<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄 ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)を追加購入!

こんにちはっ!
本日も、ファミリーセールの戦利品紹介がテーマです。

本日ご紹介致しますのは、E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)です。今年のSSに開催されたファミリーセールにて初めて購入したのが、ネクタイ界の王様こと、マリネッラのセッテ・ピエゲのネクタイでした。その締め心地の良さ、ふっくらとしたシルクの表情、そしてクラシックな柄には世界中で長く愛される理由を感じたわけです。

個人的にはシャロンさんで購入させて頂いているジュスト・ビスポークが今現在もっとも好きなネクタイ・ブランドであることは間違いないのですが、トラディショナルな正統派ネクタイとしてのマリネッラの魅力も十分理解しており、ファミリーセール価格と言うこともあり、今回も1本追加致しました。

それでは本日も、早速実物をご覧頂きましょう。

■E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄 ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)を追加購入
今回購入しましたの”も”、ネイビーの小紋柄ネクタイです。
もちろん他にもたくさん色や柄はあったのですが、個人的には王道とも言えるネイビーの小紋柄もしくはソリッド系が、マリネッラは一番カッコイイと感じており、今回はこれまで購入したものと少しトーン異なるネイビーカラーのシルクタイを購入致しました。
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄 ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)_2015aw⑦

正確には測ってはおりませんが、柄の大きさはおそらく5mm未満。
正統派の小紋柄です。
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄 ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)_2015aw①

もちろんセッテ・ピエゲ(7つ折り)のモデルです。マリネッラ、と言えばセッテ・ピエゲと言うような方程式が成り立ちそうなイメージがございますので、もしクリスマス・プレゼントなどでご購入をお考えの方は、迷わずセッテ・ピエゲ仕様を選ばれることをおススメ致します。
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄 ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)_2015aw②

大剣の幅は9cm。私が最近好んで購入しているジャケットやスーツは、ラペルの幅がワイドなものが多いので、相性はピッタリだと思います。厳密にラペル幅とネクタイの大剣幅を合わせる必要はないと思いますが、ワイドなラペルにナロータイを合わせると、バランス感がイマイチな気がしますし、その逆もしかり。
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄 ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)_2015aw③

そういう意味では大剣幅8cm程度ですと、比較的どちらにも振りやすいのかもしれませんね。
今回はあえてラルディーニのホップサックジャケットに合わせてみました。ちなみにラペル幅は8cm程度です。
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄 ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)_2015aw④

マリネッラは大剣だけではなく、全体的に幅があるネクタイですので、以前も記載したと思いますが、結構なインパクトがでるのです。上記画像では、フロントの釦を留めて、そこにひっかけるようなかたちで、ネクタイのボリューム感をだしているので、余計にボリューム感が感じられるかもしれません。

それでもノットはご覧の通り、小さく絞り込むことができますよ。
ちなみに自分でしめると、もっと細いノットを作ることが可能です。このあたりは完全好みの世界ですが、シャツの襟型やVゾーンの大きさ、ネクタイの太さやしめ方などによっても、ノットの大きさは調整しても良いのかもしれません。
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄 ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)_2015aw⑤

最後はマリネッラ3兄弟。ネイビーやブルーの小紋柄。嫁さんからみたら同じに見えるネクタイですが(汗)、ちょっとずつ違うのですよ・・・。ちなみに前回購入した2本のネクタイとシルクの質感や芯地の感じが若干異なるようにも感じました。個人的には既存の2本の”もっちり”としたシルクの質感が好きだったのですが、モデルによって差異があるのでしょうか!?ちょっと謎です。
E. MARINELLA (エウジェニオ マリネッラ)の小紋柄 ネクタイ(セッテ・ピエゲ仕様)_2015aw⑥

秋冬はどうしてもウールタイを使いたくなってしまうのですが、たまにシルクタイなんかをしめてみますと、これまた新鮮で良かったりするのです。ジャケットの毛足が長めの素材であれば、ウールタイの方がフィットすると思いますが、上記のようなホップサックやフランネルでもそこまで起毛感が強くなければ、あえてシルクタイをしめる、と言うのも良いですよ。

秋冬にあえて、シルクタイ。是非皆さんもトライしてみてはいかがでしょうかっ!?








Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/805-a54519ed