<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ!

こんにちは!
とうとう3月になりましたね、と言うことで暦上は既に「春」ではありましたが、気候的にも、感覚的にも「春」を意識する季節となって来たように思います。

インスタグラムなどでは2月の最終週の週末を境にして、春の装いを投稿される方が”グッ”と増えてきたように感じます。これまでは季節を感じるものとして「インスタグラム」は自分の中にはなかったものですので、何気に新鮮な気持ちであったり致します。(笑)そのような中で私も、3月からは春物のスーツやジャケットを主体として日々の装いをコーディネートするように意識しております。

もちろん、3月と言ってもまだまだ寒いので、ニットを取り入れたり、日によってはヴィジュアル的に起毛感の無いような秋冬仕様のスーツやジャケットは取り入れようとも考えておりますが、やっぱりVゾーンは春を意識した色や素材感を中心に組み立てようと思うわけです。

と言うことで、これから「春の装い」をインスタグラム(ID:NFLD_rm55)にはポストして行こうと思うのですが、その前に”振り返り”と言うことで、この2015年-2016年AWにかけてポストしてきた秋冬仕様のVゾーンを備忘録も兼ねて振り返ってみたいと思います。

■2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ!
・大人のエレガンス
さて、個人的な目標ではございますが、「ナポリ・スタイルをベースとした大人のエレガンス」と言うのが個人的な装いのテーマです。(笑)まだまだ程遠いことは理解しつつも、1歩でも、2歩でも近づきたいと考えているわけですが、この秋冬の着こなしの中でも”個人的に”そのスタイルに近しいと考えているのが、以下のVゾーンスタイルです。

仲良くさせて頂いているシロさんから「rm55さんの”アイコン的”なスタイルですね」とお声掛け頂き、とっても嬉しかった(単純です・笑)こちらのスタイル。シャマットのホップサックジャケットに、ヴィンツェンツォ・ディ・ルジェッロの200双のクレリックシャツ、ジュスト・ビスポークのウール・ペイズリー柄ネクタイに、クルチアーニのグレーニット、そしてチーフはアリアンナのカシミア・シルクチーフです。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ④

シンプル、ベーシックだけれど良いモノを、と言う考えに基づいてスタイリングしたコーデですが、個人的にもお気に入りで、シャマットとジュスト・ビスポークのペイズリータイと言う組み合わせは、このAWで最も活用したコーディネートの1つです。

シンプル、ベーシックかつ質が良い、と言うのが大人のエレンガスの根底にはある、と言う理解を現在はしているわけですが、そんなことを意識しているスタイルは他にもございます。

下記はアルフォンソ・シリカのツイル・ウールファブリックのスーツに、アヴィーノ・ラボラトリオ・ナポレターノの150双糸のシャツ、フランチェスコ・マリーノのウール・レップタイに、クルチアーニのニット、そしてイザイアのウールチーフと言う組み合わせ。色使いも落ち着いており、自分の考える大人のエレガンス・スタイルです。(笑)
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ②

以下のスタイルも同様に、シンプルですね。サルトリオのジャケットに、ルジェッロのシャツ、ジュスト・ビスポークのチェック柄ネクタイに、クルチアーニのニット、そしてRODAのチーフをさしています。グレーベースに、ネクタイとチーフでグリーンを挿すというスタイルです。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ③

このように考えますと、2色位の色遣いをベースにしてシンプルに仕上げながらも、ネクタイでちょっと主張する、くらいのイメージが、私の考える「大人スタイル」と言った感じでしょうか。

・色と柄で遊ぶ
ただ、手持ちのアイテムを考えますと、常に目指すスタイルが出来るわけでもございません。。また、毎日お鮨ばかりでは飽きてしまう、と言うこともありますように、パスタやカレーやラーメンも食べたい!(ちょっと違うか・・・汗)と言うことで、TPOを踏まえながらも、色と柄で遊ぶ日も多々ございます。

例えば、下記のスタイル。サルトリオのグレンチェックジャケットに、リングヂャケット・ナポリ(チリエッロ製)のシャツ、ジュスト・ビスポークのペイズリー柄タイに、ラルディーニのジレ、チーフはRODAと言うスタイルです。ビジネス的にはカジュアルなブラウン×ボルドーの組みわせに、グレンチェックとペイズリー、チーフではドットをまぜて遊んでおりますね。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑤

更に同じジャケットとジレでも、ジュスト・ビスポークのベージュ(イエロー)の小紋柄タイに変えたのがこちらのスタイル。色もブラウン×ボルドー×ベージュ(イエロー)×サックス(シャツ)と言う4色使い!だいたい使っても色は3色程度に抑えることが多いのですが、こちらは珍しい多色展開です。一見かなり派手ですが、トーンが落ち着いているので意外にも気恥かしさはありませんでした。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑦

また、色だけではなく、柄×柄×柄にチャレンジしたのがこちらのスタイル。スティレ・ラティーノのダブル・ウィンドウペン柄のジャケットに、BEAMS Fのシャツ、ISAIAの小紋柄タイに、ガンクラブチェックのラルディーニのジレ、チーフはG.イングレーゼのトリミングコットンチーフという組み合わせ。柄を派手に使っている分、色をグリーンのワントーンで抑えているので、ガチャガチャ感が軽減されておりますね。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑥

・素材で遊ぶ
お次は、「素材」を意識したVゾーンのコーディネートです。

まずはISAIAのドネガルツイードを使ったウィンドウペンジャケットに、リングヂャケット・ナポリ(チリエッロ製)のシャツ、ネクタイはルイジ・ボレッリのウール・ペイズリー柄タイで、ベヴィラクアのツイードジレを挟んでます。チーフはRODAですね。ここではジャケットとジレに”ツイード”を持ってきてカントリー風のウォーム感を意識しております。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑧

また、こんなスタイルもしております。ラティーノのブークレ調のダブル・ウィンドウペン柄ジャケットに、フィナモレのダンガリーシャツ、そしてISAIAのニットタイに、ラルディーニのガンクラブチェックジレ、チーフはアトリエF&Bのコットンシルクチーフ。毛足の長いブークレやニット、ガンクラブチェックなどの冬物素材に、ダンガリーを合わせるという若干トリッキーなスタイルです。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑩

こうして見ると、意外にイケる気もするのですが、若干派手で目立ち過ぎた感がありました。(汗・笑)ただ、以前も掲載しましたが、海外からの評価は異常に高かったVゾーンのコーディネートでもありました。

素材で遊ぶ、と言うと派手なスタイルなのか!?と思われてしまうかもしれませんが、そんなことはございません。以下のようにワントーンながらも素材感で変化を出すこともできますよ。ネップ感のあるサルトリオのジャケットに、ルジェッロのホワイトシャツをシンプルにあわせて、ヘリンボーン柄のボレッリのタイにスリードッツのジレを挟んで、ISAIAのウールチーフで仕上げます。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑨

同じヘリンボーンでもネクタイとジレでは、その幅が異なるのがポイントです。同じトーンですと立体感が出にくいと思いますが、少しトーンが違うだけで、変化を出すことができますね。最近は春夏でもサマーツイードなる素材が登場しておりますが、やっぱり素材感のあるファブリックは秋冬の方が豊富なので、楽しみ方の幅も広いのかもしれません。

・スタイルで遊ぶ
さて、そろそろ読者様も飽きて来た頃のように思いますので!?、もっとご紹介したいスタイルもございますが、この切り口で本日は最後にしたいと思います。最後は、スタイルで遊ぶ、と言うことで長い月日をかけて完成された「(ブリテュッシュ)カントリー・テイスト」を若干ながら意識したスタイルです。

まずは分かりやすいこちらのスタイル。サルトリオのグレンチェック柄ジャケットに、ジャンネットのシャンブレーシャツ、ボレッリのニットタイをしめて、ジャミーソンズのフェアアイル柄ニットで英国を主張します。(笑)チーフはISAIAの小紋柄ウールチーフです。正直、ジャミーソンズのフェアアイル柄ニットにボレリのニットタイを用いるだけで、それらしい雰囲気はでるのかなと。(笑)
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑫

また、こちらは珍しくオフのいにタイドアップした日のスタイルです。英国の狩猟クラブにそのルーツをもつ、ガンクラブチェック。ラルディーニのジレですが、これだけでブリティッシュ・カントリーを感じることができますね。ショールカラーカーディガンはスリードッツ、デニムシャツはラルフ・ローレン、ニットタイはボレッリです。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑬

同じような組み合わせなのですが、若干テイストが異なるのがこちら。サルトリオのグレンチェック柄ジャケットにフィナモレのダンガリーシャツ、ボレリのニットにロベルト・コリーナのケーブル編みニットカーディガン、ISAIAのウールチーフと言う組み合わせ。フェアアイル柄やガンクラブチェックなど、アイコン的な柄などはありませんが、カーディガンのクルミ釦や色遣いでカントリー”風”な雰囲気を意識したスタイルですね。
2015-2016AW 冬のVゾーンまとめ⑪

こうして振り返ってみますと、やっぱり使っているアイテムに偏りがあるなぁなどと反省してしまいますが、インスタグラムでは日々素敵なVゾーンコーデをアップしている方を沢山フォローさせて頂いておりますので、皆さまのスタイルから勉強させて頂き、学んだことを活かしながら2016年SSのVゾーンのスタイリングも楽しんでいきたいと思います!









Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/862-5f118c34