<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

30代の悩めるファッション・ライフスタイル日記

30代のパパが、インポートファッション、インテリア、雑貨などのこだわりのライフスタイルについて綴るブログです。

共感頂ける幸せ・共有できる喜び

こんにちは!
本日は、前回の記事でチラッと触れさせて頂きました、”とある方”との出会いをテーマにお送りしたいと思います。

本題に入る前に1つお知らせです。昨日、シャロンさんとのコラボBlogである「Think elegant!」を更新致しました。テーマは先日本Blogでも取り上げ、大変な反響を頂きました、アレです。(笑)お時間ある方は、是非ご覧くださいませ。

■共感頂ける幸せ
さて、Blogを書いておりますと、「あぁ、書いていて良かったな。」と思うことが色々あったりするのですが、そんな数ある喜びの中の1つが、”共感頂ける”と言うこと。

私の書いているBlogは一応ファッションBlogを名乗っているわけですが、ご存知の通り、「素人の、素人による、素人のためのBlog」なわけです。

従いまして、一応素人なりに調べられることは調べてお伝えしてるつもりですが、決してプロではございませんので、何かを解説したり、読者様の知識欲を満足させることができるだけのコンテンツとしては力不足だと思っております。

よって、自分なりの視点や考えなどをもとに、「これ良いですよ!」と言うご紹介をさせて頂く記事が多いわけですが、そんな素人である私がご紹介したものについて、「いいね!」と言ってコメントを頂けたり、「買ってみたけど良かったよ!」と言うお言葉を頂くと、一生懸命!?ご紹介した側の私としましては、この上ない喜びを感じます。

つまるところ、

共感頂ける幸せ

とでも言うのでしょうか。

人間は誰しも自分自身に共感をしてもらえれば嬉しく感じるものだと思うのですが、そんな”共感頂ける幸せ”を非常に強く感じた出来事が先日ございました。それこそ冒頭に申し上げた、”とある方”との出会いだったのです。

■イル・マーレで仕立てる
さて、イル・マーレとは、私が日頃お世話になっている南青山のセレクトShopであるSharonさんにて扱っている、オーダースーツのレーベル(ブランド)です。イル・マーレには、Sharonさんの専属職人である直井茂明氏が手掛けるス・ミズーラ(ビスポーク)とパターン・オーダーが存在するわけですが、私がイル・マーレのパターン・オーダーを仕立てて頂いたのは、ちょうど1年ほど前のことでした。

それは、「Sharon(シャロン)さんで依頼した、Su Mizura(ス・ミズーラ)のスーツが完成!」と言う記事にて、イル・マーレのパターン・オーダーで仕立てて頂いたスーツについてお伝えしておりましたね。
※ス・ミズーラとは、「サイズにあわせて」と言う意味ですが、ビスポークの意で使われる場合と、メイド トゥ メジャーの意で使われる場合があり、上記記事ではメイド トゥ メジャーの意味で使っております。ただし、Sharonさんではス・ミズーラをビスポークの意で展開しています。ややこしくてすいません・・・。

実は、その記事を公開する少し前から、本Blogにとある読者さまからコメントを頂けるようになっておりました。その方は、名古屋方面に在住の方で、東京で出張に来た際に、Sharonさんに立ち寄り、イングレーゼのシャツジャケットをご購入されたことや、シリカやレ・スパーデなど、サルト物のアイテムに大変興味を持っておられることなど、度々コメントを頂きながら、交流を続けておりました。

そのような中で、ある日、その方からメッセージを頂戴することがあったのです。趣旨としましては、私がSharonさんに仕立てて頂いたイル・マーレのP.O(パターン・オーダー)がとてもカッコ良いので、着心地などの詳細を是非教えてもらえないか!?と言う内容でした。

イル・マーレのP.Oは、マシンメイドながら着心地が大変良く、私が所有する春夏のスーツの中では最も気に入っているスーツの1つなのです。

パターンもSharonさんの専属職人である直井氏が手掛けておりますので、ヴィジュアル的にもス・ミズーラ(ビスポーク)を思わせるややワイドなラペルと直井氏ご本人による手かがりのフラワーホール(別途有料オプション)、そして十分な運動量を発揮するイセ込んだ肩や腕まわりは、マシンで出来る限界地までイセ込みの量をとっていることから、マシンメイドとは思えないほどの着心地の良さを発揮します。
出会いはいつも突然に②
※以前撮影頂いた、イル・マーレのP.Oスーツ着用画像

