<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Gabo ( ジ アーボ ) を着てみたっ!

こんにちは!
本日は、新ブランドのご紹介です。

と申しましても、ご紹介致しますのは、今月の初めに「Gabo ( ジ アーボ ) !?」という記事において1度触れております、2015年AWより日本の展開が始まった、ナポリ発の新ブランドであるGabo ( ジ アーボ ) です。

実はシルバーウィークに嫁さんが子供を連れて実家に帰省した日がございまして、この隙を見逃さず!?、シャロンさんに訪問しておりました。その日は、それこそ休日でお忙しいにも関わらず、開店から閉店まで居続けると言う、最長滞在時間を更新してしまいまして、オーナーのK氏はじめ、マネージャのD氏、スタッフの皆さまにはご迷惑おかけいたしました。

が、私にとっては夢のような時間でしたので、この日のことは次回のテーマとさせて頂きたいと思います。

■Gabo ( ジ アーボ ) の特徴
さて、そんなわけで、シャロンさんにてゆっくりと時間を過ごさせて頂いたわけですが、秋の新作が続々と入荷しており、色々と試着もさせて頂きました。それはもう目移りしてしまうほど、魅力的なアイテムが多かったのですが、個人的に気になっていたブランドの一つが、本日ご紹介致します、Gabo ( ジ アーボ ) です。

ブランドの歴史や、その特徴などは上記記事をご参考にして頂きたいのですが、私が一言でその”大きな特徴”を皆さまにご紹介するのであれば、それは「価格に対してハンド率が異常に高いこと」です。

決してハンド率の高さが、そのままジャケットやアイテムの良しあしに比例するわけではないことは、本Blogでも何度も申し上げてまいりました。しかし、ハンドの工程が増えれば増えるほど、その生産性はマシン(ミシン)を使うよりも低下するわけですから、必然的に価格も高くなる、という”事実”がございます。

従いまして、だいたい15万円くらいまでのスーツやジャケットは基本的に全てマシン仕上げ。15万円~25万円くらいになりますと、着心地に影響を与える箇所がハンド仕上げ、それ以降は価格に応じて(あとはブランドの考え方により)ハンド率が高くなる、といった感覚を、個人的には持っております。

もちろんデ・ペトリロ(旧ガイオラ)は15万円までの価格帯に入るのですが、襟付けなどはハンド仕上げを行っていると聞きますので、一部例外も当然ながらありますね。

このような中で、シャロンさんにて取り扱うGabo ( ジ アーボ ) は上記でいうところの15万円~25万円というプライスゾーンに入るのですが、なんとハンド率が8割近くにも上るという、価格を考慮すると脅威のハンド率。もちろん入荷の情報は聞きつけておりましたので、今回訪問して最初に拝見させて頂いたブランドなんです。

ちなみに、ジャケットやシャツ、パンツといったメインのアイテムがある中で、ジャケットほどハンド工程の恩恵を受けるアイテムはないのではないか、と言うのが個人的に持っている感覚です。やはりマシンとハンドの着心地の違いは明確にでると思っております。

■シャロンさんに入荷したGabo ( ジ アーボ ) っ!
さて、そんなことを念頭に置きながら、まずはシャロンさんに入荷したアイテムをご紹介したいと思います。ただ、残念ながらスタッフの皆さまが連休中ということでお忙しいこともあり、着用画像は撮影できませんでした。その代り、アイテムの撮影はマネージャのD氏に許可を頂いて行いましたので、ご紹介させて頂きます。

最初にご紹介致しますのは、永遠の定番であるネイビーカラーのスーツです。ちょっと光が入り込んでしまっておりますが、ゴージラインの高さやラペル幅、バルカポケットに袖つけの雰囲気など、ナポリの風を感じますよね!?
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon①

生地感としては若干の起毛感もあり、ネイビーがテーマカラー!?である私には気になる1着です。
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon②

