました。

■オーナーK氏による”ささやき”と、マネージャD氏の”入荷のご案内”に惑う!
実は、アルフォンソ・シリカのジャケットを初めて試着させて頂いたのは、今年の1月。今まで体験したことのないような、その異次元の着心地は、私がインポートファッションに出会って以来、もっとも衝撃的な出会いでした。

とは言え、セットアップでは30万円(税込)を越えるような価格帯ですから、おいそれと購入することはできない。そこで、私がパテック・フィリップのノーチラスを購入した時と同じように、秋冬に向けての貯金を始める決意をしたわけです。(笑)

そんな「アルフォンソ・シリカ貯金」を開始しだした直後のこと。少し前に開催したOff会にてシャロンさんに訪れた際に、オーナーのK氏から、「アルフォンソ・シリカの初夏もののジャケットが、もう少ししたら入荷しますよ。」という”甘いささやき”を耳にします。

そして、”見てはいけない”はずの発注した生地サンプルをPCで見せて頂いた私は、もう頭の中がシリカのジャケットで一杯になってしまうのです。(笑)

そんな折に、マネージャのD氏から「アルフォンソ・シリカ 入荷のご案内」連絡をご丁寧に頂戴致しまして、気付いた時には、入荷する週末の営業開始5分前に、シャロンさんの店頭に立っている自分がおりました。(笑)まさに、シャロンのオーナーK氏、そしてマネージャのD氏による連携プレー!?に、やられてしまったわけですね。

シャロンさんに入店したその後は、皆さまご想像の通りです。(笑)
では、実物をご覧頂こうと思います。

■アルフォンソ・シリカのリネン ヘリンボーン3BシングルJKTをご紹介
購入後、1回着用してしまったあとに、撮影し忘れていたことを思い出して、撮影致しました。従って、リネン特有のシワが既に入ってしまっておりますが、見た瞬間にナポリのジャケットだと分かるディティールと雰囲気かと思います。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット①

先日ご紹介させて頂きました、シャロンさんにてス・ミズーラ(パターン・オーダー)させて頂いたスーツのジャケットの衿まわりと同じような雰囲気を感じませんか?ワイドなラペル(幅9cm)、衿のダブルステッチ、そして美しくカーブするバルカポケットなど、これぞナポリスタイルではないでしょうかっ!?
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット②

素材はリネン100%ですが、ヘリンボーンという私の大好物!?な、柄であることも、購入を決断したポイント。最近は、こういったさりげない柄ものが気分なんですよね。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット③

ビスポークと同じ工程でつくりあげられるというアルフォンソ・シリカのプレタポルテ(既製服)のジャケットですが、そのほとんどが職人さんによる丸縫いだそうで、私が知っているブランドの中では、もっともその割合が多いのではないでしょうか。もちろんフラワーホールもハンドソーン。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット④

ジャケットの釦もなんとも言えない光沢感がありますが、”高級感”と言うよりは、”高品質感!?”と言った方が適切な雰囲気です。しかし、この釦のとめ方も初めて目にしました。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑤

こちらの袖付けですが、職人さんが縫製した雰囲気がビシビシ伝わるやわらかさ。この縫製をみながら、JAZZをBGMに、お酒を飲むことができそうです。(笑)
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑥

シンプルすぎるくらいのロゴ。完璧です。
しかもお気づきでしょうか、このロゴのタグさえも、ハンドで付けられております。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑦

今回私が購入したサイズは44。しかし、このサイズ表記にはある意味、度肝を抜かれました。工業製品ではなく、人の手が縫い上げたのですよ、と言わんばかりの風合いです。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑧
※私は172cm 59kgで今回は「44」でしたが、職人による丸縫いのため、シーズン毎に若干サイズ感が変化するようです。

そして今回は、袖の処理にもこだわってみました。本切羽であることはもちろんですが、あえて3つ釦の平置き、そして釦ホールはハンド仕上げと致しました。ナポリでジャケットを着ている方は3つ釦や、1つ釦で袖処理をしている方が多いそうですよ。ということで、せっかくなので、袖もナポリの風を感じるべく、ナポリ仕様に致しました!
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑨

上衿の付け方にもくぎ付けです。まさに、今となりで職人が縫い上げたばかり、かのような雰囲気です。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑩

かなり小ぶりなバルカポケット。シャロンさんのハウス・スタイルともまた異なる、独特の形状です。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑪

