<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

デニムスラックス!?:JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)696 SLIM

こんにちは!
昨日の10時から始まった、モダンブルーさんのポイント20倍セールはすごかったですね!本日の9:59分迄と、かなり期間限定ですが、並行輸入でもともとお買い得な上、更に20%Off相当の20倍のポイント付与(エントリー必要)にはしびれましたっ。私も思わずっ・・・。(笑)

11月は2月、8月に加えて小売りでは売上が取りにくい月としてよく挙げられますが、12月から本格的に始まるプレ・セールを前にして、大手セレクトショップも実質値引き販売となるダブル・ポイントキャンペーンなんかを行いますし、ネットShopも10~20%Off相当のポイント還元キャンペーンはよく見かけるようになりました。競争が激しくない!?このタイミングであえて目ぼしいモノをゲットするのも、考え方とてはアリかなと思っております。

と言うことで本題です。本日は、最近買ったモノではなく、所有物のご紹介したいと思います。(笑)

■デニム・スラックス!?
インポート・ファッションファンの皆さまであれば、今季注目のカジュアル・パンツとして、各ブランドからデニム・スラックスなるものが提案されているのをご存知のことと思います。



デニム・スラックスとはなんぞや!?と言うことなのですが、分かりやすく一言でご説明さしあげるとすれば、ドレス・パンツのディティールを採用した、デニム・パンツ、と申しあげるのが良いでしょうか。

例えばデニムにも”拘わらず”、スラントポケットを採用していたり、バックポケットは玉縁仕立て。もちろん、テーパードを利かせて、スタイリッシュなシルエットにすることで、一見するとドレス・パンツにも見えるような上品なデニムをデニム・スラックス、と言うようです。もっと正確な定義があるのかもしれませんが、これ位の理解でも大きな問題にはならなそう。(笑)

このデニム・スラックス、通称”デニスラ”ですが、数年前からShopによっては扱っているところもありましたが、今年は一気にブレイク!?した感じがありますね。私もインコテックスのデニスラを検討しましたが、検討している間に完売。。六本木ミッドタウンにあるスローウェアの直営Shopにも行きましたが、訪問時には取り扱いがありませんでした・・・。

これも時代の流れの中で注目を集めたアイテムなのでしょうか。
とすると、デニムがドレッシーになったというよりは、ドレスパンツをカジュアルに解釈して出来上がったのが、デニム・スラックスである、と捉えておくほうが、世界的なファッションのカジュアル化の波の中においては正しいのかも知れませんね。

さて、そんな私は買い逃してしまったデニムス・ラックスですが(笑)、細かいディティールは置いておいて、雰囲気がほどよくドレッシーなデニムと言うのを、実は所有しておりました。それは、3、4年前に購入したJACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)の696 SLIMと言うモデルです。

ヤコブのデニムと言えば、688や622、そして私も購入したプレミアム・エディションのBUDDYなんかは有名ですが、恐らく「696」をご存知の方はあまりいらっしゃらないかもしれません。

ただ、ご説明を差し上げるより、ご覧頂いた方が早いと思いますので、実物をご紹介したいと思います。

■JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)696 SLIM
さて、この696と言うモデル、ヤコブにしては当時はかなりタイトフィットなシルエットでして、所有していた688以上にジャケットに合わせやすいのではないか!?と言うことで購入したモデルでした。

下記の通り、リジッドデニムということでとっても上品!?裾幅は17.5cmと大分細いですね。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIM①

ディティールこそ、普通のデニム仕様ながら、”デニム・スラックス”と謳うにふさわしいと個人的に思っているのが、デニムながら、クリースがしっかりと入っていること。これは当時かなり新鮮なディティールでした。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIM②

また、股上は比較的浅く、ジップフロント仕様。腰周りにピッタリとフィットするにはさすがヤコブといったところ。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIM③

こちらはバックポケット。ホワイトのハラコパッチがこれまた上品さをアップします!?
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIM④

日本の岡山産のデニムでしょうか。詳しいことはわかりませんが、デニムの表情も”良い”と思います。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIM⑤

せっかくなので、着用イメージもあわせてご紹介しておきます。
当然ながら!?ジャケット・スタイルと言うことで、まずはこちら。サルトリオのグレンチェックJKT(42)に、フィナモレのダンガリーシャツ(37:シモーネ)、ボリオリのジレ(44)に、チーフはRODA、そして足元はオールデンです。ちなみに、ヤコブのサイズは30です。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIM⑧
※172cm 59kg ウエスト76cm

ちょっと暗いので分かりにくいですが、白のドレスシャツにあわせてもイケそうな雰囲気さえありますね。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIM⑨

もう一つだけご紹介しておきます。
ジャケットとジレ、チーフだけ変えてみたのですが、ジャケットはスティレ・ラティーノ(42)、ジレはラルディーニ(42)、チーフはカラーは違いますが、同じくRODAです。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIM⑥

それこそタイドアップしても、まったく違和感なく合わせられてしまうだろうなと思えるほどドレッシーなデニムです。週末はRRLなどの穿きやすい!?デニムに行きがちですが、たまにはヤコブのデニスラの雰囲気をもった696も良いですね。
JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIM⑦

と言うことで、デニム・スラックスなる雰囲気を持った!?、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)696 SLIMのご紹介でした。

なお、ドレッシーなデニムとは言え、さすがに仕事に使えるのは休日出勤の時くらいでしょうか・・・。しかし、週末に子供とちょっとおしゃれな場所に行く際にもジャケットとばっちりあいそうなデニムですよね。娘ももうすぐ3歳。ちょっとドレスアップしたスタイルで、一緒にお洒落な場所に遊びに行くことを夢見て!?、来たる日が来るのを楽しみに待ちたいと思いますっ。








Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/775-725bb150