<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

手縫い文化の伝道師!?:Sartoria Sharon(サルトリア・シャロン):前編

こんにちは!
本日のテーマは、「Sartoria Sharon(サルトリア・シャロン)」。

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私が普段お世話になっている南青山にあるセレクトShopであるSharonさんから満を持して登場した新レーベル(ブランド)が、「Sartoria Sharon(サルトリア・シャロン)」です。
サルトリアシャロン_HP001
※公式HPより拝借致しました。

本日から全2回に渡って、この「Sartoria Sharon(サルトリア・シャロン)」を取り上げたいと思います。そして、今回その全貌を解明すべく!?私rm55が、SharonのオーナーであるK氏、及びSharonさんのサルト部門を手掛けており、サルトリア・シャロンの監修を行っている直井茂明氏に直撃インタビューを行ってまいりました!

そのインタビューの内容をご紹介しつつ、サルトリア・シャロンとは何者なのか!?について迫ってまいりたいと思います。なお、前編では、サルトリア・シャロンやSharonさんのHPにも公開されていた【セ・ミズーラ】なるものの概要について伺い、後編ではよりその詳細についてご紹介していきたいと思います。

■SharonオーナーK氏・直井茂明氏への直撃インタビュー
さて、以下はオーナーであるK氏及び職人の直井茂明氏に対して、私が直接「サルトリア・シャロン」についてインタビューをさせて頂いた内容となります。ただし、会話を録音し、それを文字起こしするとなると大変な手間がかかってしまうので、ご回答内容を私の方でメモをとり、その内容をできるだけ忠実に私rm55が編集致しました。

なお、Sharonさんのご回答内容につきましては間違いがあっては困りますので、公開前にSharonさんにおいて内容の大きな齟齬がないかどうかのご確認は頂いております。

それでは、早速まいりましょう。

1: まず最初に、Sharonさんで新しく展開すると言うサルトリア・シャロンについて、簡単に教えてください。

サルトリア・シャロンと言うのは、他のShopがやっていない、Sharon独自の提案をしたいという考えのもと生み出された、新しいレーベルの名前です。

Sharonでは、日本では当店しか扱っていないブランドや、他店と同じブランドでも手縫いの工程数やパターン、生地が異なるものを多数展開しています。しかし、こう言ったものはいずれ他のセレクトShopでも展開することは出来ると思いますし、実際扱いを開始しているShopもあります。それゆえ、今後はSharonオリジナルの手縫いのスーツやジャケットの展開も視野に入れて準備を進めており、その第1弾として、既にSharonのHPにて公開させて頂いている【セ・ミズーラ】が生まれました。


2: サルトリア・シャロンとは、Sharonさんが手掛ける手縫いを中心としたオリジナルアイテムのレーベルと言うことですか?

その通りです。Sharonではイタリアのサルトリアに仕立ててもらった手縫いの吊るし(既成品)を数多く扱っており、それらの多くは直接輸入をすることで中間コストを省き、極力現地(イタリア)に近い価格で提供しようと努力をしています。しかし、為替や輸送費など、どうしても不確定な要素と言うのは排除しきれない面があります。

イタリアの歴史あるサルトリアが仕立てたアイテムの魅力は当然ながらありますので今後も扱いますが、サルトリア・シャロンでは、サルトリアが仕立てた吊るしアイテムの取扱経験やノウハウを活かしながら、国産を中心とした手縫いのアイテムを展開することで、より手縫いのアイテムを魅力的なプライスでお客様にご提案出来るのではないかと考えています。

3: サルトリア・シャロンのレーベルとして登場した【セ・ミズーラ】について、簡単に教えてください。
はい。ス・ミズーラ(ビスポーク)で言うところの仮縫いや中縫いを省略しながらも、ス・ミズーラと同じ工程を経て、お客様の体型に合わせて縫い上げられた手縫いのスーツやジャケット、パンツをご提案するのが【セ・ミズーラ】です。

簡単に言うと、手縫いで仕立てられたパターン・オーダーと言うと分かりやすいかもしれません。Sharonの専属職人である直井のパターンを基に、ジャケットやパンツを国内トップの手縫い技術を誇るファクトリーで職人が縫い上げたものが、Sharonが今回展開する事になった【セ・ミズーラ】となります。


4: 【セ・ミズーラ】と言うのは、イタリア語ですか?

