<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ALBERT THURSTON(アルバートサーストン) ブレイシーズ(サスペンダー)クリップオンボタンを購入!

こんにちは!
本日も昨日に引き続き、楽フェスの期間に購入した小物をご紹介致します。

昨日ご紹介したサスペンダーに関連するアイテムなのですが、購入致しましたのは、Albert Thurston(アルバートサーストン) ブレイシーズ(サスペンダー)用のクリップオンボタンです。

■クラシックさを追求するなら、サスペンダーはボタンで吊りたい
さて、前回の記事にて、ALBERT THURSTON(アルバートサーストン)のサスペンダーを購入したことはお伝え致しました。実はこのサスペンダーというアイテム、その起源はかなり古く、1787年頃に登場したパンツの普及とともに一般化したもの、と言われているそうです。ちょっと裏とりが不十分なのですが、約230位の歴史があるわけですね。

サスペンダーにつきましては、前回の記事でもご紹介致しました通り、外見的な役割と機能的な役割があります。実は、このサスペンダーが生まれた当初は、機能的な役割、つまり、「パンツを吊って、定位置にとどめておく」という実用的な役割のみだったようです。

そこから段々と”御洒落をする際のアイテム”であったり、「足を長く見せ(魅せ)、シルエットを美しくする」という、外見的な装飾上の役割(や意味合い)が追加されていったのだとか。

もちろん最初は「クリップ式」と言うのはありませんでしたから、当然「ボタン式」のみ。しかし、ベルトの普及とともに、パンツにはベルトループが設けられる代わりに、サスペンダー用のボタンが排除されたわけです。そこで、サスペンダー用のボタンがないパンツであっても、サスペンダーが使えるように、ということで、「クリップ式」のタイプが生まれたということは想像に難くありません。

つまり、クラシックなサスペンダーの着用方法は、「ボタン式」と言うわけですね。

■ベルトループのみのパンツを、ボタン式サスペンダーで吊る!
さて、せっかくサスペンダーを購入したのであれば、その歴史を尊重して”「ボタン式」で吊ってみたい!”という、なんとみミーハーな!?思いにかられた私は、考えました。

着用するパンツに、サスペンダー用のボタンを取り付けるべきか、否か。

答えはもちろん!?、NOですね。所有するパンツも多いですし、さすがに今からそのパンツにサスペンダー用のボタンを取り付けていくのは現実的ではございません。

ということで、探した結果、 見つけたアイテムが、本日ご紹介するALBERT THURSTON(アルバートサーストン)のブレイシーズ(サスペンダー)クリップオンボタンなんです。

それでは、実物をご紹介いたします。
こんな、雰囲気ある小箱に入って届きました。
ALBERT THURSTON(アルバートサーストン) ブレイシーズ(サスペンダー)クリップオンボタン①

開けると、なんとも言えないヴィンテージ感の漂う、クリップオンボタンが並びます。
ALBERT THURSTON(アルバートサーストン) ブレイシーズ(サスペンダー)クリップオンボタン②

シンプルで、飾り気のない!?デザインが、なんとも英国製らしい雰囲気です!?
ALBERT THURSTON(アルバートサーストン) ブレイシーズ(サスペンダー)クリップオンボタン③

「クリップ式」ですとパンツの生地を傷める、なんてデメリットもサスペンダーにはあると前回の記事では記載しましたが、このクリップオンボタンを使うと、生地へのダメージも軽減されるようですよ。
ALBERT THURSTON(アルバートサーストン) ブレイシーズ(サスペンダー)クリップオンボタン④

なんだか形から入るのが大好きな!?rm55の傾向が顕著に表れてしまったようなアイテムではございますが、何卒暖かく見守ってやってくださいませっ・・・。(汗)
ALBERT THURSTON(アルバートサーストン) ブレイシーズ(サスペンダー)クリップオンボタン⑤

こちらも、近日中にサスペンダーの利用イメージと共に、お届け致します。






この価格なら納得です!?



アルバートサーストン社製ではありませんが、更なる価格重視ならこちらがお得っ!



Comment

elnegro says... ""
プレーシーズといえばやはりAlbert Thurston ですね〜。
王室御用達でボンドも(確か白 !?)着用してましたよね。
というか他に思い当たるものがありません。(汗)

確かにボタンで留めたいところでしょうが、こんな小物まで用意されているとは知りませんでした。
意外と言ってはなんですが、英国製にしてはかゆいところに手が届いていますね。(笑)
2015.08.09 10:00 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
コメントありがとうございますっ!
やっぱりサーストンですかっ。正直自分が買うとはまったくもって思っていなかったので、調べるまで名前すら知りませんでした。(汗)おっしゃる通り、王室、そしてボンドも使っているみたいですね。それだけでも満足度が高いです。(笑)

このクリップオンボタンは、たまたま見つけまして、比較的手ごろだったので、楽フェスの倍率を稼ぎたくて、ポチってしまいました。まんまと楽天さんの敷いたレールにのっかっておりますよっ!(笑)英国も、こういった伝統的なアイテムにはうるさいのかもしれませんねっ。
2015.08.09 22:19 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/672-69d1e5cb