<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

PITTI UOMO89 (ピッティ・ウォモ)から、来期AW(2016AW)の傾向を、考える!

こんにちは!
本日は、「PITTI UOMO89 (ピッティ・ウォモ)から、来期AW(2016AW)の傾向を、考える!」と言うことで、2016年1月12日から15日(現地時間)までイタリアのフィレンツェにて行われていたメンズプレタポルテ(既製服)最大の見本市である、Pitti Immagine Uomoを踏まえて、2016年AWのトレンドを紐解いてみたいと思います。
fashinheadline_pitti89
fashion-headline.comさんより拝借致しました。

と申しましても、恐らくピッティの情報を全体的に網羅し、その傾向を適切に把握するには、クラシコイタリア好きにとってはカリスマであるBEAMSの中村氏のBlogをご覧頂ければ一目瞭然!?かと思っております。

毎度毎度、分かりやすい解説に加えて、トレンドを一言で表現されるお力には、一服好きとしても、また同じくBlogというメディアを使って情報を発信する者としても感服しております。

実際にプロとして現地に赴き、会場の雰囲気なんかも見ておられますので、私がBlogであえて書くまでもないなと最近は思いつつも、個人的に感じたことなどをちょろちょろっと書いてみたいと思います。

ちなみに、最初に申し上げておきますと、個人的にはここ数年で一番”変化の少ない”ピッティであったように思いました。皆さまはどんな印象を受けましたでしょうか!?それでは簡単ですが、まいりましょう。

■シックなカラートーンは継続中、キーカラーは王道カラー
さて、これまでも何回かお伝えしておりますが、私がトレンドを読み解く際にチェックするポイントは主に下記の3つです。

①カラーリング/柄
②シルエット/ディティール
③着こなし

まず、①についてですが、既に多くのサイトで情報を取られていらっしゃる方も多いと思いますが、ネイビー、グレー、ブラウンと言った、王道カラーをキーカラーとして挙げることができると思います。これに加え、キャメルやボルドーと言ったカラーリングも見られましたね。

個人的には昨年が「ネイビー」、今年は「グレー」を個人的なテーマカラーとして設定しておりましたが、意図せず2016年AWのキーカラーと重なった次第です。

まずは、キーカラーを毎回前面に押し出してプレゼンテーションを行うタリアトーレ。タリアトーレでは、ブラウンをキーカラーとし設定し、そこにネイビーやキャメルを持ってきておりました。
2016aw_nkm_tt001

カラートーンは継続して落ち着いた印象で、シックな雰囲気。ただ、柄として入る色には明るさがみられ、多少の変化を感じることができました。
2016aw_nkm_tt002

白パンとあわせたら、ドンピシャではまりそうな柄。
ベースとなるカラートーンは落ち着いておりますが、あまりシックすぎない雰囲気が2016年AWの特徴のようです。
2016aw_nkm_tt003
※上記は、BEAMS中村氏のBlogより拝借しました。

また、同じくトレンドを占う意味では影響の大きいラルディーニのコレクション。グレーベースにブラウンでしょうか!?良い雰囲気でチェックが入っておりますね。
2016aw_guji_lar001

同じくラルディーニですが、ブラウンのチェックも見られます。
タリアトーレに比べると、より大人な雰囲気の色、柄を感じるラルディーニ。個人的にはかなり好きな雰囲気です。
2016aw_guji_lar002
※上記2枚はginlet(ジンレット)さんのBlogより拝借致しました。

下記3枚は中村さんのBlogにあったラルディーニのコレクション画像。
ちょっと拡大したので画像が悪いですが・・・、ネイビー×キャメルのコーディネートは大人で、エレガント。素敵ですね。
2016aw_nkm_ldn003

また、近年ラルディーニが力を入れているのがニットアイテム。2015年AWもビックハウンドトゥースに代表されるニットジャケットは大人気!?だったようですが、このニットアイテムをプッシュする流れは継続しており、1つの柱に育てたいというブランドとしての意向を感じます。下記はスーツにニットジャケットと言うコーディネート。
2016aw_nkm_ldn002

若干無理やり感も感じますので、こういった着こなしが定着するかと言うと、難しいようにも思います。ただ、自社製品の販売数を拡大するための試みとしては理解できますね。
2016aw_nkm_ldn001

個人的にキーカラーを上手く用いてプレゼンテーションをしていると感じたのが、L.B.Mです。下記は現在ファイナルセール中のジャケットリクワイヤードさんから。ちなみに、ジャケットリクワイヤードさんのファイナルセールでは、ムーレーのバルビエリが40%Offなど、私が見た中では最大の値下げ率でした。気になる方は要チェックですよ。

