<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバックを購入!

こんにちはっ!
本日は、本Blogではあまり扱うことのない、革小物のご紹介です。

今回ご紹介致しますのは、MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバックです。もしピン!と来た方がいらっしゃったら、Sharon(シャロン)さんの顧客様か、HPを色々とチェックされている方かもしれません。(笑)
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック①

■MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)とは
私にとっては初めてのブランドですので、恒例となったブランドについてのご紹介から始めます。

実はこのブランド、知る人ぞ知る、革バックの最高峰のメーカーの一つです。

世界最高峰の革バックを扱うブランドはどこか!?と質問をしたら、多くの方が「エルメス」と回答されると思います。ジョン・ロブ・パリがエルメスの資本傘下にあることは有名ですが、良質な革を扱うことができるのも、その巨大な資本力によって世界の良質な革を提供するタンナーを抑えているから、と言うことが背景にあったり致しますね。

そんな革バックの最高峰である「エルメス」と並んで、世界の”革卸業者”の間において、革質の良さや縫製の美しさといった技術力、そしてコダワリが高く評価されているのが、実はマウロ・ゴヴェルナなんです。つまり、どちらかという素人である消費者よりも、玄人の間で人気が高い、という珍しいバックメーカーがマウロ・ゴヴェルナなのかもしれません。

ちなみに、取り扱う革の質や、革を扱う技術力に自信があるメーカーは、大抵有名メゾンのOEMを行っているものですが、ゴヴェルナは自らのコダワリを貫くために、どこのブランドとも契約をすることなく、「My Way」を突き進んでいると言います。つまり、そこには相当なコダワリと自信が背景にあるのだろうと想像致します。

ビジネス的に考えれば、有名メゾンと契約をすることができれば、その取扱量は跳ね上がりますし、売上も高い位置で安定する、というメリットを享受できるわけですが、一方でメゾンの指定によるモノづくりを当然ながら強いられるわけですから、自分たちのコダワリを貫くことはできませんね。

そういう意味では、ビジネス(売上)よりも、自分たちの理想、コダワリを大切にするという、珍しいメーカーであるとも言えそうです。

そんなマウロ・ゴヴェルナは、1978年に創業した、イタリアのパルマに本拠地を置くバッグメーカーなのですが、クロコダイルやオーストリッチ、パイソンといったエキゾチックレザーを駆使した素材使いに定評があり、主に革好きな女性の間では人気ブランドの一つだそうです。

なお、当然ですが革小物について無知な私がマウロ・ゴヴェルナを知っているはずもなく、シャロンさんに訪問して初めて知ったブランドの一つです。恐らく、読者様の中でもご存知の方は少ないのではないでしょうかっ!?

ちなみにシャロンさんではShopに入って、すぐ左脇の棚に、マウロ・ゴヴェルナのアイテムが並んでおります。今季は、シャロンさんが依頼したエクスクルーシブなバックが入荷しており、そのエレガントな佇まい、そして今まで触ったことがないような革質に魅了され、真剣に購入を検討したほどです。
sharon_ゴヴェルナ2015aw①
※シャロンさんに許可を頂き、撮影致しました。

ちなみに下記が私が購入を検討したフラップバックです。非常に柔らかな質感と弾力を持つというラスティカーフを贅沢に使ったモデルですが、お値段も25万円(税別)と、男性の持つバックとしてはかなり高い部類かと思います。ただ、それに見合うだけの、素晴らしい出来映えだと感じましたっ。
sharon_ゴヴェルナ2015aw②
※シャロンさんに許可を頂き、撮影致しました。

なお、このラスティカーフを使ったモデルは、私が検討している間に既に完売!!ただ、他にも同じ形でトリヨンレザーと呼ばれるシボ革を使ったモデルがあるそうですので、気になる方は是非チェックされてみてください。
※シャロンさんのOnline Shopはコチラ

■MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバックの実物をご紹介
さて、欲しくて検討していたものが完売してしまうと、”なぜか無性に欲しくなる”というのは、「インポート・ファッションあるある」の一つだと思うのですが(笑)、私も完売してしまったとなると、どうしても欲しくてたまらなくなるクチです。。

