<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

既成シャツの最高峰!:G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ

こんにちは!
本日は、「G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツを購入!」と言う記事で購入をご紹介致しました、ジ・イングレーゼのシーアイランド・コットンシャツの着用感、着用イメージをお届けしたいと思います。

ちなみに、購入記事の公開と同時にインスタグラム(ID:NFLD_rm55)にもイングレーゼのシャツの画像をポストさせて頂いたのですが、海外の方も含めて、かなりの反響を頂き、私自身驚いてしまいました。

特にブランドヒストリーや仕様に関するウンチクをキャプションに入れたわけでもございませんし、手縫い感溢れるステッチを前面に押した出した画像ではなく、下記の画像を投稿しただけでした。それでも有難いことに、襟の雰囲気や色、生地感などをお褒め頂けるコメントを沢山頂きました。皆さま、本当にありがとうございます!
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ①

しかし、たった1枚の画像であっても、そんなイングレーゼの良質感と言いますか、素晴らしさが少しでもお伝え出来たかと思うと、嬉しい限りですし、イングレーゼのシャツの持つパワーには圧倒されるばかりです。良いモノには本当は言葉はいらないのかもしれませんね。(汗・笑)

と言うことで、早速ですが着用イメージなどをご覧頂こうと思います。それでは、まいりましょう。

■既成シャツの最高峰!:ジ・イングレーゼのシーアイランド・コットンシャツ
まずは、こちら。まるでシルクのような光沢感を放つシーアイランド・コットン。着ていても、その着心地の良さは格別で、しっとりとしながらも、ふわっとしたら柔らかさがある、極上の生地感です。ルジェッロで着た200双糸の心地良さとはまた少し異なる良さですね。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ_着用イメージ①

非常に柔らかい表情ながら、私が購入したモデルにおきましては襟に接着芯を採用しております。従いまして、ネクタイをした際にもドレスシャツならではの、端正な雰囲気が醸し出せるようになっております。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ_着用イメージ②

また、背幅をたっぷり取り、かつ袖のイセ込み量も十分に取っておりますので、前後左右の腕の稼働は非常になめらかで、一切のひっかかりや、つっかかりがありません。それでいて、ボディがだぶつくことはなく、また肩や、ヨーク部分のギャザーの量も適度に抑えられておりますので、やり過ぎ感のない、ナチュラルなクラシックシャツという印象です。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ_着用イメージ③

カフも、モンテサーロ同様に、8cmほどある台形カフを採用。非常にエレガントですよね。トロッとした生地の風合いが伝わってきそうな画像かもしれません。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ_着用イメージ④

タイドアップしてみますと、この表情。ちなみにシャロンさんではパターンを多少いじっているようですが、ネックサイズとボディバランスも日本人向けに修正されているようで、私は今回お直し無しで行けましたよ。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ_着用イメージ⑤

それにしても端正な顔立ちながら、柔らかさを内包する襟の表情です。着ている本人が一番気持ち良いのですが、手縫いのジャケットには、良い生地とパターン、縫製を有したシャツを合わせないとその着心地が損なわれてしまいますので、ここぞ!と言う勝負の際には是非とも活用したいシャツだと思っております。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ_着用イメージ⑥

ちなみにシャマットのジャケットに合わせますと、こんなVゾーンになります。シャツの襟はしっかりとボディにフィットし、浮つくことなく、襟がジャケットのラペル下にもぐりこんでくれますので、ラペルからシャツの襟が飛び出してしまうことはなさそうです。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ_着用イメージ⑦

私は普段のビジネスシーンにおきましては、シャツの下にアンダーウェアを着用する派なんです。ところが、このイングレーゼのシャツはそんなアンダーウェア着用派の私であっても、素肌で直接着て、その心地良さを直に味わいたい!と言う衝動にかられるほどの出来映えです。何も着ないより、このイングレーゼのシャツを着ていた方が「気持ち良い」。そんな表現が合いそうです。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ_着用イメージ⑧

ネクタイの納まりもご覧の通り。接着芯ながら、硬過ぎない表情がとても良いと思います。柔らかい、ナポリ仕立てなスタイルを目指したい私にとりましては、まさに最高峰のシャツメーカーの1つだと思いました。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツ_着用イメージ⑨

■素人視点で、シャツを比べてみる
イングレーゼ以外にも、これまではモンテサーロ、アヴィーノ・ラボラトリオ・ナポレターノ、ヴィンツェンツォ・ディ・ルジェッロと言ったナポリの手縫いシャツを着て参りましたが、パターンと自身の体とのフィット感と言う意味では一番良いのがイングレーゼかもしれません。

まず、腕の稼働において、ここまでノン・ストレスな吊るしのシャツは初めてです。アヴィーノもイングレーゼに近い運動量を持っておりますが、アヴィーノだけサイズが「38(通常私は37)」と言うこともあってか、ボディサイズが若干大きいような気もしております。ボディサイズが大きくなれば、当然運動量も向上します。よって、ここまでのフィット感をもちながら、高い運動性能を誇るイングレーゼのシャツはやっぱり凄いなと。

