<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェアを購入!

こんにちは!
本日は、先日「G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のシーアイランド・コットンシャツを購入!」と言う記事でもお伝えし、インスタグラム(ID:NFLD_rm55)などを含めて大きな反響を頂きました、イタリア最高峰のカミチェリアであるG.Inglese(ジ・イングレーゼ)、のリネン素材の刺繍ポケットスクウェアをご紹介したいと思います。

本題に入る前に1つお知らせです。本日、シャロンさんとのコラボBlogである「Think elegant!」を更新致しました。前回と今回の2部作となっておりますので、本日は後編をお送りしています。宜しかったら是非ご覧くださいませ。

それでは、本題にまいりましょう。

■おかわり3枚目
さて、ジ・イングレーゼと言えばカミチェリアと言うことで、熟練の職人さんによるハンドメイドのシャツが圧倒的に有名です。

しかし、圧倒的な手間のかかり方と、上質な素材による仕立てから、お値段もシャツとしては安くはない、いやむしろかなり高い部類に入ると思います。それでも個人的にはその仕立ての良さや手のかかり方、生地の素晴らしさを考えますと、Sharonさんで扱うジ・イングレーゼのシャツは、コストパフォーマンスの高い価格設定であると感じております。

おそらく同じ仕様で他のShopや百貨店で展開したらファクトリーブランドのジャケットが1枚買えるのではないか!?と言う価格にもなる可能性は否定できません。

が、それでも高いものは高い・・・。(笑)

と言うことで、最初にイングレーゼのシャツに出会った2年ほど前から大きな憧れを抱きながらも、ようやくシャツの購入ができたのはつい先日なわけです。しかし、その予行演習!?と言うことで、実はイングレーゼのポケットスクウェアを春夏、秋冬用にそれぞれ1枚ずつ事前に購入しておりました。

・「G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のコットン・トリミング ポケットスクウェアを購入!
イングレーゼのポケットスクエア①

・「G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のフランネルウール ポケットスクウェアを購入!
イングレーゼのポケットスクエア②

ジ・イングレーゼは、『手縫いの出来る職人を集めた、恐らくイタリア最後の最高級ハンドメイドシャツを作るアトリエ』と言われているそうですが、ポケットスクウェアのヘム(縁)に施された刺繍やステッチングには職人さんのもつ技術が惜しげもなく使われており、ちょっとしたアクセントになっているのです。

クラシコイタリア好きの方にとりましては、圧倒的にムンガイのフチに刺繍のレースが施されたポケットスクウェアの方が人気が高いのですが、個人的にはイングレーゼやAD56の刺繍の入り方が好みなのです。




もちろん、どのメーカーのポケットスクウェアも刺繍も魅力的で、それぞれ素敵ですので、普段されているスタイルとの相性や、お好みで選ばれるのが良いのだと思っています。

それでは、おかわり3枚目となりました、イングレーゼのポケットスクウェアの実物をご覧頂きましょう。

■G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェアをご紹介
今回購入しましたのは、こんなサックスブルーのポケットスクウェアです。素材はリネン100%で、クタっとした表情がこれからの季節にぴったりですね。ちなみに、2016年SSの新作アイテムであったりも致します。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア①

一辺の長さは30cmほど。ちょうど良い大きさです。
手縫いで仕上げますと、何とも言えない味のある、独特の正方形になりますよね。これがたまらなく良いのです。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア②

とても柔らかいヘム(縁)の表情。そして、「×」の字でデザインされた刺繍がポイントです。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア③

よく目を凝らして見ますと、サックスとホワイトの糸を使っており、刺繍そのものもメランジがかっているのが分かります。結構手の込んだ作りになっておりますね。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア④

ブランドタグも、当然ながら手縫いで縫い付けられておりますよ。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア⑤

リネンならではの表情ですね。時折入るホワイトの糸が清涼感をより感じさせます。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア⑥

せっかくですので、利用イメージもご紹介したいと思います。もちろん登場するのは、「悩めるトルソー君」。シャマットのジャケットに、イングレーゼのシャツ、ジュストビスポークのペイズリータイを合わせています。ちなみにネクタイの素材もリネンです。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア⑦

いかがでしょうか。手縫いの刺繍が柔らかさと清涼感をよく表現してくれていると思います。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア⑧

最近インスタグラムなんかを見ておりますと、ウェルドレッサーな方々はネクタイなどの小物アイテムを上手く使って雰囲気をしっかり作っていらっしゃるようにお見受けしており、私も一つ一つの小物によりこだわって行きたいと思っております。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア⑨

ちなみにお値段は9000円(税抜)。ポケットスクウェアとしてはちょっとお高いですが、これだけの柔らかさと清涼感を持ったポケットスクウェアもなかなかないですし、ノータイの日であっても雰囲気を作れるように思いますので、これからの季節にガンガン登場してもらいたいと思っています。
G.Inglese(ジ・イングレーゼ)のリネン 刺繍ポケットスクウェア⑩

なお、同じ種類ですと他にもホワイトがありました。ヘムに手縫いの刺繍が入ったものは、コットン素材のものなんかも入荷しておりましたので、是非Sharonさんでチェックされてみてください。ちなみに数は限られていると思いますので、気になる方はお早めに・・・。

<問い合わせ先等>
お問い合わせ:Sharon(シャロン)
Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)
Mail:info@sharon-shop.jp
オンラインShopにはアップされておりません。







Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/900-5186c7a0