釦ホールはハンド仕上げ。
イタリアはナポリらしい、人の手をもって仕立てられた、ということを感じる風合いですね。
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon③

そして、私がたいていジャケットを見る際に最初に目がいく、フラワーホールとラペルの表情。フラワーホールも当然ハンド仕上げですが、幅広のラペル幅とラペルに施されたステッチが、いかにもナポリらしい風合いを醸し出します。
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon④

同じく、使い勝手のよいチャコールグレイも入荷。
シンプルでベーシックなスタイルですが、それでもつくりが本格的な”ナポリ仕立て”と言うのが、オトナです!?
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon⑤

チャコールグレイも起毛感がある生地感。
ネイビーやチャコールグレイはビジネスにおける使いやすさも満点なので、お客さんの支持も高そうです。
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon⑥

個人的に遊びが効いていて面白いと思ったのが、ブラウンベースのハウンドトゥース柄のスーツ。オフホワイトのローゲージのタートルネックに、トリッカーズのカントリーブーツをあわせて、休日を散歩したい感じです。もちろん裾はダブル仕上げ。(笑・妄想中)
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon⑦

こちらも起毛感があり、オン仕様であれば、サックスのシャツにブラウンのタイを合わせてワントーンでもいけますし、ブルーやネイビーのタイを合わせて、アズーロ・エ・マローネも行けちゃいます。
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon⑧

ラペルの表情もご覧の通り。
ビジネスでも使える方であれば、個人的には一押しのスーツです。
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon⑨

そして最後は、キャメルカラーのジャケット。こちらは、ウールのスラックスを合わせてにも、チノパンをあわせても、さらにデニムを合わせても行けると言う、汎用性の高さが魅力です。しかも8割がハンドにも拘わらず、10万円代・・・。
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon⑩

こちらも起毛感のある生地感で、色もウォーム感があって良いですね。
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon⑪

ゴージラインも高めで、バルカポケットのカーブも良いバランスです。
Gabo ( ジ アーボ ) _sharon⑫

以上が、私がシャロンさんに訪問した際に、入荷していたジアーボの2015年AWの新作です。

ちなみにお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。実は、ジアーボのブランドカラーと言うのが、オリジナルハンガーに使われている色である”蛍光のイエロー”なんです。ちょっと派手ですよねっ。

他のShopで展開しているスーツやジャケットは、この蛍光のイエローがライニングにも使われている(それが標準だそうです。)のですが、そこはベーシック&エレガンスを標榜するシャロンさん。しっかりとスーツ地と同じカラーに変更しております。着てしまえば見えない箇所ではありますが、こういったちょっとした点への配慮が嬉しかったりするのです。

それでは、次に着用感をお伝えしたいと思います。

■Gabo ( ジ アーボ )を着てみたっ!
さて、注目の着心地ですが、さすがハンド工程が8割と言うだけあって、軽いです!
カマは、ダルクォーレやアルフォンソ・シリカに比べると若干浅目な印象ですが、それでも首から肩、腕への一体感はさすがです。

その感覚は、長らくデ・ペトリロ(旧ガイオラ)を着なれた友人BlogerさんであるDateotokoさんをもってしても、「今までに着たジャケットから一歩抜きん出た、着た瞬間に「感動」を覚えたジャケット」と評されてしまうほどの完成度の高さを誇ります。

そのような意味では、いわゆる”ナポリ仕立て”がどういうものであるのか、を知るには最適なブランドであるのかもしれません。それくらい、マシンで仕上げられたジャケットとの着用感は違います。

特に、襟まわりに使われている芯材は柔らか目という印象でしたので、合う人にはピタッと首筋から肩にかけてフィットしてくれる、極上の着心地が得られるのではないかと思っております。

正直、この着心地、そして雰囲気のジャケットやスーツが10万円代後半から20万円前半で購入できてしまう、と言うことに驚きを隠せません。

連休初日に入荷したそうですから、まだサイズなどは豊富にありました。
どれもシンプル&ベーシックなスタイルですから、長く着用することのできるものですね。気になる方は是非、店頭にてご試着されてみてください。きっと私のお伝えしたいことが、お分かり頂けるかと思います!?