が、今回はシャロンさんが別注したエクスクルーシブなモデルということで、残念ながら他を探しても見つけられるわけではございません・・・。しかもゴヴェルナはレディースのアイテムが多く、なかなかメンズのアイテムが日本において流通することが少ないのですよね。

それでも、あの革質が忘れられず、夜な夜な時間を見つけてはネットをチェックしている中で見つけたのが、本日ご紹介するビジネスバックです。それでは、実物をご覧頂きましょう。

購入しましたのは、こんなボストンバックに近い形のビジネスバックです。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック②

前面にはフラップ式のポケットが2つ。背面にはジップ式のポケットが一つ。
ビジネスで使うには、何かと外にポケットがあると便利なんですよね。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック③

底には鋲がうってありますので、中に入れてあるものによっては自立します。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑪

ちなみに前面のフラップ式ポケットですが、マグネット式で簡単に開け閉めできるのも魅力です。また、マグネットがあることから、表革に余計な凸凹ができるのも抑えることができますね。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック④

こちらは上から見た画像。二つに分けて収納できるようになっています。普段から荷物が多い私には嬉しい仕様。そして、1泊2日程度の旅行や出張にも対応できそうですね。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑤

ジップをあけるとたっぷり収納できる容量があることが分かります。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑥

ライニングはアルカンターラ!とい思いきや、(恐らく)ピッグスキン。非常に高級感がありますね。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑦

なお、前面のフラップポケット、背面の外側のジップポケットのライニングもピグスキンというコダワリよう。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑧

ちょっとくすんでますが、シルバーのプレートがインナーに付いてます。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑨

こちらは表面の革の表情。
カラーはスモークグレイ。非常にキメが細かく、柔らかい上で、吸いつくような気持ち良さは、これまで私が購入した革小物の中でも間違いなくトップクラスの心地良さ。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑩

既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこのゴヴェルナのビジネスバックはセカンドハンド。いわゆる中古品なんです。でも、非常に状態の良いものが見つかり、大満足。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑫

既にビジネスに投入して使っておりますが、デザインや革質、容量、機能面など、多くの点で満足しております。
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑬

マウロ・ゴヴェルナ、またまた非常に素晴らしいブランドに出会わせて頂きました。
とても素晴らしいモノであることは十分理解できましたので、次に購入するなら新品を。しかも、シャロンさんの別注のエクスクルーシブモデルであるフラップバックを是非とも手に入れたいと思っておりますっ。(笑)
MAURO GOVERNA(マウロ・ゴヴェルナ)のビジネスバック⑭

マウロ・ゴヴェルナのバック、冒頭にご紹介したフラップバック以外にも、シャロンさんにはトートなどいくつか種類がありましたので、気になる方は是非チェックされてみてください。個人的には、店頭でその革質をご確認されることを強くおススメ致しますっ!その吸いつき感は、今まで出会ったことのないような感動を運んでくれるかもしれませんよっ!?
sharon_HP_mg2015aw
※シャロンさんのHPより拝借致しました。
※シャロンさんのOnlineShop上のマウロ・ゴヴェルナのページはコチラ









Comment

D says... "初めまして"
こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
いつもおしゃれなコーディネート、楽しく拝読しています!
ところで僕は20代後半(アラサーともいう)なのですが、この度転職し、
事務職についているのですが、仕事でどんな着まわしをすればいいか迷ってます。
ネイビーの無地とストライプのスーツしか持っていないもので、
できればパンツとジャケットをセパレートで買ったりとコーディネートの幅を広げたいと思っているのですが、なにか着回しテクや買っておいたほうがいいアイテムなどがあれば教えていただければ幸いです。(^^)
2015.11.08 16:18 | URL | #DPo0okXI [edit]
elnegro says... ""
こんばんは。
先日シャロンさんでDさんと話されていた内容から「あれ?」と思いながら読み進めていたのですが、そういうことだったのですね〜。
しかしむしろ購入されたバッグ、色合いもとても素敵で刺さります!

