<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のコットン×シルク×リネン・ストライプタイ(クワトロ・ピエゲ仕様)を購入!

こんにちは!
本日も前回に引き続き、2016年SSアイテムの第2弾と言うことでフランチェスコ・マリーノのネクタイをご紹介致します。

実は2016年SSのマリーノの新作とは偶然の出会い!?だったのです。六本木での仕事帰りにふらっとSharonさんに立ち寄ったところ、偶然にもマリーノの2016年SSアイテムが入荷しており、マネージャのD氏が検品とディスプレイをしているではありませんかっ!!

今回入荷のご連絡などは特に頂いておりませんでしたので、まさに偶然の出会い!今年最初の大きな仕事が無事に終わった直後だったと言うこともあり、自分へのご褒美(←買い過ぎ!)に、購入することと致しました。

何本か欲しいものがあったのですが、予算もありますし、今回は2本で我慢しましたよ。ちなみに、本日ご紹介するネクタイは1本のみの入荷で、スタッフさんの間では「rm55さんっぽい雰囲気だね。」と言うお話があったそうです。(笑)そんな話があったとは知らずに、ご期待通りに!?選んでしまいました。(笑)

と言うことで、早速ご紹介したいと思います。

■Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のコットン×シルク×リネン・ストライプタイをご紹介
前回ご紹介したブラウンベースの花小紋柄に続いて私が選びましたのは、トレンドのド真ん中をいく、ホワイト×ネイビーのストライプのネクタイです。「ストライプ」とあえて表現したのは、レジメンタルとは逆のレップタイだからです。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のコットン×シルク×リネン・ストライプタイ_2016SS①

以前、「レジメンタルタイは右上がり!?右下がり!?」と言う記事にて、右上がりのストライプ柄のネクタイを「レジメンタル・ストライプ・タイ(通称:レジメンタルタイ)」と呼ぶと言うことを記述し、右下がりのストライプ柄は、「レップ ストライプタイ(通称:レップタイ)」と呼ぶことをお伝え致しました。

ちなにに「レップタイ」と記載しましても、あまり馴染みがないことから、あえて本Blogでは「ストライプタイ」と表現しております。

ちなみに、2015-2016AWに購入したマリーノのストライプタイも右下がりで、レップタイでした。レップタイは、アメリカのブルックス・ブラザーズが考案したことは有名ですが、なぜマリーノは英国起源の「レジメンタルタイ」ではなく、米国起源の「レップタイ」を採用しているのでしょうか?
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のウール・ストライプタイ(セッテ・ピエゲ仕様)⑥

これは、全くの素人である私の個人的な推測の域をでませんが、それはマリーノのブランドヒストリーに秘密があると思っております。以前、初めてマリーノのネクタイをSharonさんで購入した「Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ) SILK SQUEARE DOT TIEを購入!」と言う記事にて、マリーノのブランドヒストリーに簡単に触れております。

その中で記載したことですが、マリーノは、ナポリ流のネクタイを指導してほしいと米国から依頼を受け、渡米していたことがあります。その際、米国流の合理主義と出会い、大量生産可能なマシンメイドのネクタイを仕立てるミシンを導入したことがありました。結局、マシンメイドのネクタイに満足することが出来ずに、手縫いに戻ることになるのですが、そんな渡米の経験から、あえて「レジメンタル」ではなく、「レップタイ」を採用しているのではないか、と”勝手に”思っております。(笑)

と、話が少しずれてしまいましたが、購入した新作ネクタイのご紹介に話をもどしましょう。

今回は、コットン×シルク×リネンと言うことで三者混のファブリック。特に、シルクが混紡されていることがポイントです。コットンやリネンですと、どうしてもハリ感が出るとともに、カジュアルな雰囲気が強くなってしまうのですが、今回はシルクが入っているため、生地も非常に柔らかく、しなやか。その上、適度なエレガントさが加わって、とっても良い雰囲気なのです。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のコットン×シルク×リネン・ストライプタイ_2016SS②

なお、仕様は花小紋柄と変わらず、クワトロ・ピエゲ(4つ折り)のスフォデラータ(裏地なし)仕様です。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のコットン×シルク×リネン・ストライプタイ_2016SS③

個人的にはストライプ柄はちょっと幅広の方が気分ですので、今回はぴったりでした。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のコットン×シルク×リネン・ストライプタイ_2016SS④

もちろん、「悩めるトルソー君」にも登場してもらいます。ジャケットやシャツは前回と同じ、ボレッリのホップサックJKTに、アヴィーノのシャツです。いかがでしょうか!?非常に清涼感溢れるこの表情。ただ、それでいてカジュアル過ぎないのがポイントです。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のコットン×シルク×リネン・ストライプタイ_2016SS⑤

自分の首ではないので、しめるのがちょっと難しかったのですが、それでもこのノットの大きさと表情。個人的にはノットは出来るだけ小さく絞り込んで、そこからスカーフのようにフワっと剣先を出すのが好みです。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のコットン×シルク×リネン・ストライプタイ_2016SS⑤

以前ご紹介したジュスト・ビスポークの2016年SSの新作ペイズリー柄ネクタイもかなり爽やかですが、このマリーノのストライプタイは、ジュストの爽やかさとはまたベクトルの異なる爽やかさや清涼感を兼ね備えている気が致します。
Francesco Marino(フランチェスコ・マリーノ)のコットン×シルク×リネン・ストライプタイ_2016SS⑥

なんだか、ネクタイやシャツしかご紹介していない気も致しますが、現在”ごにょごにょ”と仕込み!?をさせて頂いております。もう少ししたら、大物系も徐々にご紹介出来るかなと思いますので、もう暫くお待ちくださいませ。(笑)









Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/866-5a480d8d