<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツを購入!

こんにちは!
本日は、シャロンさんの2015年SSセールにおける、追加の戦利品をご紹介致します。

■資産を入れかえる!?
購入しましたのは、タイトルにもございます通り、Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツです。先日、同じくシャロンさんのセールでルジェッロのドレスシャツを購入したことは、「Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のヘリンボーン コットンドレスシャツを購入!」にてお伝え致しました。

その出来映えの良さと、シャツとしての心地良さ、そしてクオリティと価格とのバランスの良さを改めて実感した私は、「こんな素晴らしいシャツは、このタイミングで追加で購入しておかなければならぬっ!」と強く思っておりました。(笑)

そこで、軍資金を得るべく、家のクローゼットに眠っていた、「L」と「V」のつくラグジュアリーブランドの革小物を売却したところ、なんと”3万円”と言う嬉しいお値段がついたので、その資金を元手に購入致しました。やはり殆ど使っていない、状態の良いラグジュアリーブランドのアイテムというのは、しっかりと良いお値段がつきますね。ちょっと驚きました。

ラグジュアリーブランドと言うのは、えてして原価率が低いことは有名なお話です。今回私が売却したブランドの革小物も、だいたい原価率にすると10%半ばから後半くらい、という記事を以前読んだことがございます。ただ、もちろん質の悪い素材のものを扱っている、というわけではなく、高めに設定された小売価格からすると、良い素材の物を使っていたとしても、原価率が低くなる、という意味ですね。

しかし、その分ブランドとしてのステータスや世界観を維持するための広告販促費が非常に大きなものになるわけですが、ある程度のラグジュアリーブランドにもなりますと、世界的な中古のマーケットが存在致しますし、ブランド・ステータスも維持されております。

従いまして、常に一定の需要がございますので、状態にもよりますが、ある程度の価格が「常に」つくようになっているわけです。今回改めてラグジュアリーブランドの価値を、そんなところに見出したわけですが、使わないで眠らせておくよりは、使って頂いた方が良いことは明白ですね。また、自身としても使わないアイテムを所有しているよりは、使うアイテムがあった方が良い。

と、そんな”Win-Winの関係”を構築すべく!?、クローゼット内の再点検と”資産の入れ替え!?”を行っております。(笑)

■Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ
と言うことで、今回は手持ちのキャッシュアウトをすることなく!?我が家にやってきたルジェッロのウォッシュドコットン シャツの実物をご紹介したいと思います。

購入したのは、使いやすいサックスブルー。
アルフォンソ・シリカのリネンジャケットなど、ドレス・カジュアルなジャケットに合わせたいと思っております。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ①

このモデルは、珍しく!?袖丈の長さもちょうど良く、お直しなしでいけました。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ②

襟型は、「MILAN」というモデル名だそうですが、カジュアルシャツながらも綺麗な襟の形なので、ノータイはもちろん、タイドアップしても綺麗にネクタイが納まりそうです。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ③

ザンパデグリアートな釦付け。
釦は小ぶりで厚みがあるタイプの釦です。なれると扱いやすい釦ですよ。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ④

そして、ハンド仕上げの釦ホール。
意匠的なメリットだけではなく、機能的にもマシンで仕上げられた釦ホールに比べて、釦の付け、外しがしやすいように思います。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ⑤

肩、袖付けのステッチングは、ドレスシャツと仕様は変わりません。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ⑥

剣ボロの閂止めもハンドソーン。ちょっとしたポイントになっていますね。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ⑦

袖付けは、強度を維持するためと、柔らかい着心地を実現するため、マシンとハンドのハイブリッド。フィナモレなども、確か同じようなハイブリッド仕様であったように思います。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ⑧

こちらは襟付け部分。ジャケットもそうですが、重力によって最も体に圧がかかるのが、首の部分。この部位がハンド仕上げになっていると、その綺麗に首筋にフィットして、心地良い着心地に繋がる気が致します。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ⑨

ヨーク部分のステッチング。恐らく、誰も見ることのない、気付くこともない箇所ですが、そんな箇所にこだわりたい大人の皆さまにはおススメの仕様です。(笑)
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ⑩

「悩めるトルソー君」に着せてみました。
ハンド工程12か所ならではの、”柔らかさ”は感じることができるように思いますが、いかがですか!?
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ⑪

フィナモレのセルジオなどに比べると、スポーティさも抑えられた襟周り。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ⑫

スプリット・ショルダー・ヨークの仕様ではないのですが、ハンド12工程の恩恵があるためか、十分心地良い着心地を感じることができますよ。
Vincenzo di Ruggiero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)のウォッシュドコットン シャツ⑬

ということで、シャロンさんのセールで購入した、ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロのウォッシュドコットン シャツのご紹介でした。ちなみに価格はセールで購入しましたので、28000円(税別)本記事公開時におきましても、恐らくまだセールは継続されていると思いますので、気になる方は是非チェックされてみてください!
※シャロンさんのセール対象のシャツは、コチラ





例えハンド3工程であっても、15000円(税込)という価格なら、超お買い得ですね!



AWに使えるコーディロイのバルバのシャツも、同じく15000円(税別)ならお買い得!



Comment

クラシコ公務員 says... ""
これはほんと素敵なハンドならではの柔らかさが出たシャツですね*\(^o^)/*

特に、フロントボタンと並行のハンドステッチがわたくし、なんともいえぬかわいらしさ?を感じ、とても羨ましく思います( ̄^ ̄)ゞ

軍資金を用意してからの購入のあたり、まさしくセール戦線巧者の妙、拝見いたしました( ´ ▽ ` )ノ
2015.08.03 23:35 | URL | #bYnYQ1LY [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>クラシコ公務員さん
こんにちは!コメントありがとうございます^^
ルジェッロのシャツ、本当におススメです。このプライスゾーンとしては、圧倒的なハンド工程の多さもありますし、襟型もスポーティ過ぎず、美しくジャケットに納まってくれますので満足度はかなりたかいですよ。クラシコ公務員さんも是非!!ちなみに、私はセール期間にもう1枚欲しい!と密かに画策しております。笑。

しかし、LとVのラグジュアリーブランドには今回助けて頂きました。
他にも売却予定のものがございますので、これで軍資金をかせぎたいと思いますっ。
2015.08.04 01:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/665-593a44a3