<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

2016年SSの、ちょっと気になる!?

こんにちは!
本日は、「2016年SSの、ちょっと気になる!?」と言うことで、既にデリバリーが開始されている2016年SSのアイテムの中でも、これは気になる!と言うアイテムをテーマに、お送りしたいと思います。

■お洒落さんは動きが早い!?
さて、最近の私の重要な情報源の一つ、と言えば、やっぱりインスタグラムです。ここのところ、海外の方との交流なんかも増えておりまして、つたない私の英語力を使ってコミュニケーションを楽しんだりしているわけですが、フォローさせて頂いている方の中では、早くも2016年SSアイテムをご購入されていらっしゃいますね。

確かに、本日は2月も7日。2月3日の節分が過ぎますと、暦上は立春と言うことで「春」なわけですね。

ちなみに、「節分」と言いますと、2月3日を思い浮かべる方が大多数だと思うのですが、実はその文字の通り、「節分」とは、元来「季”節”を”分”ける時」と言う意味で使われていたそうです。

つまり、立春の前日だけではなく、立夏、立秋、立冬、の前日にもそれぞれ「節分」があるのだと。その中でも、なぜこの立春の前日の「節分」に重きが置かれ、今も残っているのかと言いますと、もともと旧暦に慣れ親しんできた日本人は、「1年は春に始まる」と考えていたそうです。

と言うことで、今では元旦に初詣に行くように、それまでは「立春」こそ1年の始まりであり、新しい年の始まりを意味していたことから、この「春の節分」が重要視され、今でも残っているのだと言われているそうです。

なお、「(春の)節分」と言えば、「豆まき」ですよね!?
これも昔ながらの風習のなごりだそうで、昔は季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていたのだとか。従って、これらを追い払うために悪霊祓いが行われていたそうで、まさに「(春の)節分」における「豆まき」はその最たるものなんだとか。

いやぁ、正直そんな背景があったとは全く知りませんでしたが、そう言った物事の起源に迫ると、今まで見えなかったものが見えてくる気が致しますね。

子供がもう少し大きくなったら、そんな背景までしっかりと伝えていきたいと思っております。ちなみに、この「節分」のお話は、「無印良品 くらしの良品研究所のコラム」を参考に、と言いますか、ほぼ引用する形で参考にさせて頂きました。もっと詳しくお知りになりたい方は、是非ともチェックされてみてください。

と、なんだか話が大きくずれてしまいましたが、暦上はすでに春と言うことで、お洒落な方は既に春物を仕入れていらっしゃいますね、と言う話題だったかと思います。

私は今年もドレス部門、そしてサルトリア(手縫いの意味)もののアイテムを中心に投資をしていこうと考えているのですが、インスタグラムで皆さまの素敵な春物アイテムを目にしておりますと、やっぱり気になるものはあるのです。(笑)

と言うことで、個人的に今の段階で気になっている2016年SSアイテムを取り上げてみたいと思います。

■2016年SSの、ちょっと気になる、このアイテム!
まず個人的に気になっているのが、ニットジャケット。

数年前にもSSにニットジャケットを購入することを企んでおりましたが、結局断念した経緯がございます。実は昨年もセール時期に購入しようと思ってな何度か試着はしたのですが、ドレス・スタイルのテーラードジャケットに着なれてしまうと、どうしてもなんかしっくりこないのです・・・。それでも今年もやっぱり気になります。オフの日に子供と出かけるには最適なジャケットの1つだからでしょうか。

ちなみに昨年のSSはラルディーニのストライプジャケットがヒットアイテムとなりましたが、今年来そうなアイテムがこちらのパイル地のストライプジャケット。ホワイト系はテーラードジャケットではちょっと厳しいけれど、スポーティなこちらのアイテムであればスタイル的にもつくりやすそうですし、お値段もお財布に優しいです。ちなみに、既にインスタグラムではご購入されていらっしゃった方がおり、在庫がなくなりつつあるとの情報がっ!



なお、ニットジャケットがしっくりこなかった理由の一つが、ラペル幅でした。どうしてもニットになると返りが浅く、ラペルも狭くなるので、気になるのです。そういう意味では、ファクトリー系のテーラードジャケット並みにお高いですが、ラペルがしっかりしており、良さそうなのが、クルチアーニのコットンニットジャケット。ジャケットの顔となるラペルもしっかりとしており、良さそうです。


ところで、今年のSSのキーカラーの一つはホワイトでしたね。そう言ったトレンドものは安く買う!と言うことで、セール価格のドルモアのニットジャケットを買うと言う手もありました。しかし、マイサイズのみ完売・・・。


ベージュでもOKかな!?と思いきや、こちらもなぜかマイサイズ”のみ”完売・・・。在庫があれば、間違いなく有力な候補となったアイテムだったと思います。


最近はデニムジャケット(Gジャン)を取り入れたミックススタイルが人気ですが、キーカラーがホワイトと言うことで、一見ホワイトデニムにも見えるシヴィリアのジャージジャケットも人気がでそう。Shopによっては既に完売しているところもありますね。


さて、今年の私のSSアイテム第一段はやっぱりネクタイになるのかなぁなどと思っておりますが、あえて上記でご紹介したホワイトのデニムジャケット風のジャージ・ジャケット(ややこしい・笑)に合わせても面白いかも!?と思ったのがISAIAのシルクとリネンの混紡ネクタイ。デニムのように見えてカッコいいのです、これ。


同じシリーズでもう2パターン。「DENIM STORY」と言うラインだそうですが、これは欲しいです。ISAIAのネクタイは、個人的にも生地感、芯材なども結構好みなので、今1番気になっております。


あと、ホワイト系がベースのネクタイ。このSSのキーカラーをドレスで違和感なく取り入れるには、ちょうど良いアイテムかなと思っておりまして、色々探しているのですが、まだグッとくるものは、見つかっておりません。


ニットジャケット以外では、ダウンベストも気になっております。AWには是非とも手に入れたいと思っていますが、SSはこんな雰囲気のベストは良いかなと。


より、ジレっぽい雰囲気のモデルもありました。
4万円代中盤ですから、ラルディーニのジレとそこまで大きく変わらないのが怖い!?です。


今年はスプリングコートやアウターの購入予定はありませんが、秋冬のモデルが良かっただけに、ちょっと気になるのがムーレーのダブルジャケット型のアウター。ホワイトパンツなんかに合わせたらばっちりかなと。ちなみに、某Shopでは入荷して瞬殺状態だったので、その人気を伺い知ることができますね。


ほとんどがトップスや小物の中で、唯一!?パンツで気になるのがデニムスラックス。昨年は一番ドレッシーに装うことができそうだったのがIncotexですが、今年も多くのブランドにて提案がされることと思います。ただ、人気ゆえに足もはやそうなので、早めの決断が求められそうです。


そして最後は、昨年試着まではしましたが、結局値段にビビって購入できなかったフラテッリ・ジャコメッティのグルカサンダル。サンダルに10万円オーバーはかなり大人な買い物ですが、今年はイケるでしょうか・・・。既に売り切れ続出の状態では、セールまでもたなそうですし、対象になりませんね、きっと・・・。


と言うことで、意外にも気になるモノが多いので、個人的には焦って!?おりますが(笑)、今月中には第1段と言うことで行きたいですね。皆さんはもうSSアイテムを購入されましたか!?ファイナルセールを横目にSSアイテムに行くには、なかなか難しい時期ですが、暦上はすでに春!と言うことで、春を感じるべく、SSもボチボチ準備して行きたいと思います!







Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/844-071cb8e0