<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

淡色ワントーンを着こなすコツを、考える。

こんにちは!
本日は、久しぶりに!?「着こなしを考える(コーディネート紹介)」がテーマです。

■2016年SSの着こなしを先取りしてみる
さて、6月中旬からイタリアのフィレンツェで開催されました、メンズプレタポルテ(既製服)最大の見本市であるPITTI UOMO88 (ピッティ・ウォモ:2016SS)。当ブログでも、下記の2回の記事に分けて、ブランドのコレクションや、会場周辺にて撮影されたSnapなどから、2016年SSの傾向を見て参りました。
・「PITTI UOMO88 (ピッティ・ウォモ:2016SS)から、来期SSの傾向を、考える!:前編
・「PITTI UOMO88 (ピッティ・ウォモ:2016SS)から、来期SSの傾向を、考える!:後編

その中で、是非とも取り入れたいなぁと考えていたのが、ホワイトやオフホワイト、ベージュを多用したカラーコーディネート。下記は、ベルヴェストのコレクションですが、エレガンスな雰囲気にとても惹かれます。
88JR_BV002

また、会場の着こなしとしても、ホワイトやベージュのジャケットを着用している関係者が非常に多いように感じました。
insta_88_snap009

今年もホワイトやベージュのジャケットなどは見られましたが、それらがより一層プッシュされている印象です。ということで、手持ちのアイテムを使って、2016年SSの着こなしを早速取り入れたコーディネートをしてみましたので、ご紹介したいと思います。

■淡色ワントーンを着こなすコツを、考える
さて、淡色ワントーンということですから、原色ではない、中間色の中から1色を選び、そのカラーに沿ったアイテムでコーディネートしていくわけですね。ちなみに中間色とは、ホワイトやベージュ、グレーなどが一般的でしょうか。

私は、ピッティのSnapなんかを意識してホワイト×ベージュというカラーを中心にコーディネートしました。実際のコーデはこちらです。ラルディーニのハニカムジャケット(42)、バルバのコットンチェックシャツ(37)、サマーツイードのジレは、ラルディーニ(44)、そしてインコテックスのコードレーンパンツ(30)にブリッラ・ペル・イルグストのキルト付きローファーです。
淡色ワントーンコーデ_201507_①
※172cm 59kg ウエスト76cm

淡色系のカラーを多用する際は、全体の浮き感を抑えるために、どこかにダークトーンのカラーリングを持ってきて、全体を締める、ということを試みると、安定感が出るのでは!?とは以前も記載致しました。今回であれば、ジレや靴でそれを実践するとまとまりやすいと思ったのですが、あえて淡色で揃えるという「攻め」を実践してみました。(笑)

ブラウンなどを持ってくるのが王道だと思いますが、今回はあえて淡色で揃えると。まぁ、不安定な感じはしないので、アリなんじゃない!?とは個人的に思っておりますが、いかがでしょうか。
淡色ワントーンコーデ_201507_②

そして、「ダークトーンカラーで全体の浮き感を抑える」以外のコツとしては、「柄物や素材感で変化を出す」ということも挙げておきたいと思います。淡色ですと、どうしてものっぺりとした、動きのない表情になりがちだと思いますが、そこに今回であればバルバのチェックシャツや、ラルディーニのサマーツイードといった、柄や生地感で動きがあるものを取り入れますと、それなりに見える、ような気がしました。
淡色ワントーンコーデ_201507_③

トップスの表情はこんな感じ。ラルディーニのジャケットもハニカムで生地に動きがありますし、バルバのチェックもレトロで落ち着き感のあるチェック柄、そしてサマーツイードジレ。ワントーンながらも、微妙にカラーリングが異なりますので、グラデーション効果も生まれています!?これが本当に同じカラートーンで、生地感などにも変化がないと、着こなしが一気に難しくなりそうです。
淡色ワントーンコーデ_201507_④

ジャケットを脱いでも、もちろんワントーン。
カジュアルなアイテムですが、不思議とエレガンスさも感じます!?
淡色ワントーンコーデ_201507_⑤

こちらはピンボケしていたのですが、逆にカラーリングに意識が向くので、一つの参考になるかと思い、掲載しておきます。このようにして見ますと、ジレと靴のカラートーンが全体の浮き感を抑えているようにも思います!?
淡色ワントーンコーデ_201507_⑥

ラルディーニのサマーツイードジレ。ここにミックスされているブラウンカラーが絶妙に胸元に立体感を与えてくれている気がします。逆に、ホワイトカラーのジレだったらのっぺり感が出ていたと思いますし、何しろ全体が浮ついていたのかなと。
淡色ワントーンコーデ_201507_⑦

と言うことで、淡色系ワントーンコーデの初心者ながら、実際にやってみた結果としてコツを考えるのであれば、下記をあげることができるのかな、と思います。

①全体の浮つき感を抑える、ダークトーンのアイテムは必須です!
⇒今回は淡色で揃えましたが、ライトブラウンなどをジレや靴に持ってくると安定感が出やすいと思います。

②同じカラーではなく、グラデーションを効かせましょう!
⇒今回であれば、ホワイト(パンツ)、グレージュ(ジャケット)、ベージュブラウン(ジレ)、ベージュ(靴)

③柄物や特徴ある素材で変化を出す!
⇒今回であれば、柄物(チェックシャツ・ペイズリーチーフ)、特徴ある素材(サマーツイードジレ)

どうでしょうか。
とりあえず、上記3つを意識して淡色ワントーン・コーディネートをしてみると、案外すんなりまとまるかもしれません。

私も淡色ワントーンコーデの初心者ながら、初回にしては合格点ではないか!?と自画自賛でございます。(笑)ちなみに、こちらのコーデもインスタグラムにポストしておりますが、画像加工をしておりますので、より素材感の変化を感じやすいイメージになっているかもしれません。
淡色ワントーンコーデ_201507_⑨

他にも淡色ワントーンコーデのコツとしてはこんなのあるよ!という情報も、もちろん募集して!?おります。本Blogの読者様のためにもなりますので、そんなコツをお持ちの方は是非コメント頂ければ幸いです。
淡色ワントーンコーデ_201507_⑧









Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/655-69111799