そして生地は価格にそのまま反映されますが、カルロリーバのシーアイランド・コットンを採用しているイングレーゼと、200双糸の生地を採用しているルジェッロが頭一つ抜けております。やっぱり艶感と言いますか、輝きが違いますし、コットンと言うよりはシルクに近い風合いですね。それこそ極上の領域です。

また、アヴィーノは150番手、モンテサーロは120番手の生地ですが、どちらも十二分に気持ち良く着ることが出来ます。アヴィーノの方がややトロっとした柔らかさがあり、120番手のモンテサーロには心地良いハリとコシを感じます。どちらも素晴らしいのですが、比べてしまうとシーアイランドコットンや200双糸には艶感や気持ち良さでは「差」があります。ただ、日常的に使うには十分に贅沢な生地ですし、個人的には日常のドレスシャツとして主力なシャツが、このラインだと思っております。

パターンと生地、縫製という3つのポイントが、シャツの良さを決定づける大きな要素だと思うのですが、縫製は正直私のレベルでは判断がつきにくいです。ただ、運針の細かさや丁寧さ、精緻さという点ではアヴィーノが1番だと思います。これは相当な技術力が必要とされると思いますし、縫製の丁寧さは、そのまま耐久性の高さにも反映されますから、着続けてみると分かることなのかもしれません。

なお、内部の手縫い個所や処理方法等を見てみますと、どれも大差は無いようにも見えますね。表のステッチングなんかはイングレーゼの手縫い感が溢れる表情は魅力的ですが、これはシャツの善し悪しと言うよりは、スタイルの問題ですので、好みの範疇になるかと思います。

以上を踏まえますと、どのシャツ・メーカーも甲乙つけがたい、大変魅力的なシャツであることは間違いございません。従いまして、個人的にはスタイルやTPOによって使い分ける、と言うことを考えております。

例えば、スキャバルのウール・カシミアを使ったシャマットのジャケットのように、光沢感や艶感のあるハンドメイドジャケットには極上の心地良さを持つ、最高峰のイングレーゼを用いたり、インターナショナルな雰囲気のあるダルクォーレをここぞという勝負時に着用するのであれば、比較的シャープな襟の雰囲気を持つルジェッロの200双糸のシャツ。

一方、アルフォンソ・シリカや、シャロンさんにて仕立てて頂いたP.Oのスーツなど、柔らかい着心地のジャケットをダイレクトに味わい、日々のシーンで使うシャツとしてはモンテサーロやアヴィーノ、ルジェッロの通常生地のシャツを選ぶなど、ジャケットの雰囲気や生地、またはTPOに合わせて、所有する中から適切なシャツをセレクトして楽しんでいきたいと思っております。

しかし、買ってみて、着てみて、作りを覗いていると見えてくるコト、と言うのがあるのかもしれませんね。シャツは本当に奥が深い、と心の底から感じております。今後も海のように広く、深いシャツの世界を、少しずつですが深堀していきたいと思います。









Comment

elnegro says... ""
こんばんは。
アヴィーノ、モンテサーロに続いてジ・イングレーゼ!?
シャツももの凄いラインナップになってきましたね。(^^;;

しかしシーアイランド・コットンのジ・イングレーゼはオーラもさることながらきっと着心地も最高なんでしょうね〜、羨ましいです。

シャツこそはいずれオーダーに辿り着くのかなという気もしますが、私は今季はアヴィーノを試してみたいなと思っています。
価格は高騰する一方なのでセールじゃないと厳しいですけど。(汗)
2016.04.04 22:08 | URL | #- [edit]
rm55 says... "Re: タイトルなし"
>elnegroさん
こんにちは!コメントありがとうございます^^
とうとう気になっていたイングレーゼ、言ってしまいました!正直購入前はためらいがあったのは事実ですが、フィナモレでも③万円代中盤から後半なモデルがある中で、この仕様でこの価格ならむしろ買っておくべきではないか!?との結論に達し、清水の舞台から飛び降りましたよ。ただ、買った今、後悔は微塵もございません。(笑)

とりあえず、自分が購入できる範囲の既成シャツでは最高峰を試せたかなと言う思いもございますので、この感覚をもとに、どのあたりを自分のベースとして持ち、どれが自分にとってベストなのか、と言うことを今後考えたいと思っています。

しかし、シャツの奥深さには驚くばかりでして、知れば知るほど、知りたいことが増えるという矛盾と向き合っています。

アヴィーノはBEAMSなんかでも取り扱いが始まったので、セールになればお得ですよね!?ただ、同じ価格なら以前ご紹介したゴルフォ・ディ・ナポリさんの方が生地の質は良いモノが買えそうですので、一度チェックされてみてはいかがでしょうか!?
2016.04.05 00:11 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/885-6849e8d8