<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

初めてスーツを仕立てるなら、お気に入りのスタイルを見つけましょう!?

こんにちは!
本日は、ファッション・コラム的な内容でお届け致します。

テーマは、「初めてスーツを仕立てるなら、お気に入りのスタイルを見つけましょう!?」と題してお届けする、「ス・ミズーラの素人の、素人による、素人のための記事」でございます。(笑)
※ここで言う「ス・ミズーラ」とは、ビスポーク、パターン・オーダーといった両方の意味をこめて使っております。

■最もお気に入りのスーツ
さて、今年も半分を折り返したわけですが、前半では色々と買い物をしてまいりました。購入したアイテムは、一部SALE戦利品が含まれていなかったり、大物であるダルクォーレのスーツは含まれていなかったり致しますが、下記の記事でご紹介した通りです。

・「2015年SSの買い物を振り返る:前編
・「2015年SSの買い物を振り返る:中編
・「2015年SSの買い物を振り返る:後編

そんな、多々ある買い物の中でも、最もお気に入りのアイテムが、シャロンさんでス・ミズーラ(パターン・オーダー)して頂いた、ウール×モヘア混のスーツ。そのオーダー!?の過程は、下記の記事でご紹介しておりました。

・「Su Mizura(ス・ミズーラ)をSharon(シャロン)さんで!:前編
・「Su Mizura(ス・ミズーラ)をSharon(シャロン)さんで!:中編
・「Su Mizura(ス・ミズーラ)をSharon(シャロン)さんで!:後編

そして、完成をご報告、着用イメージをご紹介した記事。
・「Sharon(シャロン)さんで依頼した、Su Mizura(ス・ミズーラ)のスーツが完成!
・「Su Mizura(ス・ミズーラ)したスーツの着用イメージをご紹介!:Sharon’s ハウス・スタイル

特に、「Su Mizura(ス・ミズーラ)をSharon(シャロン)さんで!:前編」につきましては、スーツを誂える方法や、生地の特徴なんかについて触れており、「非常にためになった!」というコメントやメッセージを頂き、嬉しい限りでした。

ところで、このシャロンさんにス・ミズーラ(パターン・オーダー)頂いたスーツですが、大物であるダルクォーレやアルフォンソ・シリカをさしおいて、私が最も気に入っているスーツなのです。しかも、本人だけではく、実は周囲からの評判もえらく良い!?のですよ。(笑)
Su Mizura(ス・ミズーラ)at Sharon_201505⑨

Blogの読者様からお褒めのお言葉を頂いたり、シャロンさんの顧客様で本Blogをお読み頂いている方が、「rm55のパターン・オーダーしたスーツ、雰囲気良いね。」と仰って頂いていたり、珍しく!?嫁さんからも「カッコいいじゃん。」とのお言葉が。(笑)

更に、先日「ISAIA FLAGSHIP SHOPに行ってみた!」でご紹介致しました東京ミッドタウンにあるISAIAのフラッグシップShopに、仕立てて頂いたスーツを着用して訪問した際には、スタッフの方から「カッコいいですね。どちらのスーツですか!?」と興味を持って!?、ご質問を頂いたり、更には、その流れで訪問したジョン・ロブ(なぜ!?・笑)でも、スタッフの方から「どちらでビスポークされたのですか!?ラペル幅があってカッコいいですね。」と、ファッションのプロの方からもご好評!?を頂いております。
Su Mizura(ス・ミズーラ)at Sharon_201505⑧

もちろん、頂いたお言葉をそのまま受け取るのではなく、”50%引きくらい”に捉えたとしても(笑)、今まで着用しているスーツについて、これほどお声掛けを頂いた経験は、ありません。

しかも、使っているファブリックや柄に特徴があることで、興味を持って頂いたことはありますが、今回はネイビー(ミッドナイトブルー)の、一見ごくスタンダードなスーツです。この事実を自分勝手に!?解釈するのであれば、きっとシャロンさんのハウススタイル、しいては、そのパターンを引いていらっしゃる直井茂明氏のスタイルが、皆さんの興味を駆り立てたのではないかと。

■最初に誂えあるなら、自分が”カッコいい”と思えるテーラーで
実は、ごくたまに「スーツをつくるなら、どこがおススメですか!?」という趣旨のご質問を頂くことがございます。正直、冒頭にも記載した通り、私はスーツを誂えた経験が豊富なわけではないので、ご回答を申し上げる資格はないと思っております。

しかし、資格がないということを前提としながらも、”同じ初心者として、自らの経験をお伝えする”という意味で、ご質問を頂いた際には、下記のようにご回答させて頂いております。

