<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

ナポリのシャツとタイで勝負する!:Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)に行ってみた!

こんにちは!
本日は、前回の長々しい前フリでも予告しました通り、Shop紹介です。

なお、本日ご紹介するShopですが、恐らく日本でも唯一無二の存在だと思います。
それは、シャツとネクタイのみを扱う専門店という点にあり、そしてナポリ・メイドの物しか置かない!更には、ブランドのセレクトも、シャツ、ネクタイともに、オーナーが最高だと思う2、3種のみで勝負をする!という、大変とんがったShopだからです。

■Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)
今年は、サルトリア系のブランド、特にナポリのブランドに魅了され続けていることは、既に本Blogでも何回も記述しておりますね。私は、気になることは、とことん調べる習性がございまして、そのような中で見つけたShopの一つが本日ご紹介する「Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)」さんです。

ゴルフォ・ディ・ナポリさんは、東京の世田谷区赤堤に店舗を構えていらっしゃるのですが、先日仕事が早く片付いた際に、帰りがけに寄ってみることに致しました。場所は、東急世田谷線松原駅より山下(豪徳寺)方面70m程度行ったところにございます。
※近くにコインパーキングもありますので、車もOKです。(専用駐車場はありません。)

実は、ちょうど1年前の2014年11月に執筆した自分の記事をサラっと眺めていたところ、シャロンさんに訪問したことを伺わせる記事が出てまいりました。(実際にシャロンさんをご紹介した記事は、今年2015年の2月です。)
※シャロンさんのご紹介記事はコチラ

その記事を読んだ時に、シャロンさんに初めて向かう際もドキドキしながら歩いたなぁなどと懐かしく思ったわけですが、いつでも新しいShopを訪問する時には、不安感と期待感と、そんなドキドキした感情が生まれるものですね。もちろん今回も、そんな感情を胸に訪問致しました。

線路沿いに歩いて行くと、Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)さんはありました。
Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)①

まるで、ナポリの街の一角にあるかのような、非常にローカル感が漂う佇まい。
ドキドキしながら、足を踏み入れます。
Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)②

一歩足を踏み入れますと、襟型が非常に美しい、見ただけで仕立てが良さそうなシャツがトルソーに飾られております。
Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)③
※オーナーさんに許可を頂き、撮影致しました。

そして、ナポリの空気が漂うネクタイがズラリと並びます。
ヴィンテージ・ファブリックを使ったネクタイもあったそうですが、全て完売してしまったとのこと。
Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)⑥
※オーナーさんに許可を頂き、撮影致しました。

棚にはシャツが並びますが、結構なサイズ欠けが。
2か月程度に1度は商品を入れているそうですが、私が訪問した際は、ちょうど谷間にあったようです。
Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)④
※オーナーさんに許可を頂き、撮影致しました。

ゴルフォ・ディ・ナポリさんは、2000年に創業したというナポリのシャツとネクタイを扱う専門店。シャツはプレタポルテ(既成)とオーダー(パターン・オーダー/MTM)を扱っており、納期は2~3か月程度。また、代理店を通すのではなく、オーナー自らイタリアはナポリまで足を運び、直接シャツの工房を訪ねては、この15年の間、良いシャツを探してこられたと言うご経験を持っておられます。

それこそ開店した15年前は、私がシャロンさんにて購入させて頂き、現在大変気に入っているヴィンツェンツォ・ディ・ルジェッロや、まだマンション?の地下に小さな工房があるだけだったというフィナモレ、そしてマリオ・ムスカリエッロなど、今やインポート・ファッションファンの間ではよく知られているブランドを扱ったこともあったようです。

ちなみに、その頃は「なぜ日本人がシャツをわざわざ買いにナポリまで!?」と大変驚かれたそうですよ。

そんなシャツに対して熱い想いをお持ちのオーナーは、突然訪問した得体のしれない私に対しても気さくにお話を頂き、「ちょうどコーヒーを飲むところだったから、是非一緒に。」と仰って、私にコーヒーを入れてくださいました。(とても美味しかったです!ご馳走様でしたっ。)そして、コーヒーを頂きながら、私の質問攻撃が始まったのです。(笑)

私は、「なぜシャツ(をメインに扱う)なんですか?」と疑問に思ってことを伺ったところ、オーナーは、迷いなく仰いました。

「シャツが一番着こなしの上で重要だと思うから。シャツが一番面白い。」と。

もう15年もの間、最高のシャツと出会うべく、毎年ナポリを訪れては、カミチェリアこと、シャツの工房を自らの足で訪れ、良いシャツはないのか、と探しておられるようです。