ポケットはパッチポケット。リネンの素材感とのほどよいカジュアル感のある組み合わせはいい感じかなと思います。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑫

そして、超絶的な袖付けであるマニカカミーチャ。パッドもなにも入っていないにも関わらず、ハンガーに掛けただけで、この立体的な丸みを帯びた形状になるのは驚き以外の何物でもございません。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑬

サルトリアならではの、”完璧すぎない完璧さ!?”が伝わる背中です。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑭

アルフォンソ・シリカ恐るべし。とんでもないブランドと出会ってしまったかもしれません。
Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のリネン ヘリンボーン3Bシングルジャケット⑮

ということで、プレタポルテながら、これぞ「ナポリ仕立て!」と評することができるジャケットには大満足。こちらも近日中にその着用イメージをお届できたらと思います。




ラティーノ好きの方にも是非お試し頂きたい、アルフォンソ・シリカ。きっと、度肝を抜かれることでしょう・・・!?



しかし、ラティーノは生地感も魅力的。こちらはフェルラっぽい生地ですね。



Comment

daishi93 says... ""
rm55さんこんにちは!
いやぁ、昨日のヒキからもしやと思っていましたが、アルフォンソシリカ、いかれましたか!
私も今一番気になってるサルトリアの1つなので、とても✖︎5羨ましいです。
東京はシャロンさんはじめ、独特なセレクトのショップがたくさんあって良いですね。
私も、スーツ貯金しなきゃ!
2015.05.23 10:25 | URL | #- [edit]
スナフキン says... ""
rm55さん、こんばんは。

やはりシリカいかれたんですね!
試着して思ったのが、軽さも衝撃だったんですが、背中の吸い付きというかフィット感が凄かったです。
またオフ会(夜会)が実現すれば、是非参加したいです。
多少のネタはありますので(笑)
2015.05.23 21:49 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>daishi93さん
こんにちはっ。コメントありがとうございます!
そうなんです、とうとうシリカ行ってしまいましたっ。正直秋冬までまっての購入を考えていたのですが、他の物を我慢してまで購入する価値があるだろうと思い、決断したしたいです。結果、購入して良かったと心から思える素晴らしいジャケットだと思いました。

確かにシリカの扱い店舗は少ないですし、丸縫いに近いだけに、若干サイズ感も変わりますので、絶対試着してからでないと怖いですよね。また、こちらにお越しの際は是非、貯めた貯金でいかがでしょうかっ!?

ちなみに、シャロンさんでは今年のAWもシリア以外にも想像を絶する!?素晴らしいアイテムが入荷予定です!是非、その頃タイミングが合えばdaishi93さんも是非!!!
2015.05.23 23:43 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>スナフキンさん
こんにちはっ。コメントありがとうございます!
秋冬まで我慢できずに、他での購入を検討していたアイテムを全て諦めて、シリカを選びました。笑。ご試着されたのであれば、お分かりだと思いますが、衝撃ですよね!?あれがプレタポルテで味わえてしまうというのは、正直かなり反則だと思いました。笑。

スナフキンさんのネタ、気になりますね~♪是非お会いしたいですし、調整して夜会をやりましょう!
2015.05.23 23:46 | URL | #- [edit]
elnegro says... ""
こんばんは。
正直 Alfonso Sirica のことはSharonさんで取り扱われていること以外、知らなかったのですが、手縫い感が凄いですね。
ビスポークってこんな感じなのでしょうか!?
またリネン100%のジャケットというのも驚きです、何とも贅沢ですね〜。

あ〜いかん、SSはジャケットもスーツも諦めているのに刺激されてしまいます。
ringさんのラティーノ、私も気になっていましたよ。(汗)
2015.05.24 00:41 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
こんにちは。コメントありがとうございます!

シリカは、B.R.Shopさんでも少量ですが扱っており、名前は知っておりましたが、ブランド背景は知りませんでしたし、試着したのはシャロンさんがはじめてでした。

ほんと、マシンメイドな箇所が私の目からすると見当たらないですし、手縫い感がすごいです!私もビスポークは経験がありませんが、シャロンもスタッフさんが着ていらっっしゃるビスポークは、半端ない雰囲気の良さ、と言いますか、カッコいいです。いつかはお願いしてみたいと憧れております!

今回ringさんのラティーノは、だいぶ種類が豊富でしたね。私も生地なんかは惹かれるものが幾つかあります・・・。笑。
2015.05.24 01:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/589-ebc54b6e