私は直井氏からご提案頂いた、南イタリアはナポリのトップマーチャントであるCaccioppoli(カチョッポリ)のウール×モヘアのファブリック(織り元は、ウィリアム・ハルステッド)を使い、仕立てて頂きましたが、この時期に大活躍するスーツとなっております。

そんなことに加えて、手縫いの吊るし(既成品)であるアルフォンソ・シリカやダルクォーレなどとの着心地の違いなど、私の感じているままに、その方にお伝え致しました。すると、それを踏まえて、なんと

「イル・マーレ(パターン・オーダー)で仕立ててみますっ!」

と言うご決断を頂いたのです!!”イル・マーレのスーツはカッコいいね!”と言うことをご共感頂けただけでも嬉しいのに、わざわざ名古屋方面からお越しになって、仕立てに来て頂く、と言う事態には私も大変驚くと同時に、とても強い喜び、幸せを感じた次第です。

残念ながら、生地選びや採寸時には私の都合が合わずにお会い出来なかったのですが、この度、完成・引き取りのタイミングでご連絡を頂き、わざわざ仕事がお休みの日に新幹線を使って、Sharonさんまで来られると言うではありませんか。私も今回は運よく仕事の調整がついたことから、実際にお会いしてまいりました!

■共有できる喜び
当日私が訪問すると、既にその方はSharonさんに入店され、ちょうど上がってきたスーツのご試着をされていらっしゃる最中でした。お会いした最初の印象は、私よりもはるかに身長が高く、がっしりした体型の方でしたので、ワイドなラペルのスーツが合うこと合うこと。

某有名マーチャントの生地で仕立てたネイビーのスーツ、そして驚いたのが、グレーのスーツまで仕立てていらっしゃったようで、驚異の2着オーダー!そのお姿をカメラに納めたかったのですが、あまりにカッコよく着こなしていらっしゃったのと、気さくにお話を頂けたので、思わず会話に夢中になってしまい、撮影を忘れてしまいました・・・。

その後も、シャマットやアルフォンソ・シリカ、レ・スパーデなど、日本一!?いや世界一!?充実したSharonさんのサルトリア仕立ての吊るしアイテムを堪能されながら、はじめてお会いしたのが遥か昔かのように服飾談義に花を咲かせることができました。

そのような中で個人的に嬉しかったのが、

「共感頂ける幸せから、共有できる喜び」

に変化したことです。その方は当日、「予定外だ!」と仰いながらも(笑)、レ・スパーデのパンツや以前私がご紹介した、ジ・イングレーゼの刺繍ポケットスウェアをご購入されていらっしゃいました。

同じアイテムに魅了され、同じアイテムを共有することで初めて分かち合うことのできる喜び。正直Blogを始める前は、感じたことのない感情ですし、服にもこう言う楽しみ方があるんだ!と言う新しい発見となりました。

そんな幸せな時間を過ごすことが出来たことに、改めて感謝しなければなりませんね。

なお、最後には忘れずに、記念写真を撮って頂きました。それがこちら。私の顎下でアングルをカットすると、その方の上半身がカットされてしまい、逆にその方の顎下でカットすると、私の顔が出てしまうと言う悲しき現実。(泣)と言うことで、少しモザイク処理をさせて頂いております。

休日と言うことで、イングレーゼのシャツジャケットをノータイスタイルで爽やかに着こなしていらっしゃいました。しかし、背が高いって良いですね。何を着てもカッコよく決まりますので、羨ましい限りです。
共感頂ける幸せ・共有できる喜び

ちなみに私は仕事でしたので、ジャケパンスタイルでした。アルフォンソ・シリカのリネンジャケット(44)、ヴィンツェンツォ・ディ・ルジェッロのコットンシャツ(37)、ジュスト・ビスポークのペイズリー柄リネンタイに、レ・スパーデのウールパンツ(42)、ポケットスクウェアはイングレーゼで、足元はボナフェのローファーです。
共感頂ける幸せ・共有できる喜び②
※172cm 59kg ウエスト76cm

短い時間だったので、あっという間に過ぎ去ってしまいましたが、また東京に来る際には、是非再会しましょう!と仰って頂きまして、とても嬉しかったです。非常に有意義な時間をありがとうございました!この場を借りて、深く御礼申し上げます。今後とも、本Blogともども、どうぞ宜しくお願い致します。








Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://rmlifestyle.blog.fc2.com/tb.php/930-6796d68a