そんなシャツのプロであるオーナーにこんな質問をしてみました。
「良いシャツはどのように見分けるのですか?」

すると、このようにお答え頂いたのです。

「まず襟が美しいかどうかだね。襟が美しくないともう駄目。そして襟とボディバランスを踏まえたシルエット。ここまでくる(オーナーの中で良いと思える)シャツはそうはない。そしてシルエットもOKだと、はじめて試着させてもらう。」とのこと。

この時私は「ハッ」としました。
自らがナポリを語る際、その視座はあくまで私自身。つまり、着心地の良さに偏った見方が強かったのです。しかし、オーナーは襟の美しさが重要だと仰いました。襟は、シャツを着てしまうと自分では見えませんよね。つまり、視座は自らの外、周囲から見た時に、そのシャツの襟がエレガントなのかどうか、という視点をオーナーはまず挙げられたのです。

手仕事で有名なナポリのシャツを極めた(と言っても良いと思ってます。)オーナーが良いシャツを見分ける上でまず挙げたのは、着心地でも、ディティールでもなく、シャツの(襟の)美しさだったわけですね。これにはナポリ仕立てに魅了されている私もちょっと驚きました。

オーナーは、「シャツはその人の身なりを表す」と言うような趣旨のことを仰っておられましたが、まさにシャツの顔と言えば、「襟」なわけですよね。襟のカタチには相当のコダワリを持っておられるようでしたが、それを象徴するように!?店舗にも様々な襟型が揃っておりました。これらは、シャツのオーダーの際に選ぶサンプルです。
Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)⑤
※オーナーさんに許可を頂き、撮影致しました。

他にも色々と濃いお話や、表立っては書けないようなお話も!?させて頂いたのですが、シャツを15年見続けてきたオーナーが、今1番良いと考えるシャツは、一体どこのシャツなのか、それをご紹介させて頂ければと思います。

■最高のシャツ:AVINO LABORATORIO NAPOLETANO(アヴィーノ・ラボラトリオ・ナポレターノ)
タイトルでピン!と来られた方は、相当なシャツ好きか、THE RAKE JAPANを読んでおられる方だと思います。(笑)

最近インスタグラム(ID:NFLD_rm55)でアカウントを取り、可能な限りpicを投稿していることは何度も記載させて頂きました。そのインスタグラムにおいて、ウェル・ドレッサーの方々がこぞってオーダーしているのが、シャツ魔人こと、山神正則氏が展開する”山神シャツ”のビスポーク。

オーダーされる方のpicを拝見するに、どれも素晴らしいフィッティングで、個人的には非常に興味を持っております。が、シャツのビスポークをする前に、私はプレタポルテ(既成)のシャツ・ブランドでどうしても試しておきたいブランドがいくつかあるのです。そのうちの一つがこれからご紹介する、AVINO LABORATORIO NAPOLETANO(アヴィーノ・ラボラトリオ・ナポレターノ)です。

実は、アヴィーノのシャツは今年(2015年)の3月に発売されたTHE RAKE JAPANの創刊3号に取り上げられており、1度着てみたいと思っていたシャツでした。

ただ、驚くのがこのアヴィーノのシャツの素晴らしさにいち早く気づき、恐らく日本で初めて展開した(と思われる)Shopこそ、ゴルフォ・ディ・ナポリさんなんです。アヴィーノの取扱開始は、今から4年くらい前と仰っておりましたので、それこそブランド創設者であるアヴィーノ氏が現在のブランドを立ち上げる(2012年)よりも前にアプローチしていた、と言うことになりますね。

ゴルフォ・ディ・ナポリさんでは現在、シャツのブランドとしてはオーナーが最高のシャツだと考えるアヴィーノ・ラボラトリオ・ナポレターノをメインに添えて、既製シャツとオーダーシャツを展開されていらっしゃいます。

それこそオーナーが最初にアヴィーノの工房に訪問した際は、フランスの老舗、名門高級紳士服を扱うArnys(アルニス)とゴルフォ・ディ・ナポリさんくらいしかオーダーシャツの展開をしていなかったそうですが、それから数年後にはメディアにも取り上げられ、今では代理店(アイネックスさん)もついて、日本での展開も増えております。

しかし、そこまで称賛されるほど素晴らしいシャツにいち早く目をつけ、東京都の世田谷から発信していたとは、オーナーの眼力には驚くばかり。さすが、15年のご経験は半端ではありません!

