<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ(ドディチ・ピエゲ仕様)を購入!

こんにちは!

本日は2015年AWの第6弾アイテムのご紹介です。それも、ドレス・アイテムの中では私にとっては本命のブランドであり、アイテムでもあるGiusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)のドディチ・ピエゲ仕様(12折)のネクタイです。

■好きなモノは、細分化して考える
私は以前、と申しましても、2013年ごろまでは、ネクタイは投資の対象外アイテムでした。対象外、と言ってしまうと語弊がありますが、基本的にはセールで買いそろえる程度の脇役中の脇役アイテムという認識だったことを、ここに告白致します。

しかし、仕事においてスーツを着用する機会が増え、必要に応じてネクタイを買いそろえる中で、これほど奥が深いアイテムもないのではないか!?と思うようになりました。そのきっかけの一つは、ルイジ・ボレッリのネクタイとの出会いです。ボレッリのネクタイの締め心地の良さに大変驚き、締め心地の良いネクタイをすることの快適さを知りました。

このことは、これまでも記事にしておりますし、勢い余って!?下記のような記事を執筆していることからも、ご理解頂けるかと思います。ちなみにボレッリは今でも好きなブランドの一つです。
・「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のネクタイは、なぜ締めやすいのか?:前半
・「LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)のネクタイは、なぜ締めやすいのか?:後半

ところで、初めて会う人がどんな人かを判断する際に、その人がどんなことを”分節”しているか、をよく観察すると良い、とはどこかの記事でも書いたことですね。ちなみに、”分節”とは「全体をいくつかの区切りに分けること」という意味ですが、簡単に言うと、どんなことを”細分化して捉えている”か、と言い代えても良いのかもしれません。

人は自分の興味のあることは、細分化して捉えるようです。例えば、車好きの方は、メーカーやモデルだけではなく、エンジンがどうのだとか、外装の造詣がどうのだとか、色々と”細かく”車を捉えていますよね。

一方、車に興味のない方は、車はあくまで移動手段の一つであって、メーカーと車種だけでも分かれば良い方かも知れません。
これと同じことを様々な事象に当てはめて考えることができるのです。

アイドル好きの方は、自分の好きなアイドルグループ、例えばAKB48であれば、AKB48のメンバーに誰がいるというのを恐らく知っているでしょう。もっと凄い方は、メンバーの細かいプロフィールまで細かく把握していらっしゃるかもしれません。しかし、私は残念ながら、興味がないので、主要なメンバー以外、名前さえも知らないわけです。(汗)

これらの例えと、ネクタイも一緒です。
ネクタイに興味がない方にとっては、仕事の時に首に”とりあえず”ぶら下げるもの、程度の認識、かどうかまでは分かりませんが、少なくとも、1万、2万円と言ったお金を投資することの意味を、きっとご理解いただけないと思うのです。

しかし、ネクタイを好きな方であれば、柄や素材、何回折りのものか、スフォデタータ(裏地なし)仕様か、そうでないのか。スリップステッチはあるのか、ないのか。また、芯地がどんな硬さで、締め心地がどうなのか。ディンプルは立体的に決まるのか、などなど、気になる点を、細分化して捉えているわけですよね。

私も”大のネクタイ好き”になってしまいましたので、大物アイテム以外、シーズン毎に最も気になるアイテムは、ネクタイだったり致します。

なお、個人的には、柄や素材、締め心地は当然気にするポイントですが、特にディンプルの造詣や歩いた際のネクタイの奏でる表情と言うのが、とても気になるネクタイ・マニアです。(笑)

同じ結び方であったとしても、ノットのカタチや表情、ディンプルの造詣には人の個性が反映されますので、そこに、その方の人間性と言ったら大げさですが、個性を見出すことができるわけです。いやはや、ここまでいくと、ちょっと病気かもしれません。(笑)が、好きなモノは好きなんですよね。。

