<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズを購入!

こんにちは!
本日は、タイトルにもありますように、私のお気に入りの靴のブランドでもあるEnzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズを購入致しましたので、ご紹介したいと思います。

■購入したのは・・・
先日、Amazonにおいてエンツォ・ボナフェがお得に購入できますよ!というお得な情報をご紹介致しました。実は、このAmazonのキャンペーンにおいて私もちゃっかりと購入しておりました。

Aldenのコードヴァンローファーに、シャマットのジャケット、そしてチェスターコートとなかなかの散財っぷり!と思われる方が多いと想像致しますが、実はこれ、昨年のAmazonのキャンペーンにおいて購入していたのです・・・。

昨年もAmazonは10月くらいにGQ Japanと組んだファッション・キャンペーンを開催しており、「Amazon meets GQ JAPAN コラボ記念を見逃すな!?」と言う記事にて取り上げておりました。

今年のキャンペーンにおいて値下げ対象となっていたのは恐らくはキャリー品(と言っても、外見上のデザインの違いは分かりません。)で、値下げ率もかなり高めでしたね。私が見た中での最大値引き率は、なんと「46%」から、更にキャンペーンコード入力でもう「10%」も値引かれるという太っ腹具合。実質ボナフェの靴が5万円中盤位で購入できる状態でした。
amazon_bonafe2015AW
Amazonより拝借致しました。

これには大変魅力を感じ、お得意の「カートまでは入れた」のですが、そこから先へが進みません。(汗・笑)さすがにそこは理性が働き、現在の支払状況や、このAWに狙っている最後のアイテムのことなどを踏まえて、今回は諦めた次第です。。

と言うことで、今年のキャンペーンには残念ながら私は参加できなかったのですが、昨年ローファーを購入した際に、合わせてポチっておいたアイテムを本日はご紹介したいと思います。

■Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズの実物をご紹介
購入しておりましたのは、スエード素材のこんなセミブローグのシューズでした。ローファーはオン・オフを想定しての購入でしたが、こちらはビジネス用をメインに考えての購入です。落ち着いたダークブランのカラーリングで、幅広いスタイリングに使えそうかなと思っております。
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズ①

サイドも含めて、結構しっかりとパーフォレーション(穴飾り)が入っていることがお分かり頂けるかと思います。個人的な感覚ではありますが、春夏より秋冬の方がどちらかというとメダリオンのついた靴を履きたくなるのです。コートなどの重厚感のあるアイテムを下支えするバランス感もあるような気がしておりますし、今回はスエード素材ということでこれからの季節にぴったりかなと。
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズ②

メダリオンのバランスや、入り方も美しいですね。スエードシューズは外羽根も好きですが、内羽根と言うのがまたドレッシーで、個人的にはとても好きな雰囲気です。
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズ③

トゥまわりの表情。
スエードの質感は、同じタイミングで購入したローファーの方が、毛足が短めで良さそうな雰囲気もありますが、実際の質の差は正直私レベルでは分かりません。が、決して悪いわけではないですよ。
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズ④

コバもハリ過ぎず、ちょうど良い塩梅。コバがしっかりと張っているものも、それはそれで良いのですが、これくらいの出方の方が個人的にはエレガンスを感じますし、好みかもしれません。
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズ⑤

既にヴィンテージ・スチールも装着済み。
もちろん、作業はいつもお願いしているアンパサンドさんです。
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズ⑥

一時期、メダリオン/パーフォレーションが施された靴が好きだったのですが、黒靴のJ.M.Westonのストレートチップや、Edward GreenのDoverを履いてからは、すっかりとシンプルな靴にハマってました。今回のボナフェのセミブローグを機に、またメダリオンやパーフォレーションに対する熱があがりそうです。(笑)
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズ⑦

ちなみに靴のプロに言わせますと、「靴はブランドや革質にこだわらず、自分の足にフィットしているモノを履け!」とは言いますが、善し悪しの判断が付かない分、余計にブランドに頼ってしまう自分がおります。そういう意味では、9分仕立てのボナフェは最初から返りも良く、足への負担もないので(足に合っていると思いこめる)お気に入りなんです。
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のセミブローグ・ドレスシューズ⑧

購入していたセミブローグも近日中にデビューさせ、現在所有するダブルモンク、
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のダブルモンクストラップ①

そしてローファーとともに、活躍してもらおうと思います。
Enzo Bonafe(エンツォボナフェ) のローファー④

なお、個人的にはプロパー10万円ちょっとの価格帯で購入できる靴としては、ウェストンに次いで良いブランドではないか、と素人ながらに思っておりますので、気になる方は是非店頭でチェックされてみてください!






