<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

念願の!?ARIANNA(アリアンナ) カシミア×シルク チーフをゲット!

こんにちは!
本日は、春の到来を前にして、少々らしからぬアイテムのご紹介です。

今回私のワードローブにやってきたのはタイトルにもありますように、ARIANNA(アリアンナ)のカシミア×シルク素材のチーフです。実はこちらのアイテム、入荷当初から気にはなっていたものの、楽天を中心に、いつも格安でチーフを手に入れている私から致しますと、チーフとしてはちょっとお高い。

トロトロでふわふわな表情から醸し出される柔らかさには大きな魅力を覚えながらも、これまで見送っていたアイテムでした。

しかし、インスタグラムで交流をさせて頂いている方や、以前その博識ぶりをご紹介し、ご自身がウェルドレッサーでもあるシロさんも同じチーフをご購入されており、これは是非とも私もアリアンナのカシミアシルク・チーフ部に入会したいと、虎視眈々と狙っておりました。(笑)

そんなおりに、2月と言えば女性が男性にチョコレートを送ると言う、あのイベントがあるわけで、嫁さんから何が良いの!?と一言。私は待ってました!と言わんばかりに、迷わず!?アリアンナのカシミア×シルクのチーフをセレクトし、適正時期はあと数日ながら、無事に我が家にやって来たというわけです。(笑)

それでは、私にとりましては初めてのブランドですので、購入したSharonさんのHP上のブランド紹介から一部内容を抜粋しながら、アリアンナのブランドヒストリーに迫ってみたいと思います。

■ARIANNA(アリアンナ)とは
ARIANNA(アリアンナ)の創業は、今から30年ほど前の1984年。イタリア発のネックウェア専業ブランドとして誕生したようです。ブランドとしての大きな特徴は、イタリアにわずか4台しか存在しないというヴィンテージの織り機を使って、ゆっくりと編みあげるその生産手法。

もともと 寝具の綿生地を織るために使われれいたという、19世紀に使われていた旧式織機に改良を加え、 熟練職人によって丁寧に織り上げられていると言います。

実際、そんな旧型の織り機を使っていることを誇りに感じているのでしょう。アリアンナのタグには、それらしく織り機のようなものがプリントされておりました。
ARIANNA(アリアンナ) カシミア×シルク チーフ⑤

ちなみに、そんな旧型の織り機を使って熟練の職人が織りあげるネックウェアは、効率化の名のもとに一気に織りあげられるものとは一線を画す、独特の風合いを醸し出すと言います。

以前も、旧式の織り機を使ったニットアイテムは購入したことがありますが、やはり感じたのは人の手で編みあげたかのような、柔らかくて、優しい風合いが特徴でしたが、アリアンナのアイテムに感じるのも、まさにそういった人の手を介して生まれてきたことを感じる雰囲気。

アリアンナは、特にカシミヤなど上質な素材を得意としているそうですが、上質な素材を使い、そんな独特の風合いを醸し出す生産手法をもってして生まれたアイテムの心地良さは、言葉からだけでも想像が出来てしまいそうです。(笑)

と言うことで、今回バレンタインのギフトとして嫁さんから貰った、アリアンナのカシミア×シルク チーフをご覧頂きましょう。

■ARIANNA(アリアンナ)のカシミア×シルク・チーフをご紹介
写真だとちょっと分かりにくいのですが、シャロンさんの店頭で初めてみた瞬間、ただものではないような、見るからにふわっふわな表情をもった生地感が印象的でした。
ARIANNA(アリアンナ) カシミア×シルク チーフ①

袋から取り出しますと、この表情。
いかがでしょうか、いかにも柔らかそうな雰囲気が、その輪郭からご理解頂けますでしょうか。
ARIANNA(アリアンナ) カシミア×シルク チーフ②

よく見ると、微妙に不揃いな編み目が確認でいます。まさに不均衡の美、そのものですね。(笑)中には、いや、いくらカシミア×シルクだからと言って、チーフではその”フワトロ”な恩恵をあずかれないでしょ!?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、”感触”と言う意味ではその通りなのですが、旨のバルカポケットから少しだけ顔をのぞかせるチーフの与える印象は測り知れません!(言い過ぎです!・笑)
ARIANNA(アリアンナ) カシミア×シルク チーフ③

実は、購入前にシャロンのY氏が胸ポケットに差しているお姿を拝見しておりました。ほんの数cmしか顔を出していないチーフであるにもかかわらず、とても柔らかそうな、極上の雰囲気には思わず目を見張ってしまいましたし、心なしかジャケットなどの全体の雰囲気までも柔らかく感じてしまったほど。それぐらい印象に残ったチーフは初めてかもしれません。

うっすらと起毛する質感。たまりませんね。(笑)
ARIANNA(アリアンナ) カシミア×シルク チーフ④

本来、ビジネスにおいてポケットチーフをする場合は、ホワイトのリネン素材が無難と言うか、あるべき姿に一番近いのかもしれません。ただ、以前も記載したことですが、私の場合は比較的自由度が高いことに加えて、ホワイトカラーですと、どうしても「パキッ」としてしまうと言いますか、若干硬い雰囲気がでてしまうことが気になっておりました。

職業的にそのような雰囲気が必要な方は良いのですが、私の場合はそうでもない。と言うことで、これまでホワイトカラーのチーフはほとんど購入してこなかったのですが、アリアンナのこのチーフはその素材感、生地の表情だけで、ホワイトの持つフォーマル感を良い意味で和らげてくれる気が致しまして、今回ご購入とあいなりました。

残念ながら2015-2016AWにおいては使える期間が短いのですが、2016年AWからは大活躍してくれることと思います!現在ホワイトは完売のようですが、他のカラーはまだありましたので、気になる方はシャロンさんに訪問し、実際にその”フワトロ”な表情をご覧になってみてはいかがでしょうかっ!?
※シャロンさんのオンラインShopはコチラ

あ、あと、シャロンさんとのコラボBlogである「Think elegant!」を更新致しました。お時間のある方は是非お読み頂けると嬉しいですっ!








Comment

シロ says... "トロフワ"
こんにちは!
トロフワ部へのご入部、おめでとうございます(笑)このポケットスクウェア、仰る通り小物としては結構お高いと思いますが、実際に買ってみるとその有用性に大満足です。しかも手に入れられたのがホワイトですから、使える機会も多くなり値千金かと!

正直、胸に挿すチーフですからどんなに手触りが良かろうとも関係ないのですが、このトロフワ生地が発するオーラは素晴らしいですよね。Giusto BespokeのWool Tieとの相性は抜群ですし、何より、rm55さんの愛するナポリ服に見られるバルカポケットとのマッチングはこの上ないものと思います。機会を見つけて、少しずつ色を足していきたいと思いますが…あと少しだけお求め安くなると良いですね(笑)
2016.02.13 11:32 | URL | #TojGNFVY [edit]
rm55 says... "Re: トロフワ"
>シロさん
こんにちは!コメントありがとうございます。トロフワ部 新入部員のrm55ですっ!
いやぁ、皆さまに刺激されてとうとう手に入れてしまいましたっ。これ、凄くいいですね~。なんだか今日のような天候でこのままいかれてしまうと、今季は登場する機会がなさそうで不安です。(笑)

ほんと、Giusto BespokeのウールタイとARIANNAのチーフだけで、ワンランクアップしたドレススタイルが出来上がりそうな勢いさえ感じておりますよ!仰る通り、私も是非とも来期はもう1枚、自腹で(泣)買い足したいです^^
2016.02.13 20:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/846-6ff5eb7d