<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

LARDINI(ラルディーニ)のOnline ShopがOPEN!?

こんにちは!
本日は、もはやインポートファッション(クラシコイタリア)における中核的ブランドの一つといっても良い、LARDINI(ラルディーニ)を取り上げます。

■LARDINI(ラルディーニ)のOnline ShopがOPEN!
既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2015年10月13日に、なんとLARDINI(ラルディーニ)のOnline ShopがOPEN致しました!BOGLIOLI(ボリオリ)が今年の9月に有楽町(丸の内)に直営店をOPENさせたことは記憶に新しいですが、それから遅れること約1か月。今度は、ラルディーニがオンラインShopをOPENさせたわけです。
LARDINI_HP001
ラルディーニのオンラインShopから拝借致しました。
※ボリオリの路面店OPENに関する記事「BOGLIOLI(ボリオリ)が路面店をOPEN!?

ラルディーニと言えば、世界の名だたるメゾンの製品を30年以上に渡って作り続けてきたという実績を誇ることは有名ですが、2010年に数々のブランドのコンサルティングを行ってきたUMBERTO CANTARELLI(ウンベルト・カンタレッリ)氏を向かえ、クリエイティブ・ディレクターのルイジ・ラルディーニ氏が指揮を執ることで、ブランドを一新しております。

それからの破竹の勢いは皆さんご存知の通り。
今ではクラシコ・イタリアなファッションを扱うセレクトShopにおいて、ラルディーニを扱っていない所はない!と言うとちょっと言い過ぎですが、それでも、ほとんどのセレクトShopで取り扱いがあるのではないかと想像致します。

これも代理店であり、ストラスブルゴを運営するリデアカンパニーさんによる所が大きいのかもしれませんね。もちろん今回OPENさせたOnlineShopの運営を行うのもリデアさんです。

ちなみに、1年ちょっと前に、某大手広告代理店に勤務する女友達など、数人で飲んだことがあったのですが、その際その女友達から、「今着ているのラルディーニでしょ。」と言われたことがありました。

確かにその日はラルディーニのジャケットを着用し、ブートニエールをつけたまま飲み会に行ったのですが、まさかそんなつっこみを貰うとは想像もしておりませんで(汗)、大変驚いた記憶があります。どうやら某広告代理店においてラルディーニの着用率は高いそうで、自然とラルディーニのことも知ったそう。(笑)

そういう意味では、インポートファッションが好きな男性だけではなく、トレンドに敏感な女性においてもその知名度を高めているのが、ラルディーニなのかもしれません!?

■LARDINI(ラルディーニ)Online Shopのコンテンツ
さて、そのように知名度を年々高めている!?ラルディーニですが、今回OpenしたOnlineShopのコンテンツを少し見ていきましょう。まずは、当然ラルディーニ・ブランドとしてのWebサイトとなりますので、「今季のコレクション」に関する画像が掲載されております。しかもメンズだけではなく、レディースもあったり致します。
LARDINI_HP002
※ラルディーニのOnline Shopから拝借致しました。

素材使いに定評のあるラルディーニですが、今季AWはデザイン性の強いアイテムや、



進化した!?ニットジャケット。


そして、ショールカラーのコートなど、ちょっと面白いアイテムも揃っておりますね。


また、直接購入可能な、「Online Shop」も完備。
リデアさんはストラスブルゴといった小売店も強化しておりますし、OnlineShopという直販サイトもOPENさせるなど、一見すると卸先であるセレクトShopとの摩擦が起きそうなものですが、どうなんでしょうね。ラルディーニというブランドが、単純に今は売り手市場だと理解しておけばよいのでしょうか。(笑)それとも・・・。
LARDINI_HP003
※ラルディーニのOnline Shopから拝借致しました。

ちなみに人気のジレなども型数は多くないですが、販売しておりましたので、いつもお世話になっているShopではサイズ切れであっても、もしかしたら直販サイトならあるかもしれませんっ!?

そのような中で、個人的に最も興味深く拝見させて頂いたのが、「NEWS」のコンテンツ。ルイジ・ラルディーニ氏とリデアカンパニーのクリエイティブディレクターである神藤光太郎氏との対談の様子(私のPCですと画像が正常に表示されませんでした。)や、ラルディーニのマーケティング・ディレクターであるEnrico Airoldi氏などによるネイビージャケットの着こなしの解説が見れること。しかも一部はムービー対応です。
LARDINI_HP004
※ラルディーニのOnline Shopから拝借致しました。

更に、「ラルディーニのものづくり現場【ダイジェスト版】」と題しまして、ラルディーニのファクトリーの内部までムービーに納められておりましたっ!特にそのファクトリーは巨大で、マシンによって正確にパターン・メイキングされていく模様は圧巻!ラルディーニ好きの方であれば、”一見の価値あり”かと思いますよっ!

他にも、まだ記事はアップされておりませんでしたが、「Blog」と言ったコンテンツも存在しておりましたので、今後更なるコンテンツの充実が図られていることと思います。

ところで、数十年前のラルディーニには、なんと”手縫い”で仕立てられたジャケット・スーツが存在していた!って皆さんご存知でしたかっ!?私もラルディーニと言えば、ファクトリー系ブランドの雄のように感じておりましたので、聞いた際は大変驚いたのですが、確かに存在していたようです。

もちろんお値段も40万円など、現在のような価格帯ではなかったようですが・・・。

今では、”EASY”と称して、仕様を簡略化することで価格を抑えたモデルがスタンダードなラインになってきておりますが、昔はそんなサルトリア的なものづくりもしていたようです。

今後、もしかしたら新たなラインとして、着心地に影響を与える箇所をハンドで仕上げたような、ハイエンドなラインが登場することもあるかもしれませんね!

個人的にもラルディーニは好きなブランドですので、今後もその動向をチェックしてまいりたいと思いますっ!









Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/748-fa557cac