・Sharon Shop info
107-0062
東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1、2F
Online Shop(ジアーボは未掲載です。)
Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)
Mail:info@sharon-shop.jp

ちなみに私も、少し時間をあけて、再度試着したいと思っておりますっ!









Comment

elnegro says... ""
こんばんは。
ジアーボ、いよいよ入荷したんですね。密かに待っていました!
今回の中ではブラウンのハウンドトゥースが気になりますが、やはりネイビー系のジャケットを見てみたいです。
いま私が欲しいと思うイメージに非常に近い予感がしています.....。

ライニングも流石ですね、イエローなのはハンガーだけというのは非常に良い落としどころだと思います。
イザイア方式といったところでしょうか。(笑)
2015.09.24 22:10 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
こんにちはっ!コメントありがとうございますっ。
ジアーボ、入荷しておりましたよ~♪私はハウンドトゥースが気になるのですが、ベーシックなネイビー、チャコールグレイは長く使えますし、シンプルなのに!?8割ハンドという大人具合が素敵でしたっ!非常にコスパが高いと感じましたので、是非是非ご試着されてみてください^^

ちなみにライニングもいいですよねぇ。やはり社内ではジャケットも脱いだりしますので、蛍光のイエローだとちょっと派手かな~と思っていました。ところで、確かにイザイアのハンガーもコーラルカラーで派手ですね。裏地がコーラルだと、さすがにちょっと戸惑います。(笑)

2015.09.25 00:04 | URL | #- [edit]
Dateotoko says... ""
rm55さん、今晩は!

ジアーボ着用されたのですね。

ハンド=良い

ではないのですが、同じ価格帯のスーツで比べると一歩以上抜きん出たオーラを感じずにはいられませんでした。

着心地は柔らかいのに、男らしい構築的な雰囲気が出るところが、流石ハンド仕立てといったところでしょうか(^-^)

ちなみにアルバーノさんではジアーボはペトリロを着せた後に試着させるようにしているそうです(笑)
2015.09.25 17:09 | URL | #- [edit]
スナフキン says... ""
こんばんは。

Gabo入荷されたんですね。
楽しみにしていたので、早速試着しに行ってきます。

私もシャロンさんに訪問すると長期滞在してしまいますが、開店から閉店までとは流石です!!
2015.09.25 21:39 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>Dateotokoさん
こんにちは!
コメントありがとうございますっ。

ジアーボ試着してきました。あっ、勝手にコメントで頂いた感想を掲載してしまい、失礼致しました。
しかし、価格との着用感のバランスはすごいですね~。かなり驚きました。
個人的にはラペルの雰囲気なども好みだったので、もう一度チェックしにいくつもりです。

しかし、アルバーノさん、分かっていらっしゃいますね。(笑)
ペトリロも良いブランドですが、軽さ、着心地の柔らかさはジアーボに軍配があがりそうです。

ただ、トレンドの生地感や柄ものは、比較的出の出しやすい価格帯のペトリロもいいですよね。
うまく使い分けられるのが良いのだと思いますっ!
2015.09.25 23:40 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>スナフキンさん
こんにちは!コメントありがとうございすっ。
ジアーボ、試着してきましたよ。今季は欲しかったスーツが買えていないので、予算のことも含めて色々検討中です。笑。

しかし、今回は楽し過ぎて、長いといいますか、スタッフさんバリの滞在じかんでした。汗。
まさか閉店時間までいるとは自分も思っておらず、驚きましたよ^^
1人の時間でないと、なかなかできない、贅沢な時間の使い方ですね。
2015.09.25 23:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/724-86d7c71d