<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフを購入!

こんにちは!
本日は、先日開催されました楽天スーパーセールでの戦利品をご紹介したいと思います。

購入しましたのは、ラグジュアリー・ブランドとして名高い!?BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフです。特にクチネリのチーフを探していた、と言うわけではなかったのですが、ブラウン系のチーフを探している最中に、お手頃価格で見つけましたので、購入した次第です。

■BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)とは
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)は、1978年にブルネロ・クチネリ氏が自身の名を冠して創業したブランドです。ブランドが飛躍するきっかけになったのは、カラーカシミアと言われる、染色したカシミアを使ったニットアイテムだったそうです。

ニットウェアの工場からスタートしたクチネリですが、今ではジャケットやシャツ、パンツなどのアパレルウェアはもちろんのこと、カシミヤのクッションやブランケット、キャンドルと言ったライフスタイル系のアイテムも扱う、ライフスタイル・トータルブランドとして知られております。

私が最初にクチネリを知ったのもニットアイテムだったのですが、やっぱり一般的にもニットウェアが一番知られているようですね。実際、カシミアのニットだけでも年間25万着は製造していると言いますし、その高い品質はイタリアはもちろんのこと、世界中で認められており、ラグジュアリー・ブランドの一角をなしていると言っても良いほどです。

また、「THE RAKE JAPAN」でも取り上げられておりましたが、創業7年後の1985年には、奥さんの実家があり、彼女の生まれ育ったと言うペルージャ郊外のソロメオ(Solomeo)村に本社を移転しております。ただ、本社と言っても移転したのはなんと「城」!14世紀頃に建築された城を購入し、それを修復して本社としているというから驚きです。

なお、クチネリ氏は幼い頃の経験から、15歳で「人間の尊厳を守る者になる」と言うことを意識していたと言います。そして、その本社の移転によってソロメオ村周辺地域に雇用を生み出し、更にブランドの拡大に伴って地域の景観や建築物を整備していった結果、村の復興に大きく貢献したのだとか。ちなみにこのことが評価され、イタリア共和国の功労勲章を授章されております。

「社会企業家」とは、一時期日本のビジネスシーンでも話題となりましたが、「ビジネス」と「社会貢献」と言う両輪を見事にしっかりとまわしている企業家がブルネロ・クチネリ氏であり、彼が手がけるニットウェアを中心としたラグジュアリー・ブランドが、ブルネロ・クチネリと言うことですね。

ちなみに、直営ブティックなんかをご覧になられた方はご存知かと思いますが、淡いベージュやグレーと言った中間色を用いて構成されたショーウィンドウや店内は、独特の世界観を醸し出しており、これまでとは異なるラグジュアリー像を作り出したのではないでしょうか。

■BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフをご紹介
さて、クチネリ、と言うと上記でご紹介したソロメオ村で全てのアイテムが生産されていると思われがちですが、実際はそんなことはないのです。これからご紹介するチーフも恐らく他のファクトリーへの外注品。なんとなくそのファクトリーのめどはついているのですが、まだ確信を持てておりませんので、本日は伏せておきます。(笑)

ではなぜクチネリなのかと言いますと、冒頭に記載しました通り、お手頃かつ探していたブラウンカラーであったことに加えて、やっぱりラグジュアリーブランドやトップブランドは扱う生地が良いのですよね。

最近はメンズクロージングにおける「生地」と言うのは非常に!?いや、最も!?重要な要素であると言うような気がしてきており、チーフもたかがチーフ、されどチーフと言うことで、良質な生地を使っているであろう、クチネリのチーフを試しに購入してみた次第です。

それではご覧頂きましょう。購入しましたのは、ブラウンカラーに小紋柄が配置されたリネンのチーフです。約18000円と言う高額な札がついておりますが、もちろんそんな価格で買えるわけもなく、およそ1/6程度で購入しましたよ。
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフ①

ブランドのロゴやラベルはある意味で最もそのブランドの世界観を表す場合がありますが、クチネリのラベルもそんなクチネリ・ワールドを感じ取ることが出来る風合いですね。
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフ②

一辺は37cmと少し大き目。使ってみて大き過ぎたら5~7cmほどは小さくしても良いかもしれません。
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフ③

ヘムはもちろん手まつり仕上げです。以前インスタグラムで海外の方が、「ワードローブの中で見つけたチーフを使おうと思ったらマシンで縫われていたので、一旦全て解いて手まつりで仕上げて使っている。」と言うキャプションをつけていましたが、それ位チーフの端の処理は重要だと思います。
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフ④

リネン100%ですが、少しモチっとした触り心地でした。こういったリネンは初めてかもしれません。
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフ⑤

代理店商品ですが、格安だったので相当前のキャリー品だと思います。
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフ⑥

柔らかい表情です。チーフの裏側は見えますので処理の仕方も重要ですね。
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフ⑦

ジャケットとシャツの素材感、雰囲気がアンバランスですが、チーフの雰囲気をご覧頂くだけと言うことでご勘弁を・・・。
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフ⑧

やはり37cmは少し大きいですね。胸ポケットにボリュームがでてしまい、エレガントではないかもしれません。(笑)
BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)の小紋柄 リネン・チーフ⑨

と言うことで、はじめて購入したブルネロ・クチネリのアイテムは、リネンのチーフでした。正直ニットウェアを購入しないとクチネリを買ったことにはならないと思いますが、リネンながらモチっとした風合いには気に入りましたよ。

これからの季節に、胸元を飾ってくれることと思います!






驚異的な価格です・・・。2000円代って私が買ったものより安いです。



こちらのコットン素材のブラウンカラーのチーフも良かったかもしれせん。


ブルーの色違いもありました。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/884-c0cf8daf