さて、話を元に戻しましょう。下記のコーディネートは、通称”ブルーマン”。ネイビーのワントーンコーデですが、やっぱりカッコいいですね。こちらもカラートーンは落ち着いておりますが、ウィンドウペンやチェック柄などで暗すぎない雰囲気です。
2016aw_jr_lbm001

そしてグレーのヘリンボーンコートに、ブラウンのハウンドトゥース、これにキャメルのタートルネックを合わせるというコーディネート。グレーとキャメルの組み合わせは見ていて新鮮でした。とてもエレガントで素敵だと思います。個人的には是非取り入れたいカラーコーディネートです。
2016aw_jr_lbm002

向かって左側のトルソーはキャメルにブラックカラーを合わせています。一方の右側のトルソーはモノトーンのジャケットですが、斬新な柄使い。モノトーンのカラーリングを押しているブランドも結構見られましたが、柄使いで思ったよりモード×モードはしていなかったのは印象的でした。
2016aw_jr_lbm003

同じくジャケットリクワイヤードさんから、アルテアのコレクション画像を少しだけ。最近はトータルブランドとしての位置づけが確立されてきたアルテアですが、やっぱり巻き物やスカーフ、ネクタイなんかのイメージが強いですね。下記は今期のキーカラーを見事に表してるようなコレクション画像。ネイビー、ブラウン、キャメルにグレー。トーンも落ち着いていますね。
2016aw_jr_alte001

個人的にはタリアトーレやラルディーニ、ISAIAなんかのコレクションからキーカラーを読み解いておりましたが、こういったスカーフ、ネクタイなんかのサプライヤーからそれを読みとるのも良いかもしれません。
2016aw_jr_alte002

と言うことで、ピッティ89のブランドのプレゼンテーションから2016年のAWの①カラーリング/柄の傾向をみてまいりました。正直、これまでの流れにグレーが加わったくらいで、トーンやカラー、そして柄に大きな変化は見られないように感じました。また、②のシルエット/ディティールについても同様で、特段お伝えすべき様な変化はないように思います。

プリーツパンツが増えている、と言うのは感じましたし、各Shopなどが発信するBlogなどでも拝見しておりますが、今回に始まったことではないですし、特段”変化”と言えるほどのものではないように感じております。

最後の③着こなし、も同様にこれといって新しい着こなしを感じることはありませんでした。ハットは相変わらず人気のようですから、結構Snapなんかでも被っている方が多かったように思います。

そのような中で、ミリタリーミックスなアウターを着ている方が若干ながら多くなったように感じました。下記のSnapはSnap本でも有名なGLOBERさんからですが、Snapのお馴染み!?であり、トレンドをいち早く取り入れた着こなしをされることでも有名な!?ザンバルドさん。M65型のミリタリーアウターを肩がけし、カラーリングもミリタリーカラーの直球ストレートですね。
2016aw_glb_snap002

他にもミリタリーに起源をもつPコートの釦をゴールドに変えている方や、ダブルのチェスターをPコート風に着ている御方もいらっしゃいました。
2016aw_glb_snap001

個人的には若干ながらコートの丈が長くなっているようにも感じましたが、実際どうでしょうか。
2016aw_glb_snap003

ちなみにラルディーニでもミリタリーなアウターは打ち出していたみたいです。ただ、BEAMSの中村氏のお言葉をかりれば、ここまでミリタリー色が強いと、『コスプレ』ちっくになってしまうので、日本だと難しいだろうというコメントでした。個人的にもこれには同意致します。。
LDN_2016aw001
※ラルディーニのオフィシャルFaceBookサイトより拝借しました。

■今季物を来期に使う!?
と言うことで、”超”ざっくりですが、①カラーリング/柄 、②シルエット/ディティール、③着こなし、と言う観点でピッティ89をざっと振り返ってみました。個人的には冒頭に申し上げました通り、変化を感じることが少なかったのですが、実際はどうなんでしょうか。

もちろんモノを売る側としては、「これが新しいトレンドだ!」的な、分かりやすいものがあると売りやすいのかもしれませんが、各Shopや現地に行かれたバイヤーさんのBlog等を拝見しても、そこまで新鮮な”変化”と言うのはお見かけしなかったように思います。

逆に言えば、今季の傾向を継続しておりますので、ハウンドトゥースや太めのグレンチェック柄、ストライプと言った、一見トレンド感のありそうな柄も、大いに活用できそうだと言うことですね。

そういう意味では、ファイナルセール、モアセールを開催している、1年で最もお得にファッションアイテムが購入できるこの時期に、次の秋冬モノを買い揃えておく、と言うのもアリなのだと思います。

そんな私も、来期(2016年AW)を見据えて!?、ベーシックな1着ではありますが、大物を仕入れておりますので、次回ご紹介したいと思います!









Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/837-337a6909