いいえ、Sharonによる造語です。Sharonでス・ミズーラと呼んでいるのは、職人である直井が手縫いで仕上げたもの、一般的にビスポークと言われるものを指しているのですが、そのス・ミズーラに次ぐものと言う意味合いを意識してネーミングしました。ちなみに、スタッフと談笑する中で偶然生まれた言葉だったりします。(笑)


5: なぜ、Sharonさんとして手縫いのパターン・オーダーである【セ・ミズーラ】の展開を考えたのでしょうか。

理由はいくつかあるのですが、まず手縫いの文化をしっかりと日本に定着させたいと言う想いがあります。ピッティのスナップなどではあまり取り上げられないのですが、実はお隣韓国や香港など、アジアのファッション関係者の多くは、手縫いのスーツを着ています。

一方日本のファッション関係者で手縫いのスーツを着ている方は、実はそう多くはありません。私たちは職人が手で縫い上げたシンプルでベーシックなスーツこそ最もエレガントである、と言う美意識をもっておりますので、そういった手縫いのスーツを着た方を日本にももっと増やしたいと思っています。

また、職人の直井が展開しているス・ミズーラですが、お陰様で大変ご好評を頂いております。今は一人で全ての工程を手掛けていることもありますが、現在1年半待ちと言う状態です。アシスタントも募集しており、お待たせする期間をもっと縮めたいと思っていますが、直近では正直(納期の短縮は)難しい状況です。従って、直井が縫い上げたものではないですが、彼のパターンと技術を注入し、出来るだけ直井の手掛けるス・ミズーラの雰囲気に近い手縫いのスーツをお楽しみ頂けばと考えました。


6: 今回どれくらいの開発期間を経て、【セ・ミズーラ】は登場したのでしょうか。

およそ8か月から9か月くらいだったと思います。最初は手縫いのファクトリーを探すところから始まって、Sharonオリジナルのパターンを持ちこんだり、仕様を決めたり、サンプルをあげて、より直井の手掛けるス・ミズーラの雰囲気に近づけたりなど試行錯誤しているうちに、結構時間がかかってしまいました。


7: 開発するにあたって、特に苦労した点などがあれば教えてください。

日本のスーツは英国のスーツがベースになっており、今回協業するファクトリーも英国よりの仕立て方がベースでした。そうすると、どうしても自分達の求めるイタリアはナポリに代表される柔らかい着心地や雰囲気を表現するのが難しいのです。

よって何年間も培われてきた英国ベースの仕立てに慣れている職人さんにとっては、ナポリ特有のやわらかい雰囲気を出すことは相当大変だったと思います。ただ、もともと技術力を持っているファクトリーですし、今回は職人の協力もあって、自分たちの求めるとても良い物が出来たと思っています。


■手縫い文化の伝道師!?:Sartoria Sharon(サルトリア・シャロン)
と言うことで、オーナーK氏ならびに直井氏に直撃インタビューをさせて頂いた前編は、以上です。

正直、手縫いのパターン・オーダーである【セ・ミズーラ】につきましては、少し前から今後新しく展開される旨のお話をざっくりとは伺っていたのですが、今回インタビューをさせて頂くことで、改めてその位置づけを理解することが出来ました。

まず、【手縫いの文化を日本に定着させたい】と言う、Sharonさんの想い。これは、職人さんが手で縫い上げた、シンプルでベーシックなスーツこそ最もエレガントである、と言うSharonさんの美意識が根底にあるのだと理解しておりますが、手縫いのアイテムが好きな私のような消費者の方だけではなく、生産者、つまりは職人さんにとっても歓迎すべきことではないか、と勝手ながら思っております。

現在日本で販売されるファッション・アイテムの大部分が、マシンで大量生産されたアイテムであることは、想像に難くありません。これはこれで時代の要請として必然だったのだと思いますし、私自身も活用することはありますので、当然否定するものではありません。

しかしながら、ファッション業界のみならず、過渡に!?進んだテクノロジー中心の社会において、職人(人間)の手でつくり上げるものの良さ、価値が改めて見直されてきている側面と言うのも少なからずあると思いますし、【次の世代へ人間でしかなしえない技術を伝承】すべく、奮闘されている方々も多数いらっしゃると思います。

そういう観点で見ていくと、手縫いのスーツやジャケットのマーケットが広がる可能性を秘めているSartoria Sharon(サルトリア・シャロン)は、技術の伝承を考える職人さんの視点からみても、良い機会となるかもしれませんね。

そして、そのような中で国産かつ、Sharonさんオリジナルの手縫いのアイテムを中心に提案されていくと言う、サルトリア・シャロンはまさに、

手縫い文化の伝道師

的な存在になりうる、非常に価値のあるレーベルであると言うように感じました。個人的には、「文化、と言うのは一つのスタイルである」と言う側面もあると思っています。

しかし、文化と呼べるようになるには、一定の市場があり、そこに従事する多数の人がおり、そして時間がかかるものだるというように思っています。Sharonさんによって手縫いアイテムの魅力に開眼させられてしまった私としましては、是非、そんな手縫いアイテムの魅力をお伝えするサポートが出来ればと思いますし、本Blogがそこに少しでも寄与できれば、こんなに嬉しいことはありません。

そんな【手縫い文化の伝道師】的存在である、Sharonさんによるオリジナルの手縫いアイテムを扱うサルトリア・シャロンからこの度、第1弾として展開されたのが、手縫いで仕立てられたパターン・オーダーである【セ・ミズーラ】。

後編では、この【セ・ミズーラ】にフォーカスし、お話を伺いたいと思います!








Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/928-19ce1383