<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

自分のワードローブを、誰とつくりますか!?

こんにちは!
本日は、コラム的な内容でお届けしたいと思います。

■人間は変わるもの
さて、本日のタイトルは「自分のワードローブを誰とつくりますか!?」ということですが、昨年の9月に、下記の3部作という力作!?にて、どのShopでインポートファッションを購入すべきか、について、独自の考察を行った記事を公開致しました。

・「インポートファッションはどのShopで買うべきか?:前半
・「インポートファッションはどのShopで買うべきか?:中盤
・「インポートファッションはどのShopで買うべきか?:後半

趣旨としては、下記の5つの切り口に優先順位をつけて、現在の自分のライフスタイルとのフィット感をもとに、Shopを選ぶと良いのでは!?という内容でしたね。

①アクセス
②雰囲気
③商品
④スタッフ(サービス)
⑤ポイントプログラム

その時の私個人の結論としては、パパとして自由な時間がとれない中でも、商品にはこだわりたい、ということで、こだわりのセレクトをしている事が多く、家からでも注文ができる、個人のネットShopが自分の現状のライフスタイルにはあっていると記述しました。

ちなみに、私の上記切り口に対する優先順位付けとしましては、上から順に、下記の通りでした。

③商品
①アクセス
⑤ポイントプログラム
④スタッフ(サービス)
※②の雰囲気は、主観的要素が多分に入るため、元記事でも除外して検討しておりました。

結論にも書いた通りですが、限りある時間とお金を最適に?使うべく導き出した、ある意味では合理的なアプローチであったように思うのですが、いかがでしょうか。

ところが、人間変わるもので!?「My Sartoria(マイ サルト):Sharon(シャロン) at南青山」にも記述した通り、現在お世話になっている、おなじみのShopであるシャロンさんと出会ってからというもの、上記の3部作で記述した内容とは、まったく異なる現象が起きているのです。
オトナのためのセレクトShop Sharon(シャロン)南青山②

そうです、人は変わるのです!?笑。

■やっぱり最後は「共感(信頼)」です!?
上記の「マイサルト」の記事にも書いたのですが、シャロンさんに強く惹かれた理由は、何よりもオーナーであるK氏の思想やビジネスのスタイルに強く共感した、ということが第一歩でした。

つまり、上記の切り口でいうところの、③商品から入ったわけでもございませんし、①アクセスでもない。もちろん⑤ポイントプログラムであるはずもなく、一番優先順位を落としていた④スタッフ(サービス)、つまり「人」から入ったわけです。

そして、オーナーのK氏はもちろんのこと、マネージャのD氏のスタイルに憧れた(共感した)というのも大きいですね。シャロンさんは、オン、オフ問わず、頭から足の先までトータルでスタイルを提案されておりますが、特徴としては、奇をてらわず、トレンドにも流されず、シンプルで、クラシック、そして何よりも「大人のエレガンス」を体現しているようなShopです。

シンプル(ベーシック)なもの、クラシックなものほど、その「物の良さ」というのがより重要になってくると思うのですが、シャロンさんでは、その経験に裏打ちされた審美眼、セレクト眼によって、素晴らしい手仕事(サルトリア製)のアイテムを中心に、良質なアイテムを、適正な価格で提供しているのです。

正直、はじめて訪問した際は、全く存じ上げないブランドも多数ございましたが、K氏の思想やスタイル、D氏の着こなしなんかを見ているなかで、自然と影響を受けていった自分が、間違いなくいるのです。今では、絶対的な信頼をおているため、シャロンさんで扱うブランドなのであれば、間違いない、とまで思っている自分がおります。(笑)

何が言いたいのか、というとシャロンさんが素敵なShopです!ということは、しつこいくらい!?(笑)申し上げてきておりますので当然のこととして、それよりも、今回申し上げたいことは、共感できる思想、スタイルの持ち主(スタッフ)と出会えるか、否か、ということが、楽しいインポートファッション・ライフを送る上では最も重要なのではないか、と言うことなんです。

■ワードローブつくりを、任せられるかどうか
「男のワードローブは、一生かけてつくりあげるもの」とは、以前もどこかの記事で書いたかと思います。私も元来服が好きなものですから、これまでの未熟な経験の中であっても、かなりの「額」をファッション・アイテムに投じてきたと自負しております。

その中には、もちろん失敗もありましたし、決して褒められるようなものではないことも多々ございました。しかしながら、そのような経験を経て、「この人と一緒に自分のワードローブをつくりたい!」と思える人に出会えたこと。そのことこそが、ファッションが好きな人間としては「最大の幸せである」と思っております。

昨年はネットShopを中心に購入していたのが嘘のように、今年は小物系を除いては、そのほとんどが全てシャロンさん。つまり、「自分のワードローブ作りを、シャロンさんに託している」わけです。

皆さんも、自分のワードローブ作りを託したい!と思える方に出会えていますか!?
欲しいものが安く買えるネットShopも、この為替と増税の状況の中では、"めちゃめちゃ"重要ですがっ、そんなワードローブ作りを託したいと思える「人」を基準に、Shop選びをしてみると、また新しいファッション・ライフを送ることができるかもしれませんね。

ちなみに、私がBlogを初めた直後からお世話になっている「北陸の伊達男日記」というBlogを書いている先輩ブロガーである伊達男さんにとっては、富山の名店である「アルバーノ」さんが、きっとワードローブつくりを託されれているShopなのだろうな、と思っております。

きっと、東京だけではなく、皆さまがお住まいのエリアにも、そのような素敵なShopがあるかもしれません。たまには「楽天」などのネットShopから目を離してみて、リアルな地元のShopに目を向けてみるのもアリなのではないでしょうかっ!?









Comment

Dateotoko says... ""
rm55さん、今晩は!

今回の記事!うん、うんと共感しながら読ませて頂きました(^-^)

僕も以前は価格重視で安いものをネットで探していましたが、最近は極力、見て触れて欲しいと思った物を購入しています。

それでもネットのチェックは欠かせませんが(笑)

何が言いたいかと言いますと、自分のコレだ!と思えるスタイルの選択肢を僕の場合はおっしゃるようにアルバーノさんに増やして頂いてます!

北陸新幹線が開通して賑わいを見せている一方で富山の商店街はその波及効果は無く、良いお店が実は沢山あるのに認知度が低いのが残念です(__)

地元の人も含め、地方のお店に目を向けてもらえればネットでは味わえない面白い発見をしてもらいたいですね♪
2015.06.12 17:49 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>Dateotokoさん
こんにちは!コメントありがとうございます!
Dateotokoさんに共感頂けて、とっても嬉しいです。そして、勝手にお名前を出してしまい、失礼致しました!

本当におっしゃる通りですよね。やっぱり価格は重要なので、ネットShopで購入することももちろんございますが、地元(シャロンさんは私の地元ではございませんが・・・苦笑)の素敵なShopの、素敵なスタッフの方に出会えて、ワクワク、ドキドキできることもとっても大切かなと思いました。

今後も、Dateotokoさんにしかできない富山の商店街やアルバーノといった地元の素敵な情報を楽しみにしておりますね!
2015.06.12 22:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/612-d87399c7