表革のダブルモンクも魅力的ですが、



今季のトレンドを踏まえるなら、カーフとスエードのコンビネーションでしょうか。



Comment

hirosato0301 says... ""
おはようございます!
エンツオボナフェのセミブローグ購入されたのですね!私も今年エンツオボナフェの外羽根クオーターブローグを購入しましたが、良い靴ですよね!ボナフェの靴はイギリス靴と物作りの思想が違いますよね。イギリス靴はアッパーに副資材をしっかりと入れ、ソールにもシャンクを詰めて靴の整形性を保ちつつオーナーが長年履くことでアッパーを柔らかくし、シャンクを沈ませることで靴を馴染ませるという持ち主依存の物作りですが、ボナフェの靴はアッパーに副資材をあまり入れずアッパーをベンドさせることで靴の履きやすさを確保するような造り方をしていますね(ただ、ソールにはシャンクがあまり入っておらず沈まないのでそれによる伸びは期待できないため最初のサイズ選びには気を使わないといけませんが)。そのため、持ち主の手入れや履く頻度によらなくてもある程度の馴染みは確保されているという感じでしょうか。
どちらが良い靴作りなのかは履く人の感じ方により違うのでしょうが、私はどちらも好きです!エンツオボナフェは縫製も丁寧で作り手の物作りに対する真摯さが感じられますね^^
2015.10.31 09:19 | URL | #imKQ/SmM [edit]
elnegro says... ""
こんばんは。
ボナフェのセミグローブ!
昨年中に3足目のボナフェを買っていたとは....なかなかの驚きでした。(笑)

でもセミグローブいいですよね、私はビジネスにはセミグローブが最強だと密かに思っています。
よって最近だとウエストンの310が欲しくて仕方なかったりします。(汗)

スエードの紐靴、私は所有していないので新鮮でした。
これからの時期にどんな合わせをされるのか、楽しみにしていますね〜。
2015.10.31 21:12 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>hirosato0301さん
こんにちはっ!コメントありがとうございますっ、と言いますか、めちゃめちゃお詳しいですね!
私なんかより全然ご存知のことも多いと思いますので、きっと読者様にとりましても目から鱗な点が多いかと思います。ありがとうございます!!!

ボナフェは価格と履き心地、そしてデザイン(過去は大分異なるデザインもあったようですが)の観点から、お気に入りのブランドの一つです。確かにご指摘の通り、英国の靴とは全く異なるモノづくりの思想によって出来たものだと感じました。非常に興味深いご指摘ですね。

スーツについては英国とイタリアとのモノづくりの違いは、大きく気候という自然環境や、歴史的な背景がもとになって違いがでていることを過去考察しておりましたが、靴についてはそのような視点で捉えたことがございませんでした。同じ石畳の環境でありながら、そのような差異が出来たのは非常に興味深いところです。

靴につきましてはまだまだ分からないことも多く、感覚論で執筆してしまうことが多いのですが、そちらの知識もしっかりと勉強してゆかねば!と思った次第です。今後とも、色々とご教授くださいませっ!!
2015.10.31 22:41 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
こんにちはっ!コメントありがとうございます^^
そうなんです、実は昨年は後半こそISAIAやラティーノ、年末年始のセールではサルトリオと言ったナポリ仕立てなジャケットを購入してはおりましたが、年始のテーマは「靴に投資する!」と言うことだったので、結構靴を購入していたのです・・・。(汗)

ただ、忙しくてスチールをつけれないまま年を越してしまい、気付いたら暖かくなっていので、デビューはこの秋冬というなんとも間抜けな買い物の仕方になってしまったのです。

ウェストン、いいですよね~!私のインスタグラムは毎日どこかしらからウェストンのpicが流れてきており、セミグローブ、フルグローブともに興味をもって拝見しております。(笑)

合わせにつきましては、Blogまたはインスタの方でアップいたします~^^
2015.10.31 22:45 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/755-f581d0e9