<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ワードローブを再発掘!?:tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)

こんにちはっ!
本日は、「ワードローブを再発掘!?」と題しまして、私のワードローブの中から再評価したアイテムを取り上げたいと思います。

そのアイテムとは、タイトルにもございます通り、tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)です。少し前には結構セレクトShopなどでも見かけたカジュアルパンツ・ブランドだと思うのですが、今や下火になってしまったようで、新しいブランドにとって代わられてしまった感がございます。

私も、AW用の厚手のコットンチノパンとしてワードローブの片隅に”いる”ことは把握していたのですが、フロントの釦が取れており、放置したままでした。先日、衣替えを行うにあたって、その取り扱いに迷い、とりあえず穿いてみたところ、なんだかとてもしっくりくる感覚がございまして、釦をつけて、最近穿くようになりました。

それでは、改めてtramarossa(トラマロッサ)というブランドを取り上げることから始めてみたいと思います。

■tramarossa(トラマロッサ)
実は1967年にイタリアはヴェネトにて誕生したパンツブランドと言うことで、50年ほどの歴史あるブランドです。もとは、テーラー職人だった父親が作ったという、赤いセルベージ(耳)が特徴のデニムを看板アイテムとして、その息子たちが立ち上げたブランドだそうです。

また、ブランド名はイタリア語でTRAMA(トラマ)は「耳」、ROSSA(ロッサ)は「赤色」と言う意味に由来しているそうですが、父親へのリスペクトを感じるネーミングですね。

なお、そんなテーラー職人だった父親が元になったブランドだけに、本格的なサルトリア手法を取り入れたパンツ生産をベースとして、そこにほど良いヴィンテージ加工など、時代のトレンドを取り入れながら、MADE IN ITALYにこだわって今でも生産を続けていると言います。

ちなみに、同ブランドのアイコンでもある「ハサミ」のマークは、ハンドメイドである“サルトリアーレの手法”を用いたことの証として付けられているそうですが、一時期は2文字のアルファベットを組み合わせた金具飾りをカスタマイズできるということで、人気を得たいたような記憶があります。

当時から”美脚”なシルエットながらも、ストレッチを用いていることから、ノンストレス。それでいて、ほど良いヴィンテージ加工がこなれた雰囲気を醸し出しているということで、メディアなんかを賑わせておりました。

私もそんな噂の”美脚”を試すべく、セールですが定番モデルであるROBERTを数年前に購入していたのです。

■tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)の実物をご紹介
所有しているのは、こんなネイビーカラーの厚手のコットン・ストレッチ・チノです。スラントポケットなどのドレス・パンツにも通じる仕様も入っているからか、一見するとカジュアル・パンツな雰囲気は遠目にはしないですね。

そして、大きな特徴はフロントの股上に比べて深めに取られたヒップ側の股上。ウエストラインがヒップ側に向うに従って湾曲しているの分かります。これが穿いた時の美脚に一役買っているのです。
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)①

なお、遠目にはドレスパンツっぽい雰囲気があるとはいえ、ディティールを見ていくと良いヴィンテージ加工がところどころに施されている、こなれ系パンツの一つです。従いまして、仕事においては、社内作業などカジュアルなスタイルがOKな日に限って使っております。
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)②
※パンツの裾は貼りつけ加工

こちらはバックポケットのあたりです。ブランドのロゴパッチに、フラップ付きのバックポケット。そして、ブランドのアイコンでもある「ハサミ」のマークが打刻されたメタルの金具。
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)③

ブランドカラーである赤い糸を使った縫製は、デザイン上のワンポイントにもなっておりますね。
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)④

つくりを確認するために、ひっくり返してみました。さすがに、インコテックスやPT01ほど副資材が充実しているわけではないですが、縫製も綺麗ですし、なかなかしっかり作ってある印象です。競合はさながらシヴィリアと言ったところでしょうか。
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)⑤

個人的には、こういった金具類の使い方は、上手いと思っております。
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)⑥

実際に穿いてみますと、こんなシルエット。個人的に、改めて穿いてみて非常に気に入っているのがカジュアル・パンツながらも、おへそ辺りまでしっかりと覆う、股上の深さ。最近はローライズなモデルも多いですから新鮮です。
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)⑧

上述した、フロントに比べてヒップ側の股上が深くなっているカッティングが、バックスタイルですと良く分かります。ウエスト、ヒップをしっかりとホールドする安心感を与えつつ、見た目の足長美脚効果に大きく寄与しております。私自身も足が長くなった印象を受けますが、残念ながら”印象”だけで、実際には足は短いままです。(泣)
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)⑨

■コーディネートにトラマロッサのチノパンを使ってみる!
それでは、コーディネートに取り入れた感じを少しご紹介したいと思います。

下記は、ロベルト・コリーナのケーブル編みニットカーディガン(46)に、アレッサンドロ・ゲラルディのブロックチェックシャツ(37)、ルイジ・ボレッリにニットタイで、足元はオールデンのコードヴァン・ローファーです。
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)⑦
※172cm 59kg ウエスト76cm
※トラマロッサはサイズ28です。

非常にタイトフィットなシルエットながら、昨今のパンツのようにワタリが極端に細いわけではないのです。従って、ウエストからヒップ、太ももまではしっかりとホールドされている感覚があり、それでいて膝付近からは急激にテーパードを利かせるというかたちでトレンドを取り入れております。これにより、安心感と心地良さ、そしてトレンド感を絶妙に取り入れたパンツな気が致しますがいかがでしょうか。

続きましては、カジュアルなジャケットスタイル。リングヂャケットのクリーミーワッフル(42)、ジャンネットのシャンブレー(XS)、ラルディーニのガンクラブチェックジレ(42)、チーフはRODAで、靴は同じくオールデンのローファーです。カジュアル・パンツながら、ジャケットスタイルにも合わせやすいですね。
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)⑪

最後はこちら。スティレ・ラティーノのポロコート(44)に、ケーブル編みのタートルネック(XS)、靴は同じくオールデン。ポロコートなど、若干カジュアルなコートスタイルなんかにはぴったりですね~。思いのほか良いアイテムを自分のワードローブの中で見つけてしまいました!(笑)
tramarossa(トラマロッサ)のコットンスリムテーパードチノ(ROBERT)⑩

服だけではなく、知識や仕事上のデータや書類なんかもそうですが、沢山保管していても、しっかりと整理されていないと、必要な時に、必要なものをスムーズに取り出すことって難しいですよね。せっかく良いアイテムを持っていても、案外使っていないアイテムがワードローブにあったりするもの。これはファッション好きの方にとっては「あるある話」かもしれません。(笑)

私も含め、ファッション好きの方と言うのは、えてして新しいアイテムに目がいきがち!?だったりすると思うのですが、自らのワードローブを改めて整理してみると、案外今の気分にぴったりなアイテムを再発掘できたりするかもしれません!?

もう少しでセールも始まりますが、その前にしっかりどワードローブの再点検をしておくと、本当に必要なものにお金が回せると思いますよっ!(笑)





こうなると、他のモデルも気になります。。(笑)
ブラックカラーのコーデュロイは2015年AWモデル。高額化しているパンツの中では比較的お手頃なのも嬉しいですね。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/768-d77c71e1