と、最後はくだらないお話になってしまいましたが、そんな”大のネクタイ好き”の私が、現在最も気に入っているブランドが、シャロンさんで出会った、Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)。フィレンツェの名店であるLiverano & Liverano ( リベラーノ & リベラーノ )の店主、アントニオ・リベラーノ氏の甥っ子である、ルカ・ ジュスト氏が立ち上げたブランドですね。

何が、どんなにすごいのか!?につきましては、気にる方は是非過去ログを探ってみてください。小物カテゴリに過去の記事は分類しておりますし、PCビューの方は、右上にある検索ウィンドウでも検索が可能です。

■Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイの実物をご紹介
さて、そんな無駄話!?はここまでにして、実物をご覧頂こうと思います。

2015年のAWは、とても魅力的な柄や素材のものが、シャロンさんにはたくさん入荷しており、正直全部欲しいくらいでした。(笑)その魅力的な選択肢の中で、悩みに悩んだ末に選んだのが、このペイズリー柄のネクタイです。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ①

ジャケットやシャツ、パンツなどは、素材や製法にこだわったサルトリア系のシンプルなものを買いそろえておりますので、ネクタイにはちょっと遊びを取り入れたい、と言うことで、珍しくペイズリー柄を購入しました。シルクですとちょっと派手になりそうですが、ウール素材なので色のトーンが落ち着いて、シックなのが良いですね。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ②

ジュスト・ビスポークの取扱は、恐らく日本ではシャロンさんだけだと思います。
ドディチ・ピエゲ(12折)仕様ということで、スカーフのように広がってしまうのを抑えるために釦が付いております。そこには、「PER SHARON」と、シャロンさんのエクスクルーシブ・モデルであること物語る刻印がなされております。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ③

裏の釦を撮りますと、ご覧のように柔らかく畳まれ、手作りで仕立てられたことを確認することができます。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ④

ジャケットのラペルの表情が柔らかいものには、どんぴしゃでハマるジュスト・ビスポークのネクタイ。裏地が付いており、マリネッラのような威風堂々としたネクタイも良いですが、こんなふんわりした表情を見せるネクタイも良いですね。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ⑤

最近は私より先に色々なアイテムを身につけることの多い「悩めるトルソー君」。ちょっと嫉妬でございます。(笑)ただ、皆さまにイメージをお伝えするという重大な任務は完璧に!?遂行してくれているので、良しとしましょう。

以下のコーディネートは、シャマット創業者であるニコラ・リッチ氏の着こなしをイメージしてみました。(笑)ジャケットはシャマットのホップサックJKT、シャツはヴィンツェンツォ・ディ・ルジェッロ、グランサッソのニットジレをはさみ、チーフはAD56のリネンチーフです。ヴィンテージ・ライクなシックなペイズリーがポイントです。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ⑥

ネイビーのワントーンに、ペイズリータイで花を添えて。(笑)
個人的には描いていたイメージにピッタリで、大変満足しておりますよ。ウールのウォーム感溢れる表情も良いですね。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ⑦

うーん、エレガントっ。
このコーディネートをした「悩めるトルソー君」を脇に見ながら、JAZZとウィスキーで素敵な時間が過ごせそうです。(笑)
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ⑧

語った割には、こだわりのあるディンプルが上手くつくれませんでした・・・。
人のネクタイを締めるって、なんか慣れないのですよね。
Giusto Bespoke(ジュスト・ビスポーク)ウール・ペイズリー柄ネクタイ⑨

ということで、最もお気に入りのネクタイである、ジュスト・ビスポークのウール・ペイズリー柄ネクタイをご紹介致しました。なお、お値段は29500円(税別)と少々お高めですが、使われている素材や生産工程、またドディチ・ピエゲ(12折)という仕様を考えれば、かなりコストパフォーマンスの高いネクタイだと思います。

今回も一つの柄につき、2、3本(生産の関係で)ということですから、気になる方は是非急いでチェックされてみてください!

・Sharon Shop info
107-0062
東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1、2F
Online Shop
Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)
Mail:info@sharon-shop.jp







Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/720-8c6dfc7d