<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

暦か気候か!?

こんにちは!
先週は金曜日の一大イベントに向けて、連日の午前様でさすがにグロッキーに・・・。同世代の皆さまも体調を壊される位頑張っていらっしゃる方が多いですので、こんなことでヘコタレていてはいけませんが、週末はさすがに疲れは隠せませんでした。。今週はちょっとゆっくりしたいと思います。

さて、本日は「暦か気候か!?」と言うテーマで、コラム的にお送りしたいと思います。

■3月のツイードジャケットに想ふ
読者の皆さまは、今の時期のような季節の変わり目に「何を」、「どのように」着るのか!?について、悩まれたりしませんでしょうか!?もちろん本記事の最後に、その悩み対する解決策をご提示出来るわけではないのですが、なかなか難しいなぁと思うのです。

例えば、「暦上の春」と言えば、節分の翌日である、「立春」を迎える毎年2月4日頃ですよね。ただ、当然ながら「暦上」は春であっても、まだまだ2月なわけですから、当然寒いわけです。

従いまして、装いの中心は真冬の生地であるウールやカシミアなんかのアイテムで装うことになるわけです。もちろんアウターにも真冬用のコートを羽織るのも、とても自然な装いだと思います。

ただ、3月に入るとどうでしょうか?

季節的には朝晩は冷え込むものの、日によっては日中も15度前後となり、比較的暖かい日も出てくるわけです。仕事のシーンを考えるのであれば、通勤時間となる朝晩は冷え込みますので、厚手のウールコートやジャケットなんかでも良いように感じるのですが、屋内に居ると、なんだか若干ながら違和感を感じる自分がいるのです。

例えば3月に入って間もない時期に、テレビでツイードのヘリンボーンのライトブラウンのジャケットを着ていた某有名人がおりました。当然テレビですから、収録は3月以前に行われていたのだと想像致しますが、それでも3月に入ってツイードのヘリンボーンジャケットを見ていると、なんだか違和感がないわけでもないなと。

もちろん「気候」を考えればまったく問題のない装いだとは思うのですが、なんとなくスッキリしない自分がおります。

それでは、そのような着こなしがダメなのか、と言いますと、そんなことないのですよね。。実は昨年は私はどちらかと言うと、「暦」よりは、「気候」に合わせた装いをしておりましたので、3月はまだ冬の装いをしていたように思います。

ただ、今年は3月を境に、春夏もののスーツやジャケット、ネクタイに切り替え、インナーのニットを秋冬物にすると言う方法で、寒さをしのいでおります。アウターを着るにしても、ファーなどの起毛感のあるアイテムは外したり、出来るだけ春らしい装いを意識はするのですが、パンツはスースーしますし、やっぱり寒い・・・。(汗)

そして、防寒性能を高めようと、インナーにヒートテックを仕込むと、今度は外では良いのですが屋内です逆に熱かったり致します。。と言うことで、なかなか「季節感」表現する装いと、「気候」に適した装いのバランスを取るのが、とても難しい時期なわけです。

■着こなしを暦に合わせるのか、気候に合わせるのか!?
そんなことを考えますと、装いを「暦上の季節」に合わせるのか、または「気候」に合わせるのか、と言うのは、服が好きな方にとりましては、この季節の大きな「悩ましい問題」の一つではないか、と思うのです。

「暦」に合わせようとすると、季節感を楽しむと言う、服が好きな方にとっては装いの醍醐味の一つをいち早く堪能出来る一方で、やっぱりまだ寒い!!と言う人間としての生物学的な問題に直面致します。

他方で、「気候」に合わせようと致しますと、適度な温度状態を保つことはできるものの、春らしい装いからはちょっと距離をとることになり、季節感を楽しむ期間が減ってしまうわけですね。特に最近は、冬から一気に夏に切り替わるような感覚さえありますので、そんな短い「春」を楽しむ時期は大切だなと。

ただし、この問題もスタイルと一緒で、決して唯一絶対の正解があるわけではございません。突き詰めれば、自らの思想、こだわり、スタンスなどの問題になってくるわけでありますが、皆さんはどんな「思想」「こだわり」「スタンス」を持って過ごされていらっしゃいますか!?

私は上述しましたように、昨年までは「気候」に合わせた装いを中心にしており、今年は「暦」に極力そった装いにチャレンジしている最中です。

”気分”的には今年の方が納得感があるのですが、”動物的な本能”的としましては、体が寒いと言っています。(笑)私もまだまだ勉強中ですので、今後経験を重ねながら、季節の変わり目における着こなしとして、自らの「思想」に沿った、納得感の高い装いが出来るようになればと思っております。









Comment

シロ says... "暦か気候か"
こんばんは!
お仕事がご多忙との事…そんな中でもホットな記事をUpして頂き
有難う御座います!暦か気候か…服好きにとっては大事な問題ですよね。

僕はかなり「気候に合わせる派」ですね~秋冬の服が好きなので、特に
冬から春への移行は出来るだけ粘ってしまいます(汗)
セールが終わって2月末くらいになると春物が店頭を飾り、雑誌や
ショップスタッフさんも春夏もの一色になりますから、気持ちがはやる
ような気もしますが、天邪鬼なのでしょうか、寒いうちは冬物派です(笑)
個人的には、菜の花が美味しくなったら、冬物に少し明るい色を入れてみて…
桜前線が天気予報で話題になったら春物の登板、というペースにしてます。
2016.03.08 00:18 | URL | #TojGNFVY [edit]
rm55 says... "Re: 暦か気候か"
>シロさん
こんにちは!コメントありがとうございます^^
まだ20代のシロさんとは違い、30代もだいぶ進んできますと連日の午前様はカラダにキマス。(笑)

ところで、シロさんの「気候」に合わせた着こなし、非常に勉強になります!
私も昨年までは「気候派」だったのですが、今年は「暦」に合わせて装いを変えてみました!が、寒いですね・・・、やっぱり。(笑)確かに冬物でも素材感や色で春らしい雰囲気は演出できますので、焦って春物を着なくてもよいのかもしれませんね。

そういう意味では、気候に合わせた装いこそ本質的な気がしますし、暦はもちろんですが、はやる気持ちを抑えながら季節を楽しむのもまた粋ですね。(笑)
2016.03.08 23:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/864-174dadb1