シャロンさんでこの位のサイズのバックも扱ってくれないですかね。
価格的に手が届かないかもしれませんけど。(笑)
2015.11.08 23:38 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: 初めまして"
>Dさま
こんにちはっ。コメントありがとうございます^^
稚拙ブログながら、楽しんで頂いているようでとっても嬉しいですっ。

Dさんは最近転職されたということで、今は環境変化になれるのに大変な時期かもしれませんね。私も転職経験はありますが、やっぱり最初が肝心だと思いますので、頑張ってくださいっ!

さて、コーディネートの幅を広げられたいということですが、実は私も同じ悩みを持つ1人です。(笑)私はセンスが良いわけでもないので、正直インスタグラムで超絶的なファッショニスタぶりを発揮されている皆さまのpicをご覧になられた方がより学びにもなると思うのですが、そんなことを前提として私が最近思うことをあげるとするならば・・・

「原点に立ち戻る」というのがコンセプトです。(笑)
もう少し具体的に申し上げますと、

①色はネイビー、またはグレイ
②柄は、無地、またはストライプやグレンチェック、ウィンドペンなどクラシックなもの
③生地は、トレンド生地よりベーシックな生地

が良いのかなと。更にもっと踏み込みますと、
ジャケットならネイビーのホップサック、パンツはウールのグレイの無地があると、ジャケパンの基本形が完成です。あとは、ネクタイと、今の時期であれば間に挟む、ジレ、カーディガン、Vネック、クルーネックのバリエーションを増やしますと、ジャケットとパンツは同じでも、かなり変化を与えられるのではないでしょうか!?

やっぱりなんだかんだ言って、シンプルでベーシックなものが、"着回し"するには使いやすいと感じていますし、基本があって応用がある、と自分にできなかったことを語ってみます。(汗)ちなみに、ネクタイはそれだけで印象が変えられるので、何本あっても良いと思いますが、安いものではなく、ネクタイ専業ブランドのものをネットなどで安く購入するのがおススメです!

と、何のヒネリもなく、参考にもならないご回答で申し訳ありません!
実はメールで他にも似たようなご質問を頂いたことがありますので、これを機会として私も考えてみたいと思います。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します^^
2015.11.09 00:39 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
こんにちは!いつもコメントありがとうございます^^
先日は偶然ながらお会いできて良かったです。スナフキンさんとも偶然お会いしたのはシャロンさんでしたが、もはや貯まり場的な感じになっておりますね。(笑)

いやぁ、今回のゴヴェルナのバック。かなり使いやすくて気に入っております。
私は荷物が多いので、これだけ容量のあるバックは嬉しいですし、革ながら薄くて軽いのもまた良いのです。

elnegroさんにもご指摘頂きましたスモークグレイが、これまた渋いうえに、色々なコーデにも使いやすく、モルビダの登場頻度が激減中。(汗)とりあえず革質がヤバイので、次回訪問時には是非チェックされてみてください!!
2015.11.09 00:43 | URL | #- [edit]
D says... ""
お返事ありがとうございます!
なるほど。やっぱりネイビーとグレーは鉄板ですよね。
近々グレーのスーツを探しにお店に行ってみたいと思います!
なんせ安月給のサラリーマンなもので、毎月生活するのが格闘ですが。笑
これからもファッションのみならずライフスタイルも参考にさせていただきます!(^^)
2015.11.09 18:49 | URL | #15hTc4hY [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>Dさん
こんにちは!コメントありがとうございます^^
大したご回答もできていないにも拘わらず、わざわざ御返事ありがとうございました。

私は今期購入したスーツやジャケットは全てネイビーの無地(または無地に近い)でした。来期はグレーをテーマにしようと思っているのですよ^^やっぱりシンプルで一番カッコいいカラーだと思っています。

確かに使えるお金の中でやりくりするのは大変ですが、そこからきっと工夫が生まれ、次のステージのヒントが見えてくる気が致します。今後とも、どうぞ宜しくお願い致します!
2015.11.09 23:45 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/760-04b08779