「素直にカッコいい!と思えるスーツがある所で仕立てて頂くのが良いのではないでしょうか。」
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄セッテ・ピエゲのネクタイ_利用イメージ⑤

本Blogでは、私が単純に興味があるという理由、そして、私自身が学んだことで、これは面白いのではないか!?と思えたことを、皆さまにも共有させて頂く、という意味で、ファッションやブランドの歴史、アイテムの作りや技法などのディティールといった、”ウンチク”と言われる小ネタ系の内容も盛り込んでお届けしております。

そんな記事を書いてきた本人が言うのも変!?かもしれませんが、ファッションは、最後は「ディティール」ではなく、どこまでいっても「カッコいいと思えるか。」という非常にシンプルなポイントに帰結するのではないか、と思っております。

もちろんファッションの起源がそうであったように、またTPOを考慮する必要があるシーンにおきましては、「ルール」「礼儀」「マナー」といった要素をちゃんと踏まえた上で、自らが楽しむ、ということが前提にはなると思います。

しかし、そんな時においても「ブランド」や「製法」、「素材」などの「ディティール」から入るというよりは、単純に「カッコいいと思えるか否か」が重要になってくるのではないかなと。
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄セッテ・ピエゲのネクタイ_利用イメージ③

そのような自らの考えを背景として、決してなげやりにご回答をさせて頂いているわけではなく、私rm55が心から思っていることとして、「素直にカッコいい!と思えるスーツがある所で仕立てて頂くのが良いのではないでしょうか。」とお答させて頂いているわけなんです。

事実私も、シャロンさんのパターン・オーダーにて仕立てられたスーツを実際に着用されている方の姿、また直井茂明氏によってス・ミズーラ(シャロンさんでは、ビスポークのメニューの意味)されたスーツを着用されているオーナーK氏やご自身で仕立てられたスーツを着ていらっしゃる直井氏のお姿をみて、”素直にカッコいい!自分も着てみたい!”と思ったからこそ、仕立てて頂く決意をしたわけです。

そのような意味では、しっかりと”独自の哲学、美意識などを持っており”、それらが表現された”独自のハウス・スタイル”を持っているテーラーであれば、なおのこと満足頂けるスーツが仕立てられるのかもしれませんね。

ちなみに、シャロンさんのパターン・オーダーのスーツと、ス・ミズーラ(ビスポークの意味で使用)のスーツでは、少しスタイルが異なります。

私が仕立てて頂いたパターン・オーダーのスーツは、全体のエレガントさはフィレンツェの美意識を踏まえながらも、ディティールについては、どちらかというとナポリよりのスタイルです。一方のス・ミズーラの方は、フロントダーツの入り方に特徴があるフィレンツェスタイルのディティールが目につきます。

私は、シャロンさんのハウス・スタイル、そして直井茂明さんのスタイルが”素直にカッコいい!”と感じておりますので、ス・ミズーラをするチャンスがあれば、是非お願いしたいと思っています。ただ、ス・ミズーラは現在相当な人気!?を得ているようで、既にこのAWのスーツは予約で一杯だそうです・・・。

ス・ミズーラのスーツは35万円(税別)からだそうですので、仕立てるにしても、長い期間着用できるAW素材のものにしたいな、と個人的には思っています。

今季のスーツはネイビーに注目してまいりましたので、来年はグレーに注目したいと考えています。従って、来年のSSスーツとして、もう1着シャロンさんのパターン・オーダーで作りたいな、と思う今日この頃。なお、パターン・オーダーは13万円(税別)からですょ。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のコットン・トリミング ポケットスクウェア⑥

もし読者様の中で、初めてスーツを仕立てることに挑戦しよう!と思っている方がいらっしゃいましたら、そんな「”独自の哲学、美意識が表現されたハウス・スタイル」を持っており、「これはカッコいい!!」と思えるスーツがあるテーラーさんで仕立てられてみてはいかがでしょうかっ!?

実際に挑戦された方がいらっしゃいましたら、こんなテーラーの選び方をしてみたよ!などのご自身のご体験も踏まえて、教えて頂けると他の読者様のためにもなるかもしれませんし、これから仕立てようと思っているけれど、こんな事を気にしているよ!ということがありましたら、是非コメント、お待ちしております!(笑)

皆さんが、素敵なスーツを仕立てられますように・・・!

なお、シャロンさんのパターン・オーダーやス・ミズーラが気になる方は、シャロンさんのHPにて詳細をご確認くださいませ。
sharon_il mare
※シャロンさんHPのス・ミズーラのページより拝借しました。










Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/666-f729be08