ところで、上質なシャツと言えばFRAY(フライ)やAnna MATUOZZO(アンナ・マトッツォ)と言った 有名どころのカミチェリアがまず頭に浮かぶのですが、なぜアヴィーノの方が良いと考えられるのか、伺いました。

ご回答の趣旨としては、「フライやアンナ・マトッツォも良いシャツを作ることは間違いない。ただ、名声を得た時期と、今現在が同じクオリティかと言うと、それは別の話だと思っている。自分はブランドではなく、自らが確かめて、”今”一番良いシャツを作っていると思うのが、アヴィーノ・ラボラトリオ・ナポレターノだと思う。」と言うことでした。

私なんかですと、どうしてもメディアやネットの情報を頼りに、歴史やブランドに流されてしまうことも多いのですが、15年シャツを見続けてきたプロは、やっぱり違います。ブランドではなく、本質を見抜く”眼力”を有しているわけですね。

なお、本日はアヴィーノ・ラボラトリオ・ナポレターノの詳細につきましては割愛致しますが、経験15年のオーナーが「最高のシャツ」と称するブランドがいかなるものか、また次回に取り上げてみたいと思います。

最後になりましたが、以下にゴルフォ・ディ・ナポリさんのShop情報を記載致します。気になる方は是非訪問されてみてください。小さいながらもナポリのように味があって、どこか懐かしい香りのする店内で、経験15年に裏打ちされるオーナーによるシャツに関する様々なお話やイタリアン・ファッションの話に花を咲かせることができると思いますよ!

ちなみに来年2月には、今は欠品の多い!?ネクタイを仕入れてくるとオーナーが仰っておりましたので、またその頃に訪問させて頂き、次回は知る人ぞ知る!?ナポリの名ネクタイをご紹介したいですね。(笑)

・Golfo di Napoli (ゴルフォ・ディ・ナポリ)
住所:東京都世田谷区赤堤3-3-16
営業:12:00~20:00(定休日 水曜日 第三木曜日)
電話:03‐5300‐6130
Mail:j-napoli@nifty.com
公式HP⇒コチラ








Comment

離婚パパ says... "凄い!行ってみたいです!"
凄い!多分ファッション初心者の私などが現時点で理解できるレベルでは無いと思いますが、とにかく凄い。そして行ってみたいと思いました。
東京自体行ったことが無いのですが(笑)

お話の中で特に感銘を受けたのが「今」とおっしゃっていた話です。
私が常々感じるのは、インポートブランドの価格は上がり続ける……しかし肝心の質はどうなのか?ということです。はたしてブランド売り出し中の時期の質を維持しているのか?何回か疑問に思う商品もありました。

凄いお店を紹介して頂いてありがとうございました。いつか仕事で東京に行くこともあると思います。その際はぜひ立ち寄らせて頂きます!

まずはお金貯めないとです(笑)プライベートでも行けるように……
2015.11.14 01:20 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: 凄い!行ってみたいです!"
>離婚パパさん
こんにちはっ!コメントありがとうございます^^
私も服が好きなだけで、決して経験豊富というわけではありませんが、それでも非常に興味深いShopでした。東京への出張ついでにこられる、遠方にお住まいの方もいらっしゃるそうですので、是非機会がございましたら、お立ち寄りください!すごいディープなお話が聞けるかと思います。(笑)

インポートの価格の件、自分なりに調べたり、ヒアリングしたりしたのですが、なかなか大々的にBlogで書けない内容もあり!?若干躊躇しておりますっ。。ただ、いずれにせよモノを見る目を鍛えることや、自分の代わりに見定めてくださる、信頼できる方の存在が重要かなと感じておりますっ。
2015.11.14 11:01 | URL | #- [edit]
離婚パパ says... ""
コメントありがとうございます(^-^)
やはり色々な裏の?事情があるんでしょうね。
私も早くrm55さんにとってのシャロンさんのような存在を見つけるのが急務だと感じてます!なかなか難しいですけど……
2015.11.14 12:56 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>離婚パパさん
わざわざ御返事ありがとうございます^^
一緒にワードローブづくりをしたいと思える、Shopや担当者さんと出会えるといいですね♪

ただ、そういう信頼でいる方が見つかると、散在が激しくなるという悲しい現実もございます。(汗・笑)


2015.11.15 10:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/770-92a06f5b