<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Cruciani(クルチアーニ)のハイゲージ・ニットカーディガンを購入!

こんにちはっ!
本日は、先日ご紹介したROSSIのロングホーズと一緒に購入したアイテムをご紹介したいと思います。

購入しましたのは、高級ニットの代名詞的存在となっているCruciani(クルチアーニ)。私の場合、これまであまりニットに投資をしてきていないことは、長らく本Blogをお読みの方であればご存知のことと思います。

しかし、今後のことを考えてベーシックなグレーのニットの購入を検討した際、お手頃価格でCruciani(クルチアーニ)のニットカーディガンを発見しましたので、ポイントが3倍になる楽天のキャンペーンを使って購入致しました。

■ニットもステップアップ!?
さて、実は私にとりまして、クルチアーニは初めてのブランドだったり致します。これまでもミッドタウンや丸の内の直営店で試着こそしたことはありましたが、結局購入には至らず。

それはモノとしてのクオリティがどうだ、とかそう言ったことではなく、単純に価格がネックでした。

ニットと言いますと、どうしても”脇役”的な位置づけ、という自分の中での価値観が変わることがこれまではなく、日々使うビジネスシーンでは無印良品を中心に、ザノーネ、ドルモアと言ったブランドを使ってまいりました。

それこそ、スーツやジャケットスタイルなどの際にシャツの上に羽織る薄手のハイゲージ・ニットなんかですと、保温性という意味では無印でも、ザノーネでも劇的に変わるような印象を持ったことがありませんでした。従いまして、特に課題意識と言いいますか、より良いものを、という思いを持たなかったというのが正直なところです。

しかし、以前もBlogに書いたことですが、昨年カルロ・バルベラ製のファブリックを使ったリングヂャケットのスーツに、無印良品のボルドーニットを挟んだところ、さほどファッションに興味の無い嫁さんから、「スーツとニットの質感のギャップがありすぎ」と言う、非常に厳しいご指摘を頂きました・・・。

これはこれでかなりショックでして、うちの嫁さんが分かるくらいですと、ファッション好きの方が見たらより、その差異が明確なのかな、と感じた次第です。これをきっかけとして、ニットにつきましても大人の階段を徐々に登る決意をしたわけです。(笑)

目指すはシャロンさんで扱っているフェデリマック・ジョージと言った、見た目にも、そして触り心地も極上な上質ニットを着れるようになりたいと思っておりますが、その前にまずはクルチアーニから、と言うことで購入してみました。

■Cruciani(クルチアーニ)のハイゲージ・ニットカーディガン の実物をご紹介
さて、今回購入しましたのは、ラルディーニのジレでもお世話になりましたモダンブルーさん。もともと3万円代中盤くらいで出ていたのですが、価格の見直しで3万2千円(税込)ほどに。更にそこから30000円以上で3000円オフのクーポン(現在も恐らく入手可能)を利用致しまして、2万9千円(税込)という、クルチアーニにしては破格のお値段に!

もちろんそこからポイント利用という奥の手を使っておりますので、自らのキャッシュアウトは限りなく抑えることができました。そんなお得な手段の合わせ技で今回入手したカーディガンが、こちらです。
Cruciani(クルチアーニ)のハイゲージ・ニットカーディガン①

ベーシックなグレイカラーのハイゲージ・ニットカーディガン。
ウォッシュ加工が施されているからか、上品ながらもヴィンテージライクな雰囲気も漂います。
Cruciani(クルチアーニ)のハイゲージ・ニットカーディガン②

ニットなどのインナーに挟むものですと、より着回しのしやすさを考えてしまいますが、やっぱりネイビーやグレイと言った定番的なカラーリングが良いですね。

クルチアーニのタグ。正直個人的にはハートをモチーフとしたようなロゴは好みではありませんが、上質感は感じます。
Cruciani(クルチアーニ)のハイゲージ・ニットカーディガン③

こちらは生地の表情です。ウォッシュ加工により、無地ながら動きの見られる表情です。また、触り心地もさすがクルチアーニといったところで、滑らかで心地よい、リッチな触り心地です。
Cruciani(クルチアーニ)のハイゲージ・ニットカーディガン④

釦は前面に位置しますし、クオリティが端的に能われるパーツだったりしますので、個人的には重要視しております。クルチアーニの釦は品の良い光沢感を放つ、やや小ぶりの釦です。このあたりは、ザノーネやドルモアなどとも異なる風合いですね。
Cruciani(クルチアーニ)のハイゲージ・ニットカーディガン⑤

そして、リブまわり。ウォッシュ加工による独特のあたりが良い雰囲気です。
Cruciani(クルチアーニ)のハイゲージ・ニットカーディガン⑦

素材は100%ラナウール。
ウールもピンキリですが、上質感を感じる光沢感や滑らかな質感からは、使われている素材の良さを感じ取ることができました。
Cruciani(クルチアーニ)のハイゲージ・ニットカーディガン⑧

少し前まではジレを挟んでウールのジャケットなんかを着て歩きますと、日中は若干汗ばむ感じも致しましたが、この1週間前後で一気に冷え込んだ感がございます。ハイゲージのニットカーディガンは、”今”まさに旬なアイテムかなと思いますので、使い倒して、その質感をしっかりと感じたいと思います!









Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/790-b5f11fc5